こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2007年05月29日

自生由遊

昨日のことですが、SCCコーチング講座の月曜昼クラスが全30回修了しました。
インストラクターは加藤です。
今回は私も顔を出させてもらいました。
つまらんギャクを言って場を暗くさせないように、細心の注意を払っときました。

月曜クラスは1年くらいをかけてゆっくりゆっくりと進んできたクラスです。少人数(3人)ですので、なんか独特の雰囲気のあるクラスでした。
ゆったりとした中に、ある種の激しさがあると言いますか。・・・
激しさ、というよりもエネルギーかな。願いに近い。
とてもいい雰囲気でした。
まなちゃん、さきこ、あやちゃん、お疲れ様でした。
これからもどんどん学びを深めてくださいね。

さて、SCCのテキストの最終ページには「自生由遊」という文字が載っています。
続きを読む
posted by はーん at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

未熟だぜ

これだけいつもいつも自分の心の中を点検し、これだけいつもいつも「ありのままに」を探究し続けているにも関わらず、今日、自分の中にある大きな大きな心の声に初めて気がつきました。
それがあなた、今日、ある人と珍しく口論になってしまい、ふと気がつくとわたくし、その人のことをとても強い口調で責めていたんです。
ハッと気がついたときは、もう遅い。
「なんでだ? なんでだ? なんで俺はこんなこと言っちまったんだ!?」
と自分でビックリ。
その後で、自分のすぐ耳元でいつもつぶやいていた自分の心の声に気づいたのです。
愕然よ。愕然。
愕然とはこういうことを言うのですよ。
続きを読む
posted by はーん at 23:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「願いのもと」からのメッセージ

あきらめなさい。
人にはできることとできないことがあるのです。
あきらめなさい。
人には人としての道があるのです。
あきらめなさい。
人にはどうしても乗り越えるべきものがあるのです。
あきらめなさい。
人は離れているものなのです。
あきらめなさい。
人は人なのです。

続きを読む
posted by はーん at 00:17| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

今日は酔っ払いの文章です

人、人、人、・・・。
ここ最近は新しい人とたくさん出会い、初めての人に向けての研修も増えています。
よくぞまぁ、これだけ人と向き合って飽きないものだと我ながら関心します。
私はもともと超のつく引っ込み思案で、しかも人間恐怖症でした。
人と視線を合わせて喋れるようになったのは、実はこの仕事を始めてからです。
本当に抵抗感なく人と向き合えるようになったのはここ数年のことです。
こういう風に書くと、「ウソばっかり」と言う人もいるかと思いますが、本当です。
でも私のことをある程度わかっている人は「あ、やっぱり」と思うかもしれません。

そうそう、どうも私のことを誤解している人が多いようですので、この機会にちょっと書いておきましょう。続きを読む
posted by はーん at 00:57| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

親子コミュニケーション 講演会

昨日、野田塾様のご協力をいただき、「親と子のコミュニケーション講座」と題して、加藤の講演会が行なわれました。
今回は第3回目でしたが、130名のお母様方にお集まりいただき、広い会場もいっぱいになりました。
とても活気に満ち、気持ちのよい講演会でした。

・・・というようなことを昨日の私のブログに書かなかったので、今朝、加藤からクレームの連絡がありました。
「感動です」という昨日のブログのタイトルを見て、「私の講演のことだ」と思ったのだそうです。
ところが内容は全然違いましたので。
はい、今プンプンです。
誰か助けてください。
・・・・

続きを読む
posted by はーん at 10:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

感動です

最近、感動することが多いです。
私が感動することと言えば、だいたい、ウルトラマンのDVDを観ているときか、もしくは、研修等で「人間の凄さ」を実感したときです。

あっそうそう、昨日のブログは昨日に書いたのではなくて、一昨日の夜中に書いたものです。頭が混乱して胃が気持ち悪くなって、錯乱しそうになったのであれを書いて落ち着いたわけです。
で、昨日はあれの続きの研修がありました。
で、そこで感動したわけです。

続きを読む
posted by はーん at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

経験を超える

今、ある大手企業の研修の真っ只中です。
1日目が終わり、明日が2日目です。
一歩先の見えない研修。
まぁ、それはいつものことですが、今回はまた、それがかなり顕著です。

ひょっとするとこの研修、受けている方々や端から見ている方々からすれば、予定通りに淡々と、そして順調に進んでいるように感じるかもしれません。
と〜んでもございません。
かなり際どいところを、スレスレで歩いているような感じです。ホントは。

続きを読む
posted by はーん at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

人間だからこそ

昨晩、クライアントのYさんの「願いのもと」がついに見つかり、とてもうれしかったです。
私にとっては、これ、「人生、最高の瞬間」です。

人には二つの欲求があります。
一つは、今満たされていないものを満たそうとする欲求。
もう一つは、満たす満たされないに関係なく、永遠に追い求め続けたい欲求です。
「何かを探究し続けたい」というのも、後者の欲求に含まれる場合が多いと思います。
「ゴールがあるかどうかはわからなくとも、それでも探究し続けたいもの」に出会う人は幸せだな、と思います。
Yさんの中からそんな欲求が見つかり、その瞬間、私の体の芯の部分に震える感覚がありました。

いつもいつも、・・・本当にいつもいつも思うことですが、人間は人間であるが故に感動的ですね。
自分一人の心と自分一人の体を持ち、「他」と別個の存在としてここにいる私達。
それが人間。
そんな人間だからこそ、できることがあるのですね。
そんな人間だからこそ、目指すものがあるのですね。
posted by はーん at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

自信と確信

昨晩のブログでは、混沌とした心模様を描いてしまいましたが、あれからちょっとだけわかったことがあります。

「安定した場所にもどることができない」と書きましたが、違いました。
私は、・・・というよりも私達人間は、すでに安定したその場所にいるのです。
そこから離れたのではなく、もうそこにいるのです。
自分で勝手に「離れてしまった」という妄想を描いているに過ぎません。

・・・な〜んてことは、これまでも何度も学んだはずなのに、また同じところで私は迷っているようでした。
続きを読む
posted by はーん at 17:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今のつぶやき

今年はなんて言うのでしょうか。なんかこう定まらないですね。
安定しない、と言いますか。
心の中が、です。
極めて調子が悪い、というわけではなく、いやむしろ、これまでにないくらいに調子の良いときがあるのですが、何となく、安定感がないですね。
変化の時、を迎えているんでしょうか。

心の置き所、というのがあります。
心の中の安定の場所があって、そこに心を置いておくとしっくり来る場所。
その場所はどこにあるかしっかりとわかっているはずなのに、気がつくと、そこから外れています。
続きを読む
posted by はーん at 00:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

命を込める

昨晩は幸せな気持ちを噛み締めることができました。

3年以上も研修のご契約をいただいている、ある大手企業があります(A社とします)。
この会社は私達が今のような恵まれた生活を営むことができる社会基盤の部分を担っているお仕事の会社です。
肉体的にも精神的にもそれはもう、大変なお仕事です。
そこで働いていらっしゃる社員さん達を陰から支え続ける人事の責任者の方(Bさん)と、昨晩は一緒にお食事をさせていただきました。
研修の打合せではこれまで何度もお会いしているのですが、ゆっくりと食事をしながらお話しするのは今回が初めてです。

続きを読む
posted by はーん at 18:27| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

5月9日の決意

今日5月9日もまた、思い出深い日なんです。
数年前の加藤のコーチングによって一度すべてが壊された、というお話をこのブログでも書かせていただきましたが、壊されたことにより一気に何かが開放されて、開放されたことにより、自分の中から思わぬ自分自身が生まれた日が、この5月9日です。
いや、生まれたというよりも、もともとそこにあった自分が殻を破って表に出てきた、というべきかな。
何のことやらわかんないかもしれませんが、とにかくビックリした日なのです。

この日を境にいろんな自分が解放されました。
そこで私自身が学んだのは、人の心の中には本当に様々な自分がいるんだ、という事実です。
自分が「自分である」と思っていた自分は、実は自分のほんの一部分でしかなかったという事実です。
当時の私にとってこれは驚くべきことでした。
そしてその一人ひとりの自分自身としっかりじっくりと向き合い続けてきたのがこの数年間ではなかったかなと思います。

続きを読む
posted by はーん at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

発信・発進

ご本人の承諾を得ているわけではありませんので実名は控えさせていただきますが、「企業価値を高める」という分野で有名な、ある大先生(ここではA先生としましょう)とお会いしました。
これも、リスペクトの岡田さんのご紹介です。(岡田さん、ありがとうございます!)

お会いした理由は、私が本を出版しようかと思ったからです。
SCCの基盤創りもできてきましたから、そろそろ世の中に本格的に発信・発進しようかな、と思っています。
その最初の動きとしての出版です。

続きを読む
posted by はーん at 12:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

人生再構築の日

昨日5月2日は、私にとってはとても思い出深い特別な日です。
なぜなら数年前の同じ5月2日に、私は人生を粉々に砕かれたからです。
たった一言の言葉が、これだけ人の心深くに届き、それにより人生のすべてが大きく変わることがあるんだ、ということを身をもって体験した日でした。

それは加藤のコーチングでした。
続きを読む
posted by はーん at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

土台を見た

すべての人の人生には、それぞれの「土台」があるのでしょうね。
私は自分自身の土台を見てきました。

私の祖父母が住んでいた古い家があります。
私は子供の頃はそこに住んでいました。
そこはもう20年くらいは空き家になっており、廃屋同然でした。
これまでにいらなくなった物などが、その空き家にすべて放り込まれており、中は足の踏み場もないくらいのグチャグチャ状態。
鳥の死骸やら、ねずみの糞やら、それはもう凄い状態です。
続きを読む
posted by はーん at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする