こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年05月31日

個の尊重経営会議 開催

「個の尊重経営会議」。
いい名前でしょ。
この度、東京の潟潟Xペクトが「リスペクトラボ/個の尊重経営研究所」を立ち上げました。
そのラボの主催で開かれた、今回が初の会議です。
各分野の超一流の専門家の皆さんが20名お集まりになり、「個を尊重する経営」について、またはその実現について議論を重ねるのです。
そこに私も参加させていただきました。
プロフィールを拝見しますと、皆さん、もの凄い方達ばかりです。
よくこれだけの人が集まったなぁ、とびっくりです。
日本経済を動かし続けている第一線の方々、と言ってよいでしょう。
リスペクトを除けば、私は恐らく一番の若輩者ではないかな。

今日は4時間に渡り、全員で語り合いました。
今後もこの会議は3ヶ月ごとに続きます。
この凄いメンバーで何かを具体化します。
世の中に大々的に何かを発信するかもしれません。
皆さんの議論を聴いておりますと、何だかわたくし、とても感動してきました。
その場にいられる自分が幸せでしたね。

さて、せっかくですので、その会議に提出した私のプロフィールの中のメッセージをそっくりそのままここに掲載します。

・・・
様々な企業様で社員さん達と向き合っておりますと、いつも「人」の持つ可能性の大きさや「凄み」を実感します。
ところが、そういった一人一人のすばらしさを組織として発揮し切っている企業は非常に少ないのも事実です。
人はどうすれば、自然にやる気を高めることができるのか?
そのやる気を人と人の関わりの中でさらに高め合うにはどうすればよいのか?
そして一人一人の「自立・自律」と、組織としての「協調・創造」はどう結びつくのか?
それらをずっと探究し続けてきました。
そしてその答えはすべて現場にありました。
現場で見つけることのできた様々な原理原則。そしてそれを発揮する具体的方策・手法。
それらを私はさらにさらに深め、広げたいと思っております。
そのための大きなヒントを得るのが、この会議に参加させていただく私なりの意味と意義です。
そして専門家の皆様と共に「新しい何か」を創造することができたら、この上ない幸せです。
・・・

本当にそうなれたらいいなぁ、と思っております。
posted by はーん at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

ウ〜〜〜ッス!!

FCC(親子コーチング事業)のインストラクターを目指す7名のお母様方がいらっしゃいます。
実はここ2〜3週間、その7名の皆さんといろいろなお話をしてきました。
そしてFCCが今後、本当の意味で発展していくために、かなり厳しい方針を打ち立てました。
正直この方針ですと、何名かの方はインストラクターへの道を諦めてしまうのではないかと懸念していたのですが、本日、すべての方々から「やります!」とのお返事をいただきました。
皆さんの真剣さがとてもうれしかったです。
でもこれからがスタートです。
道のりは厳しく遠いかもしれません。
でも同じものを目指す同志として、共に向き合い共に創り出していきましょう。

さて、話はぐっと変わりますが、今週の土曜日にSCCコーチング講座のある受講生さんの結婚式があります。
その披露宴に同期の仲間達が全員出席させていただくことになっており、わたくしめはなんと余興をさせていただきます。
その余興の練習のために、本日、仕事の合間に一人でカラオケボックスに行ってまいりました。
発声練習をしようかと。
・・・ということを書くと、昔の私をご存知の方々は
「まさか、・・・まさか、あれをやるの?」
と不安にかられると思います。
はい。
やる、・・・かもしれません。
やらないかも、しれません。
一応、選択肢には入っておりまして、あとは当日その場の「共創モード」状態の中で決めようかと。
いずれにしても、いざあれをやろうと思いますと、声の通りを良くしておかないといけませんので、大声を出せる場所、カラオケボックスに行ったわけです。

実は以前、あれの練習を広い公園で行なったことがありました。
一通り終えて周りを見ますと、公園にいたすべての人達が消えていました。
たぶん恐ろしくなって逃げちゃったのでしょう。
そういうことのないようにカラオケボックスを選んだわけでございます。
さて、「あれ」って何だと思います?

で、一人でボックスに入りました。
カラオケなんて何年ぶりだろう。
今の会社を立ち上げてからは一度も行ってないので、10年・・・まではいきませんが、本当に随分とご無沙汰です。
ですので、ちょっとだけ歌ってみたんですね。
そしたら、・・・

き、きもち、いい〜〜っ・・・。

カラオケってこんなに気持ち良かったっけ?
思わず渾身の力を込めて歌いまくってしまいました。
そう言えば、全盛期の私は、声の大きさだけは誰にも負けないのでした。
カラオケボックスでは、いつも「トイレの中まで聞こえる声」と言われていましたし、私が初めて社会人として入社した会社では、新入社員歓迎会で私が歌を歌ったら、その数日後に別の支店から「竹内君の歌をぜひ聴きたい」とお声がかかったくらいです。
「魂に響く歌」を私はいつも目指して歌って来ました。(・・・ってお前は歌手か!)
上手下手ではなくね。
今はさすがにそこまでは無理ですが、でも大声で歌いましたよ。

歌はもちろん、ウルトラマン系です。
一番燃えたのはウルトラマンメビウスのテーマ曲。

ウ〜ルト〜ラマ〜ン、メ〜ビウ〜〜〜ッス!!

という最後のサビの部分は最高でした。
メ〜ビウ〜〜〜ッス!! の 「ウ〜〜〜ッス!!」の部分では、思わず血管が切れるかと。
でもおかげで、久しぶりに声の通りがよくなりました。

一人で寂しい、と言うなかれ。
わたしゃ一人が好きなのさ。
posted by はーん at 20:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

ブログ&チャペル

ブログというものが世の中に存在し始めたのはごく最近のことだと思いますが、今日、改めてこれは新しいコミュニケーション手段なんだなぁ、と感嘆しました。
と言いますのは、たまたま私のブログをネットで見つけて、以来一番最初の文章からすべてお読みいただいている方と今日、東京でお会いしたのです。
ブログがなければ絶対にあり得ない出会いです。
しかも私の文章を全部お読みいただいているわけですから、私のいつもやっていることや内面のある程度はご存知だと言うこと。
それってちょっと不思議な気分で、わたくし、今日は何を喋っていいのか戸惑ってました。
恐らくその方はこの文章もお読みいただいていると思いますので、改めてお礼申し上げます。
今日は、ありがとうございました。
短い時間でしたが、私にとってはとても嬉しい時間でした。
・・・な〜んて言うコミュニケーションも、ここではできるんですよねぇ。
世の中も変わったもんだ。

さて、今日は名古屋にもどった後、その足で岡崎まで行きました。
そして、私達のFCC(親子コーチング事業)のお手伝いをしていただける企業様を訪問させていただきました。
また加藤からも正式にブログ等でご紹介があると思いますが、その企業様は結婚式場を経営なさっています。
その式場で今後「母と子のコーチング講座」を開催する予定なのです。
で、今日は私は初めてその会場を拝見しました。
アットホームで可愛らしくて、幸せな空気が漂っている居心地のよい空間でした。
チャペルもありましたので、中に入ってみました。
すごく良かったです。
入った瞬間にスーッと気持ちが落ち着いて静かになっていくのがわかりました。
部屋全体がブルーの光に包まれており、まるで海の中にいるようで、そしてとても神聖な感覚がしました。
あぁ、こういうところで「願いのもとグループコーチング」をやったらどうなるんだろう?とワクワクしましたね。
社長さんも社員さん達もみんな素敵な方達ばかりです。
これからがホント、楽しみです。
posted by はーん at 23:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

決意

東京で、最近いつも私が泊まっているホテルのすぐ近くに、私のお気に入りの定食屋さんがあります。
なぜお気に入りかと言いますと、その理由はたくさんあるのですが、第一の理由は次のようなことです。
ほら、普通レストランとか行くと、メニューの写真はすばらしいけど、実物が出てくるとガッカリすることがあるじゃないですか。
ところがその定食屋さんは、メニューの写真もおいしそうなんですけど、実物が出てくるともっともっとおいしそうなんです。
で、必ず「あぁ、これを頼んでよかった!」とまず思えるのです。
そして実際においしい。
つまり予想以上の満足。
それが毎回続くのです。
これって結構すごいことでしょ?

なぜこんな話をしたかと言いますと、私達SCCのことにつなげたいのです。
実は今日、ある専門分野ですばらしい実績をお持ちの70代の経営者の方にお会いしました。
その方には以前、私の「願いのもとグループコーチング」をお受けいただいたことがあります。
その方に今日、お叱りを受けたのです。
「竹内さん達のやっていることは、あんなにすばらしいことなのに、それをなぜもっと世の中に広めようとしないのですか? それは罪ですよ。」
・・・と。
それはある意味とてもとても嬉しいお言葉ではあったのですが、本当に恐縮してしまいました。
そうなんです。
これまでの私の頭の中には確かに、
「加藤や私にできる範囲の仕事量を精一杯こなせばいい」
という考え方があったんです。
でもその考え方が根本的に間違っていることを最近実感し、「そうではいけない」と強く思い始めていた矢先のこのお叱りだったのです。

その方も言われましたし、別の方々からも最近よく言われることがあります。
「SCCは中身は確かにすばらしい。でも外見がチャチすぎる」
「ホームページにしても講座案内にしても、本来のSCCの良さが全く表現されていない」
「発信力が全くと言っていいほど弱い」・・・と。
つまり、さきほどの定食屋さんの話に当てはめますと、メニューは特においしそうには思えないか、もしくは世間一般なみ。でも中身はとてもおいしい。
でもやはり、外見がそれほどではないので、「食べてみよう」という気になる人が少ない。
こんなにおいしいものがあるのに、「ここにおいしいものがあるよ!」って全然アピールしない。
だから結果として、たまたま「食べてみよう」と思った少数の人しか、そのおいしさを享受できない。・・・ということです。
確かに、それはある面、罪だと思います。

ですから、真剣に世の中への発信を考えようと思います。
そのための本格的な活動に入ろうと思います。
そう強く決意した今日でした。
posted by はーん at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

つくづく

昨日は、SCCのメンバーで今後のことを話し合いました。
本日は、東京でリスペクトのメンバーと今後のことを話し合いました。
私はいつの間に、こんなにもすばらしい仲間達に恵まれたのだろう。
涙。涙。涙。
posted by はーん at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

どっひぇ〜〜っ!

SCCコーチング講座の土曜夜のクラスは、スリルがあって楽しいです。
だって、どんどん質問が来るんだもの。
しかもとんでもない質問が。

例えば、今日はこんなのがありました。

「ハーンって、いつもコーチング的コミュニケーションを身につければ楽に生きることができる、って言ってる割には、ブログ見ると苦しんでますけど、おかしくないですか?」

どっひぇ〜〜〜っ!!

心臓がえぐられました。
悪いか!
だって、わたしゃ人間だど!
しかも、たぶん、おそらく、きっと、普通の人よりもずっと余分で複雑怪奇な心模様を持っとるのです。
だからスッと一足進めばいいところを、あぁでもない、こうでもない、とウロウロオロオロしてしまうのです。
心の中の葛藤も多く、いつも迷ってばかりだす。

そんなわたくしめの素の部分を、あまり人様に迷惑にならない範囲で書こうと挑戦しているのがこのブログの一面です。
で、その質問にとっさに答えながら、わたくしめも初めてわかったのですが、

こんなオレでも、これだけのコーチングや研修がでるんやでっ!!

ということを、どうも多くの人に伝えたいようなのですな。
コーチングと出会う前の私なんか、もっともっと今の何十倍もひどかったんだから。
コーチング的コミュニケーションを得ても、こんなにひどい。・・・じゃなくて、コーチング的コミュニケーションを得ることで、ようやくここまでマシになった、と思ってくだせぇ。みなさま。

このブログでもたびたび書いております「共創モード」。つまりコーチング的向き合い方。
これは「私だからこそできるもの」ではなく、「私にさえできるもの」なんです。
つまり、訓練すれば「誰だってできるもの」なのです。
これを私は一番わかってもらいたい。
だから講座をやっとります。

というわけで、みんなみんな、がんばって練習するんだよ。
posted by はーん at 01:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

改めます

すみません。
昨日の私のブログの内容のせいだと思うのですが、今日はお会いする人お会いする人から
「ハーン、大丈夫?」
と心配のお声をいただきました。
普段、あまり心配され慣れていないもんですから、ちょっと気持ち良かったです。
・・・なんてこと言ってるからいかんのですね。
皆さん、ご心配おかけして本当に申し訳ございません。

別に病気になっているわけではありません。
ただ、ちょっと疲労がたまっているだけですので、仕事のペース配分に気をつければ大丈夫です。
昨日、加藤に叱られたこともあるのですが、真面目にもう少しゆとりを持たせようかと思っております。
まずは完全な休日を1ヶ月に1日でもよいから作ること。
絶対、休日を作るぞ〜〜っ!!
・・・って、こんなことに力んでどうする。

さて話はかわりますが、今日はFCC(親子コーチング事業)の方針発表を行ないました。
インストラクターを目指されている方々にお集まりいただきました。
これまでちょっとあやふやだった部分を明確に方針としてまとめました。
SCCのスタンスと基本的考え方を改めてまとめたわけですが、こういうの本当に大事なんですよね。
「わかりづらさ」って、時には罪にもなります。
これからSCCはいろんな意味で範囲を広げていきますが、「わかりやすさ」「明快さ」を大切にし続けたいですね。

夜の授業では、前半戦でまた電池が切れていたようです。
いかん、いかん。
本当にいかん。
本当に仕事の仕方を改めます。
posted by はーん at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

叱り叱られ

今日も一日、研修でした。
昨日に引き続いての新人フォロー研修2日目。
午前中は珍しく、私が皆さんを「気合いを入れろ!」と叱る場面もありました。
そう言えば、昔はそういう研修ばかりをしていました。
相手が自分よりの年上の方だろうが、どんな立場の方だろうが、気を抜いている人を見るとすぐに叱り飛ばしていました。
スタッフが「久しぶりに腹を立てている竹内さんを見ました」と言ってましたが、そうですね、感情で手がブルブル震えてましたもんね。
でも皆さんとても素直な方でしたから、すぐにもとの雰囲気にもどり、皆で共に場を創ることができました。

昨日はあまり感じなかったのですが、皆さん、見た目が若いですね。
若い、というのは見ていて面白いです。失礼な言い方ですけど。
全員が原石のようなものです。
これからどのように磨かれていくのか。
そして自分自身をどのように磨いていくのか。
皆さんの20年後を見てみたいですね。

研修の終わり、ラストの1時間くらいで、わたくし、また電池切れのような状態になりました。
やっぱりちょっと仕事のやり過ぎのようです。
夜、名古屋にもどり打合せをしたのですが、加藤から「もっとゆとりを持とうとしてください!」と、今度は私自身が叱られてしまいました。
確かに鏡で見る私の表情は疲れ切っています。
こんな顔で研修に出るのはよくないですよね。
私は私の時間のある限り、多くの人と向き合おうとして来ましたが、その私の考え方、生き方のどこか根本の部分に、ちょっと改めるべき部分があるのかもしれません。
でも、現実的には明日からもずっと予定が詰まってしまっています。
私の生き方は本当にこのままでよいのか?
そんな疑問符が、今大きく心の中に残っています。
posted by はーん at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

復活

ふっか〜〜っつ!!

です。
今日は東京の大手企業様の新人フォロー研修、「願いのもとグループコーチング」1日目でした。
昨晩は久しぶりにダウンして7時間くらいの睡眠をとることができました。
でも、それでも午前中でガス欠状態。
どうなることか、と我ながら心配したのですが、私のスタッフが私を助けてくれました。
詳しくは書けないのですが、昼食中に彼の一言が私のエネルギーを一気にフルフル状態にしてくれました。
それは彼の人生に関わる一つの宣言だったのですが、彼のその覚悟が私の疲れを吹っ飛ばしてくれました。
感謝です。
そしてその後はいつものように、「共創モード」で研修を続けることができました。
新人さん達の意識の矢印がずっとこちらに向かい続けるような、とてもつながり感の強い研修となりました。
さぁ、明日もがんばろう。
posted by はーん at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

ヒョロヒョロ

コーチングって、全神経を集中させますでしょ。
いや、だからと言って怖い顔をするとか、気合いを込めるとか、するわけではないんですけどね。
でも自分の直観が最大限に働く状態に常に自分を置いておきます。
そして私の場合、お一人1時間ずつの面談で行ないますので、個別コーチングは1日6人まで、と決めているんです。
だって、ちょっとそれ以上は集中力が持たないからです。
でもでも、今日は7人もやっちゃいました。

昨日に続いて、今日もそれはもう楽しかった。
「自分の命を懸ける? えぇ、そんなのいつでもできますよ。」
なんてへっちゃらで言えるような、向き合った瞬間に肚の据わり具合が尋常じゃないことがビシバシに伝わってくるような方もおみえでした。
この企業の底力には凄いものがあるんだろうなぁ、と実感。
でもでも、やっぱり7人目で限界が来ました。
最近のハードワークの蓄積もあり、ずっと座っていたのに腰がガクガクです。
何とかすべて終えて、ヒョロヒョロのままホテルに帰って来ました。

明日、あさっても企業研修です。
ですのでごめんなさい、今日はもうダウンします。
ダウ〜〜〜ン!! です。
posted by はーん at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

研ぎ澄まされた楽しさ

今日からまた東京の仕事です。
ある大手企業様での個別コーチング。
今日は5人行ないました。
「願いのもとグループコーチング」を3月にお受けいただいた方々の単発のフォローコーチングです。
実はこれまでは、グループコーチングの後に個別で連続したコーチングを行なうパターンはあったのですが、今回のように単発コーチングは初めてです。
実際にやってみて、「これ結構いいねぇ」と思いました。
単発なので効果はどうなのか?と少し不安でしたが、やってみるとグループコーチングのフォローとしては想像以上の意味と意義があることがわかりました。
今後もこういうパターンを広げてもいいかもね。

それにしても今日のコーチングも楽しかった。
いや、楽しい、という表現では失礼に当たるかもしれません。
皆さん、次期幹部の方々ですので、今目の前にある課題は、それはそれは大きなものです。
それこそ人生をかけて、目の前の課題に取り組まれていますので、楽しい、なんて言い方は本当に失礼でしょう。
でもそれだけ真剣な場であるからこそ、やっぱり私は楽しさを感じました。
笑える楽しさではありません。
研ぎ澄まされた楽しさです。
その分、終わるとヘトヘトになりますが、でもやっぱり楽しいのです。

明日は同じ企業様で7人のコーチングです。
どんなことが起こるのでしょうか。
posted by はーん at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芯になる

今日は野田塾さんで「親子コミュニケーション講座」という演題で講演会を行ないました。
120〜130名のお母様方にお集まりいただき、加藤が講演をしました。
この講演は毎年行なわれており、今回が4回目です。
毎回100名以上の方々にお集まりいただいていますので、やっぱりこのテーマは皆様の関心が強いのですね。

この講演会は「親と子のコーチング講座」という全16回の講座の体験セミナーを兼ねています。
今回は、その講座にご参加されるアシスタントの皆さんにも出席いただき、セッションのフォローをしていただきました。
それにしても、セッションの様子を拝見しながら、つくづく「女性のパワーは凄いなぁ」と感嘆してしまいました。
皆さんが二人一組でコーチングスキルの練習をするのですが、表面的な活気というよりも、人間力の強さのようなものを会場全体に感じました。
上手く表現することができないのですが、男にはとてもとても太刀打ちできない何かを感じました。

加藤の講演は毎度のことですが、とてもすばらしかったです。
人生の願いを込めて、「共に場を創る」講演になっていました。
最近の加藤は、見る度に一貫性が高まっているのがわかり、こういう時はとても毅然としているので、一種の畏敬の念を感じるくらいです。
でも、その毅然とした姿勢が、今のSCCには最も必要なことであると私は思っています。
なぜなら、SCCはこれから世界に向かって広がっていくからです。

これからは、人も企業も「芯」を持った者が世の中を創っていくと思います。
社会の「芯」となれるかどうか。
今、SCCはそれを問われていると思うのです。
posted by はーん at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

SCC倶楽部 再スタート

SCC倶楽部という場があります。
これは、SCCコーチング講座の受講生さんの中の有志が集まり、コーチングのロープレをし合いながら、コーチング実践力を高める実践学習の場です。
講座では対応し切れない、実践的アドバイスやフィードバックをすることのできる、とても充実した場です。

今日はそのSCC倶楽部の土曜夜クラスが、改めて新メンバーでスタートしました。
これまでずっと倶楽部に継続参加されていた受講生さんもいれば、今回が初めての受講生さんもおみえでした。
なんか、とても新鮮な気分でした。

それぞれの受講生さんには、それぞれなりの「今のテーマ」があります。
今、何を乗り越えて、今、何を集中学習するか、・・・はお一人お一人違います。
その「今のテーマ」をまずは正確に認識するところがポイントです。
それさえ明らかになれば、後はしめたもの。
最善の一歩を上ることができます。

その最善の一歩を上ろうとしている受講生さんの真剣な表情は美しいです。
・・・な〜んて、今日は改めて実感しました。
もちろん私自身も今も上り続けています。
共に成長し続ける。
そんなコーチ仲間を創りたい、・・・というのがSCC創設当時の想いでした。
その原点を思い出させてくれた、そんな場でした。
今後がますます楽しみですね。
posted by はーん at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

気持ちのよい場

名古屋のある大手企業様の研修でした。
この企業様、昨年の11月に3回の契約で研修を始めたのですが、あれよあれよと言う間に、この半年で今日で17回目の研修になります。
今後またどのような展開になるかはわかりませんが、とりあえず今日が節目の日でした。
思えば、多くの社員さん達にご参加いただきました。
皆さん、個性豊かな方々で、しかも雰囲気がとてもよいのです。
根底の向き合う姿勢が最初から取れていたと言いますか。
今日も、何とも気持ちのよい活気のある場となりました。

この研修をきっかけに、全社的に組織風土改革のための動きも始まったようです。
その波に関わらせていただいた私としては、とても嬉しいことです。
皆さんが皆さん同士の力で今の取り組みに成功されることを心より祈っております。

そんなことで朝から夕方まで研修だったのですが、それが終わるとそのままセミナールームに直行し、夜のコーチング講座の授業を行ないました。
そこはそこで、また気持ちのよい場となりました。
金曜講座の受講生さん達は臆面もなく自分の本性をあらわにされるので、・・・という言い方をすると後で怒られそうなので、・・・とても素直に自分らしさを表現されるので、いつも圧倒されます。
授業が終わってからもしばらく私はセミナールームで仕事をして12時近くに外に出たのですが、そしたらまだそこで雑談してんだもんねぇ。

君達、いい加減に早く帰りなよ。
明日も仕事なんでしょ?
posted by はーん at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

苦しみ

ここのところ、研修の日以外は、ずっと1対1の個別で人と向き合うことばかりが続いています。
コーチングしかり、打合せしかり、相談しかり、です。
今日も朝から夕方までずっと続きましたが、一人の方とお会いした後には、その方の心の中に持っていた「何か」がいつも私の中に残ります。
充実感を心の中に持っていた人との面談の後には、充実感が残ります。
安定感を心の中に持っていた人との面談の後には、安定感が残ります。
逆に、不安定感や苦しさを持っていた人との面談の後には、やはりその同じものが残ります。
ですから、いつも面談の後にはニュートラルな自分にもどすためのセルフコーチングを行ないます。

今日、ある方との面談の後に、とても大きな苦しみが私の中に残っていることに気づきました。
あぁ、あの人はこの苦しみとずっと闘ってきたんだな、ということが理解できました。
私がその人の代わりになることは、当然ながらできませんし、してはいけません。
苦しみを私が分かち合おう、・・・などと言うのも大変おこがましいことです。
でも、私は応援したいですね。
その方が自分で生み出しているその苦しみときちんと向き合い、自分自身の勇気と決断で、その苦しみから抜け出ることを。

posted by はーん at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

願いの風

今日、初めて個別でお会いした方がいました。
その方は若い方ですが、どうも「自分は人生で本当は何をしたいのだろうか?」という切実な疑問符が心の中に湧き起こり(文字通り湧き起こり)、ず〜っと長い間、悩み続けておられたようです。
1時間くらいお話しさせていただいたのですが、その方が何気なくふと、ある一言をおっしゃいました。
その瞬間でした。
私に向かってその方からとても強い「風」が吹き抜けました。
そう、それはまさしく「風」のように私には感じられたのでした。
その「風」は私の体を突き抜けるのと同時に、私の心身を芯の部分から洗い清めてくれるような感じで、全身がジワ〜ッとしびれる感覚になりました。
その一言に、その人の「人生の願い」につながる想いが込められていたのでしょう。

「人生の願い」とは、「自分のほしいものがすべて手に入り、すべてを満たされたとしても、それでも人生をかけて追い求め続けたい願い」ということです。
それは人間であれば必ず誰もが持っています。
「人生の願い」に向かう一歩一歩を進み始めることができれば、私達はとても大きな幸せを感じますし、大きなエネルギーと、本当の自分らしさ・自分の魅力も自然に湧き出るようになります。
今日、面談させていただいたその方の場合は、その「人生の願い」が恐らく初めて顔を覗かせたのですね。
そしてその瞬間、風が吹いたように私には感じられたわけです。
それはとても気持ちよく、そして強い風でした。
まさにそれは、「願いの風」。
とてもとても強い願いを、その方はお持ちなのですね。

もう少しでその方は、今の心の混沌から抜け出ることができると思います。
そういう方と向き合うのは、とても幸せなことですし、とても心があったかくなりますね。
posted by はーん at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

こだわり

昨日買った、2万円の音楽用イヤホンですけどね。
とっても調子いいです。
実はこれまでずっとノイズ・キャンセリング・イヤホンと言いまして、特殊な電波を出すことによって外の騒音を消してしまい、静かな状態で音楽を聴けるというイヤホンを使ってました。
それはそれでよかったのですが、特殊な電波が出ているだけあって、ちょっと不自然な感じがしましたし、耳に何らかの負担があったような気がしていたんです。
ところが、その2万円のイヤホンをつけてみると、特殊電波とかは全くないのですが、耳栓効果が高く、ほとんど外の雑音が聞こえません。
ですのでとっても快適です。
しかも第一、音がいい!
これまで聴いていた音楽が全くの別モノのように聴こえます。
さすが、音にこだわっているメーカーは違いますね。
わたくし、やっぱりこだわりを持った本物志向が大好きです。

ということで、今日も企業研修。
私なりのこだわりを大切にした本物志向の研修をいつものように目指しました。
こだわり、とはちょっと間違えると自己満足になりがちですが、そうではなく、本当に人の心に良い形で残るような研修をしたいですし、そのためにできる最善のことはしているつもりです。
こだわりとは、探究し続けることによって維持できるもの。
私はそう考えていますので、とにかく「これでOK」ではなく、探究心を大切にしたいですね。

あぁ、音楽聴くのが楽し。
posted by はーん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それぞれの

今日はある大手企業様の次期幹部層の方々の個別コーチングを行ないました。
私の場合、いつも個別コーチングは面談でじっくり時間をかけて行ないます。
一日中、個別コーチングというのは久しぶりです。
3月に行なった研修のフォローとして行ないました。

3月の研修では皆さんの「願いのもと」を出し、それを経営に結びつけるような流れで行なったのですが、それがどのように皆さんの心に影響を与えているのかを、今日はつぶさに観ることができました。
私の想像外のメリット等もあり、とても参考になりました。

今日は6名の方々を行なったのですが、それにしても皆さん、個性豊かでとても楽しかったです。
それぞれの「願いのもと」。
それぞれのポリシー。
それぞれのパワー。
そして、それぞれのムード。
個性豊かな企業には、底力を感じます。

さて、個別コーチングが終わると、もう夕方になっていました。
これからすぐに名古屋にもどり、明日は名古屋で研修です。
よぉ、がんばっとるなぁ、俺。(これ、名古屋弁?)
ということで自分へのご褒美に、私の大好きなメーカーの出している2万円の音楽用イヤホンを買いました。
よい音楽をより良い音で聴きながら、私は旅?を続けます。
posted by はーん at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

永遠のさよなら

心の中がスッキリすればするほど、その反動として、これまで自分自身で気づかなかった「自分に不一致を生じさせる自分の心のパターン」が浮上してくることがあります。
今日、それが起こりました。

今日は午前中、名古屋で仕事をして、午後から東京への移動でした。
地下鉄で名古屋駅に向かっている途中で、それは来ました。
一言で表現すれば、「不信」ということになると思います。
「不信」を核とした心の中の嵐が、急激に大きくなり荒れ狂いました。
苦しかったですねぇ。
名古屋駅に着いたところで、私はちょっと深呼吸し、それらの心をずっと観察し、向き合いました。
そして、自分のその心が何を言いたいのかを理解しました。
ここまではいつも行なっていることですが、ここから先の自分の行動がいつもとは違いました。
とっさにそれが出たのです。
私がとった行動は、その私自身の心に対して、
「永遠のさよなら」
を告げたのです。
毅然と。
「もう、君はいらない。君とはさよならだ。」
心の中で毅然とそう言い放った瞬間、スーッと体が楽になりました。

この自分の行動には自分でも少し驚きましたが、あぁこういうセルフコーチングもあるのだと思いました。
自分自身を否定するのではなく、自分の心のパターンに「さよなら」を告げる。
それにより、そのパターンのみが去っていくのです。

自分自身が本当に望む自分の人生を創るために、自分の心のパターンを変えていくのはとても大切なことですね。
でもそれは自分自身の強い意志でのみ達成されることなのです。
posted by はーん at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湧き出でる

決してエネルギッシュなわけではないのですが、体の芯からエネルギーがトツトツと湧き出で続けているような感じ。
それがこの1週間ずっと続いています。
睡眠時間もとても短いです。
長くてもせいぜい3時間くらい。
眠れないのです。
不眠症ではないようです。
エネルギーが出続けているのです。
自分の使命が、より明確になってから1週間。
何だかやっぱり、自分はちょっと脱皮したようです。

今日も人と向き合いながら目まぐるしく一日が過ぎました。
今、ここにいる自分はとても疲れています。
「電池切れだぁ〜」とも思うのですが・・・。
でも、それでも体の中心がちょっと熱い。
そしてやはりエネルギーが出続けている。止まらない。

使命が明確になるというのは、やっぱり凄いことなんだと改めて実感しています。
posted by はーん at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする