こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年05月09日

新たな発進

もう少ししますと正式に発表いたしますが、SCCに新たな仲間が加わりました。
今日は新メンバーを交えての会議を行ないました。
今後のSCCの方針や戦略を話し合う会議です。
私自身の役割も大きく変わり、より明確になりました。
身の引き締まる思いです。
でも、とてもやりがいと生きがいを感じます。
これまで創り上げてきたSCCの土台をもとに、いよいよ発進の準備です。

発進と言えば、約1ヶ月後の6月3日(火)から東京のSCCコーチング講座第3期がスタートします。
コーチングの本格的な勉強ができるだけでなく、セルフコーチング力も大幅にアップできる講座です。
受講生さんを募集しておりますので、東京方面の方でご興味ございましたらお気軽にお問合せください。

SCCコーチング講座


posted by はーん at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

心身一体

いやぁ、なんか調子上がってきましたねぇ。

今日は企業研修があったので、早朝からいつものように精神統一をしていました。
すると、「心身一体」という言葉が頭に浮かんできました。
その直後、スーッと全身が楽になりました。
最初は何が起こったのかよくわからなかったのですが、時間が経つにつれてだんだんわかってきました。
全身の気の流れが良くなったのです。
心と体が完全に一体化したかのような一貫性を感じました。

そしてそうなって初めて、これまで一貫性がまだまだ不充分だったことがわかったのです。
(こういうパターン、いつものことですが。)
これまでは例えて言うならば、上半身と下半身の間にズレがあったような感じです。
もっと言うと、上半身は一貫性がとれていたのに、下半身はまだ自分のものではなかった。
それが今日初めて、上半身も下半身も含めて全身が自分のものとなった。
・・・まぁ、そんなとこでしょうか。

ですので、今日の研修は調子良かったです。
いつもでしたら、心にちょっと揺らぎが起こりそうな場面でも悠々と向き合い続けることができました。
下半身が安定しているのですね。

この状態は一時的なものなのか、それともずっと続いてくれるものなのか、よくわかりません。
でも何となくまた、新たなセルフコーチング法に結びつきそうです。
心と体の結びつきというのは、本当に大切なものなんですね。
posted by はーん at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

クリア

これまで見えていなかった自分の役割(使命)が見えるようになると、急に世界がクリアになった気がします。
これまでもこういうことは何度もあったのですが、その度にどんどんクリアになります。
クリアになって初めて、「あぁ、これまでは世界を濁って見ていた」とわかります。
今日は一日バタバタと忙しかったのですが、世界が違って見えました。
人間って、不思議ですね。

明日は企業研修ですが、今の私がやる研修はどんなものになるんだろう。
ちょっと楽しみです。
posted by はーん at 21:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

安らか

やっと心が安らかになりました。
いったん安らかになると、ここしばらく自分の心の状態がいかに大変だったか、ということがわかります。
いろんなことが起こりましたからねぇ。
特にこの2ヶ月くらいは。
でもやっと安らかになり、休息することができます。

結局、ゴールデンウィークもほとんど休みが取れず、本当の意味で休息できるのは半日くらいです。
でもその半日がとてもとても大きいです。
また嵐のような仕事が待っていますが、自然体で向かえそうです。
posted by はーん at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1000年先に

1000年先に残るものを創り上げたい。
それがSCCの願いの一つです。
そのためには、1000年先に残るに値する内容(中身)が必要です。
そこまでは当たり前のようにわかっていました。
でもそれだけでは足りないことに気づきました。
何が足りないか。それは・・・
1000年先に残る「しくみ」を創ること。

そんな当たり前のことにようやく気づきました。
で、それは誰が創るのか?
当然、私達です。
そんな当たり前のことにようやく気づきました。
posted by はーん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

この道を・・・

ここのところ私にとって、とてもショックなことが立て続けに3つくらい起きました。
結果として、一度、精神的には落ちるところまで落ちました。
ここまで落ちたのは、多分、7年ぶりくらいです。
7年前はそれがきっかけで、今のSCCを始めることになりました。
そうです。
落ちるところまで落ちると、必ずその後、大きな気づきと指針を得ることができます。
今回もそうでした。
私は一つの指針を得ました。
それは人生の指針です。
私は本来は何をすべきなのか。
自分の命をどのように活用したいと思っているのか。
それがようやく、ようやく見えて来ました。
現実逃避をしていた自分も発見しました。
自己満足の自分も発見しました。
自分のくだらないプライドも発見しました。
4月28日のブログで、「まだ処理し切れていない自分がいる」と書きましたが、その自分がどんな自分だったのかをようやく認識することができました。
これまで信じていた自分の道がいったんすべて崩れ、新たな道がその下から浮上してきた感じです。
これは、ちょっと大変な道です。笑
でもしょうがない。
ここを進むことを、私の「願いのもと」はすでに決めてしまっています。
それが私の「人生の願い」につながっていることを、私自身が一番よくわかっているのです。
ですから、しょうがない。あきらめました。(変な言い方ですが・・・)
この道を行きます。

posted by はーん at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

反省です

私としたことが、とても情けないことをしてしまいました。

今日は休日というわけではなかったのですが、お昼頃に中日劇場で「ウルトラマン・プレミアムステージ2」という演劇が行なわれましたので、それを見に行きました。
本格的なステージで、それはそれはもうすばらしいものでした。

そこまでは良かったのですが、今日の夜の授業でわたくし、完全にハメを外してしまいました。
受講生さん達にウルトラのステージの話をしているうちに、完全に自分の世界に入ってしまいました。
実はこれまでも金曜クラスではハメを外すことはたくさんありました。
でも、外しながらも、実は「共創モード」だけは崩さないようにしていました。
今日も崩していないつもりだったのですが、・・・。
授業が終わってから、ハッと我に返ったのです。
「あれっ? 今まで俺、何してた???」
という感じでした。
その瞬間に気づきました。
私は、完全に自己満足に陥っていたと。

何たること!
自分で自分が信じられませんでした。
そして自分が傲慢に陥っていることにも気づきました。

もし私が今日の私の受講生だとしたら、私は今日の私のような講師を絶対に許さない。
しばらく、深く反省します。
posted by はーん at 02:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

切実です

今日はある大手企業様での新人研修(願いのもとグループコーチング)でした。
研修の日は、いつも私はホテルを出かける2〜3時間前には起床し、約1時間近い時間をかけて精神集中をします。
前の晩に寝る前にも必ず同じだけ精神集中をします。
そうしていつも万全の精神状態を創るわけです。

今日は精神集中をしている時は、「おぉ、結構調子いいなぁ」と思っていました。
ところが、研修会場に着いて、いざ皆さんの前に立って講義を始めたとたんに、自分の異変に気づきました。
目まいがするのです。
自分が何を喋っているのかもよくわからない状態でした。
「あれっ? おかしいかな?」
と気づき、その後、
「あれっ? ひょっとして今俺、倒れそう??」
とマジメに思う瞬間もありました。
テーブルやホワイトボードに寄りかかりながら喋らなければちょっと怖くて立っていられない感じでした。
どうやら、私の体は私が想像していた以上に追い込まれているようです。

私は必死で「共創モード」(これについては4月22日のブログを参照してください)に入ろうとしました。
とにかく自分に意識を置くとまずそうでしたので、皆さんに意識を置き続けました。
悲しいことに(?)、こういう時ほどスムーズに共創モードに入れたりします。
自分のいらぬ我欲の出るゆとりがないからでしょうね。
で、こういう時ほど良い研修になっちゃうんですね。

「願いのもとグループコーチング」は、いつも始まって時間が経てば経つほど皆さんの心の一貫性が取れてきますので、心地良い場ができあがります。
その場にいるだけで、元気が出てきます。
共創モードで皆さんと向き合っているうちに、私もどんどん元気になりました。
そして一日が終わる頃には完全復活をして、ホテルに帰ってからも特に体の変調はなく、通常状態です。
でもひょっとすると、こういうパターンだからこそ、私は私の体のケアがおろそかになっているのかもしれません。
ちょっと無理をし過ぎのようです。
かなりギリギリのところで仕事をしているのではないか、ということは実は何ヶ月も前から懸念をしていたのですが、今日は改めてそれを実感しました。
もう少し自分の体をいたわってあげなきゃ、と思いました。

私が本当に倒れちゃったら、恐ろしいことになりますもんね。
どれだけの人に迷惑と損害を与えるかわかりません。
逆に言うと、その緊張感が体を持たせているのかもしれませんが。
でも本当に、今のギリギリパターンを根本的に変えなくてはならない時期に来ているのは確かのようです。
かと言って、研修や講座やコーチングは5月もまだまだ続きます。
そして今後はさらに増えて行きそうです。
う〜む。
やはり早く仲間や後継者を育てなきゃ。
切実な問題です。
posted by はーん at 01:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。