こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年11月30日

心の準備

研修のない日がたったの4日という怒涛の11月がもうすぐ終わろうとしています。
でも実は、この状態は12月も続くのだ。
だだだっと続くのだ。
今年はホント、よく仕事をしました。
でも来年はもっともっと加速しそうです。
世の中がこんなに沈滞ムードなのに、・・・というよりも、だからこそ私達には加速が必要なのですな。

今日もダブルヘッダーでした。
まずは安達学園さんのコーチング講座。
こちらは今年最後です。
先生方もお忙しい方ばかりなのですが、その中でも皆勤賞の先生もいますもんねぇ。
毎度のことながら、皆さんの「向き合い方」はすばらしい!
安達学園さんが終わるとすぐに名古屋にもどり、そのままSCCコーチング講座へ。
今日はちょっとした事情で、講座の前の精神集中ができませんでした。
いつもはほんのわずかでもセルフコーチングをして、自分を「ねがいのもと」状態にもどします。
今日はそれができませんでしたが、それでも行けるんじゃないかと思っていました。
で、実際は行けたのですが、いやぁ、でもやっぱり大変でした。
講座というのは、いろんな人と向き合いますから、心が揺れる揺れる。
揺れるからといって向き合い方が変わるわけではないのですが、まぁ何といいますか、疲れました。
途中からいつもの状態にもどりましたから楽になりましたが、やはり自分をリセットさせる時間というのは大切ですね。

当たり前のことですが、研修の一つ一つ、講座の一つ一つを誠心誠意大切にしよう。
そのためには、心の準備は必須ですね。
posted by はーん at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

震えるくらい

大手企業A社様での管理職研修2日目。
今日もよい研修でしたよ。
ご参加の皆さんが、本当に楽しく、そして真剣に取り組まれている姿を見ながら、わたくしはとても幸せを感じていました。
皆さんの発言内容があまりにすばらしいものですから、私共のスタッフも震えるくらい感動していたようです。
「今日の皆さんの発言内容は、そのままDVDにしたいくらいですね。それがA社の遺伝子伝承になりますね。」
そんなスタッフのセリフが、今日の研修を物語っています。
posted by はーん at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

深い深い

今日からまた大手企業様での管理職対象研修(グループコーチング)です。
2日間のカリキュラムの1日目は、皆さんの「ねがいのもと」を見つけるセッションを行ないました。
ここの企業様の研修は、もうずいぶんとさせていただいているのですが、研修担当の方から、「今日のメンバーは濃いですよ」と朝一番に耳打ちされました。笑
で、本当に濃いメンバーでした。笑
研修自体も何だかとても濃い時間が過ごせた気がします。

皆さんの見つけた「ねがいのもと」を、最後にお一人ずつ発表していただいたのですが、深い深い。
思わず私の体がのけぞるくらいに深いものを出された方もおみえでした。
皆さんの「ねがいのもと」を聴くにつれ、わたくし、涙をこらえるのに必死でした。

さて、今日の調子を明日に引き継いで、明日もよい一日といたしましょう。
posted by はーん at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

兆し

今日は「SCCねがいにもと講座ソーシャル・ステージ」でした。
今回で5回目。
いよいよ核心部分に迫って来ました。

講座の中で受講生さん達から、こんなお声をいただきました。
「最近、反応本音のことを本当に大切に思えるようになってきました。」
「反応本音が私の邪魔をしなくなってきたんです。」
「反応本音が自分の協力をしてくれるようになりました。」

そうなんです。
反応本音も大切な自分の本音です。
真本音で生き続けることによって、自分の反応本音のすべての力を結集することができるようになるのです。
早くも受講生さん達からそんな兆しが見えて来たのは、とてもとても嬉しいことですね。



※「真本音」「反応本音」「ねがいのもと」について詳しく知りたい方は、
 こちらから無料レポートをダウンロードしてくださいね。
posted by はーん at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

な〜んか

セルフコーチング法に「完成」はないと思いますが、「これでひとまず完成ではないか」と思えてしまうほどの大きな発見がありました。
この発見、SCCねがいのもと講座ソーシャル・ステージでお伝えできそうです。

な〜んか最近、発見が多いなぁ。
posted by はーん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

人生の願いへの一歩

一生をかけて追い続けるテーマやビジョンのことを、SCCでは「人生の願い」と呼んでいます。
私には自分自身の「人生の願い」の一端しか、まだ見えていません。
が、これまで見えなかった一歩先が見えました。
あぁ、私はこれをするために生きてゆくんだ。
そう思える一つのきっかけがありました。
感謝です。
また一歩、近づきました。
posted by はーん at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

開放記念日

昨日、・・・というより今朝のブログを書いた後で、今日の研修のためにいつものように精神集中に入りました。
瞑想とはちょっと違うのですが、要するに一種のセルフコーチングを行ない、心と体を真本音の状態にしてリセットするわけです。
その具体的方法は、「SCCねがいのもと講座ソーシャル・ステージ」でお伝えする予定です。

ともあれ、そういったセルフコーチングをしておりましたら、その途中で真本音からのメッセージが届きました。
「もう開放していいよ。」
・・・と。
開放?
何を?
・・・と、よくわかりませんでしたが、何となく、
そうか。もういいのか。
・・・と思い、
じゃあ、開放しよ!
・・・って決めたのです。
そうしたら、何かわからないのですが、全身がザワーッとしびれて、スーッと楽になりました。
よくわからないのですが、確かに何かから開放された感覚。
自然に少し涙が出ました。

ホントによくわからないのですが、わたくし、今日を
「開放記念日」
といたしました。
開放記念日に私の研修に参加される人は幸せ者だよな。
・・・などとおこがましいことを思いながらも研修会場へ。
そして今日は不思議なくらいに集中力の高い研修となりました。
ある意味、夢心地のまま一日が過ぎたよう。
よくわかりませんが、とてもよい研修だったと思います。

とにかくわたくし、毎日が必死です。
一日ですべてを使い切るかのような毎日です。
毎日必死でやってれば、やっぱりいいことあるんですね。
posted by はーん at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

共創モードもどき

ある大手企業様の中で最も元気な、ある事業部があります。
その2百数十名の正社員さん全員の「ねがいのもと」を出し、「ねがいのもと」に基づいた企業理念とビジョンの実践につなげる、というプロジェクトが進んでいます。
その一環として、今日はその事業部の一般社員さんの研修(ねがいのもとグループコーチング)がありました。
2百数十名の方々全員がお受けになるのですが、1回の人数は数名〜多くても20名まで。
少人数でじっくりと向き合いながら、しっかりと行ないます。
今回は11名の若手社員さん達でした。

まぁ、なんと言いますか。「元気な事業部」という意味がわかりました。
皆さん、本当に「自然な」元気さなんです。
まっすぐに人と向き合うことが自然にできる人達。
そしてまるで家族や兄弟のような気持ち良い仲間達でした。
しかも前日に大きなイベントがあり、大成功をされたようで、皆さんの気持ちも非常に晴れやか。まるで今日の快晴の空そのものでした。
じゃあ今日の研修は本当にスムーズだっただろう、と思われがちなのですが、実は全然そうではありません。
私にとっては本当に本当に難しい研修でした。

というのもそれはすべて私自身に問題があります。
私の反応本音の問題です。
研修が始まり、最初から楽しい雰囲気で盛り上がりました。
共創モードだな、と思いながら過ごしていたのですが、どうも様子が変です。
何かが変。
そのうちに、私の体が反応し始めました。
特に上半身から頭にかけて、体に違和感が走るのです。
そのうちに、頭が重く、痛くなってきました。
何か暗雲の中に包まれるような感覚です。
苦しい。
どうしたんだ、これは。
苦しい。苦しい。

講義の真っ最中にこのような状態になりましたので、私はもう必死。
自分の態勢を何とかして立て直さなければなりません。
何よりも、なぜこのような状態になるのか、原因を突き止めねば。
そこで、あるテーマを皆さんに考えていただいているほんの2,3分の間に、必死のセルフコーチングをしました。
ホント必死です。
すると、わかりましたよ。
あったんです。
あれが。
そう、あれです。いつもの。
なくなったと思い込みながらも、肝心なときによ〜く出てくる、あの反応本音です。
つまり、・・・
「俺が、君達を教えてやるからな」
「俺が、君達をもっともっと気持ち良くさせてやるぜ」
「俺が、最高の研修を創ってやる」
・・・という反応本音です。
今日は久しぶりの若手社員さん達が対象です。
20代の方が多かったのです。
そうなるとほら、すぐにそれが出てくるんです。
私の中の自己顕示の心。
これを私は「ケンジ君」と呼ぼう。
ケンジ君が、ジワジワと私の背後から迫り、いつの間にか私の心を覆い、「共創モードもどき」を創っていたのです。
それは一見盛り上がっている気持ちのよい研修です。
でも本来の共創モードとは明らかに違います。
根底のつながり感が希薄なのです。

ケンジ君を見つけてから、一気にリカバー。
展開が大きく変わりました。
研修はもう後半戦に入っていたのですが、結果的に皆さんのよい「ねがいのもと」が見つかりました。
とりあえずよかったよかった。
明日は今日の続きを行ないます。
今日のこのままの共創モードで行けるといいな。

ということで、今回は私自身の問題で、表面上は穏やか、でも心の内部では嵐が吹き荒れる、という状態でした。
わたくし、かなり消耗しました。
で、事務所にもどると、着のみ着のままバタンと倒れ込み、ふと気がつくと朝の4時半を過ぎているじゃありませんか。
やらねばならない仕事がいっぱいあるのに。

うぇ〜ん。
posted by はーん at 05:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

うれしい一言

幹部社員研修の2日目でした。
わたくし、今日の晴れ渡ったすがすがしい空と同じような心の状態でした。
昨日は無意識部分での難易度の高い一日となりましたが、今日は昨日が嘘のようにスムーズでした。
毎度のことですが、共創モード状態での予想外の展開。
研修終了後に、受講されていた一人の部長さんが私にお声をかけてくださいました。
「私はこれまで多くのセミナーに参加しました。数々の本を読み勉強しました。これまで勉強してきたことが、今回の研修ですべてつながったんです!」
とてもとてもうれしいお言葉でした。

昨今の厳しい経済環境の中で、今回研修をさせていただいた企業様も大変苦労なさっています。
でも、「こんなときだからこそ、人の育成を強化する。今後ますます研修を増やしていく」という方針を出されました。
さすがですね。
posted by はーん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その瞬間に

今日は、ある大手企業様の幹部社員・部門長の方々への研修型グループコーチングでした。
よく「経営層の方々への研修というのは、とても難しくないですか?」と訊かれますが、実はそんなことはありません。
もちろん経営層に近づけば近づくほど「反応」が大きくなります。
つまり私がお話しする内容に関しての「ここはどういうことですか?」「ここはわかるんですが、ここは理解できません」的な反応ですね。
これがあればあるほど研修は活気づきますし、結果として「共創モード」や「真本音コミュニケーション」につながりやすくなりますので、こういった展開は理想的です。
私が記憶している範囲で言いますと、これまでで最も難しかった研修は、ある企業様の新入社員フォロー研修でした。
よくよく考えますと当たり前のことですが、ご参加の方々の真剣度が高くなればなるほど、研修は「楽」になります。

そういった意味で、今日は「楽」な研修になるだろうと予測していたのですが、その予測は見事に外れました。
いや、もちろん「反応」はありました。
皆さんも本当に真剣に臨んでくださいました。
でも、そういった表層的ではない部分での難易度が、今日は異常に高かったのです。
かと言って、よくない研修になったかと言いますと、やはり今日やるべき最善の展開になったとも思えます。
ここのところの説明は非常にデリケートで難しいのですが、一つ言えますのは、私自身が非常によい勉強をさせていただいたということです。

明日は二日目。
研修の展開も、そこで私が皆さんから「何を受けるのか」も全く予測できません。
答えは「その瞬間」にあるのみ。
そして私にできるのは、「その瞬間」とあるがままに向き合うことです。
posted by はーん at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

輝き

今日も講座やコーチングがありました。
今日のコーチングは全然別の会社の方々が3件あったのですが、なんと言いますか、3件とも非常に気持ちのよいコーチングとなりました。
内容を書けないのが残念ですが、クライアントさん方の輝くお顔がまぶしかったです。
心の一貫性がとれたからこその、本質的な輝きがそこにはあります。
皆さんのお顔は私の胸に焼きつきます。
そしてそれが私のパワーになります。
人が人に与える「輝きのパワー」とは無限大だな、と。
本当にそう思える一日でした。
posted by はーん at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっともっと

今日は安城更生病院で3時間研修をしました。
80名近い方々に「コーチングから学ぶコミュニケーション」というテーマでお話をさせていただきました。
久しぶりの短時間研修。
そして久しぶりの多人数。
そうです。最近の私は、8名とか10何名とか、多くても40名弱くらいまでの少人数での研修ばかりしてきました。
ですので、80名という人数は久しぶりでした。
80名全体にペーシングできるのかどうか少し不安でしたが、ご参加の皆さんの真摯に学ぶ姿勢に、そんな不安も始まった直後に消し飛びました。
私の一言一言を食い入るようにお聴きいただき、あっという間の3時間でした。
そして楽しい3時間でした。
いつも思うことですが、医療関係の方々って、独特の何とも言えない良い雰囲気をお持ちですよね。
皆さんと向き合うだけで、力をいただいているような気がしました。

研修の後は名古屋にもどり、SCC倶楽部です。
研修に集中しすぎたせいか、SCC倶楽部での私は大変でした。
皆さんの言葉が私の中に入って来ないのです。
受講生さん達に助けられる始末でした。
ここのところ、緊張と集中のし過ぎでしょうか。
それとも、人と向き合い過ぎかなぁ。
向き合い過ぎ、なんてことがあるのかなぁ。
でも、今日も言われましたが、みんなから「痩せたねぇ」と指摘されます。
わたくし、何かあるとすぐに痩せちゃいますからね。
うらやましい?
私は全然自分の体質が好きではありません。
もっと太りたいですね。
だったら仕事のペースを調整しろよ、って?
いやいや、ペースはもっと上げていきますよ。
今ぐらいのレベルでは、生まれてきた甲斐がない、とさえ思い始めてます。
もっとペースを上げても、もっと健康的でいられる自分を目指そうと思います。
贅沢?
いや、私はもっともっと走り続けたいのです。
posted by はーん at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

共創モードとは

最近は研修の話を書くときに、よく「思考モード」と「共創モード」という言葉を使いますが、改めてここで簡単にそれぞれの定義を書いておきます。

「思考モード」とは、要するに頭で考えて行動している状態です。
つまり、「よい研修になるために、次は何をどのように喋ろう」ということを一所懸命に考えます。時には頭をフル回転させながら、その場その場を臨機応変に創っていきます。

それに対して「共創モード」とは、思考モードを完全に超えた状態です。
常に意識は自分の思考ではなく、受講生さん達に向けられ続けています。
共創モードに入ると、受講生さん達と、根底でつながっている感覚を体で感じます。
頭を一切働かせることなく、自然に口から言葉が出てきます。
そしてその一言一言は、決して独りよがりではなく、常に受講生さん達と「共有」しています。つまり、スッと受講生さん達の心に届きます。
共創モードが進むと、どちらが講師でどちらが受講生か、という区別さえ、意識の根底ではなくなってきます。
その場を「共に創る」という状態になります。
たとえ行動面では、講師が一方的に喋っていたとしても、上記のような「感覚」になります。
そして思考モード状態では及びもつかない新たな何かが、そこで創造されやすくなります。
何より「共創モード」は、楽です。お互いに。

研修だけでなく、通常のコーチングにおいても、私達SCCは共創モードで向き合うことを大切にしています。
「SCCコーチング講座」とは、つまるところ「共創モード」で人と向き合えるコーチを育成する機関である、と言うこともできます。

・・・と、このように書きますと、「うわぁ、共創モードって凄そうだな。難しそうだな。超能力みたいだな。」という印象を持たれるかもしれません。
でも実は、そんなに特別なものではありませんし、誰にでも必ずできることです。
そして恐らく多くの方が、これまでの人生のいくつかの場面ですでにこれを体験済みです。
本人は意識していなかったとしても。

少々長くなりましたね。
昨日今日と、ある大手企業様で管理職の方々にコーチング研修を行ないました。
今回、実はちょっと共創モードに入るのに苦労しました。
「ようやく入れたな」と思っても、すぐに出てしまう。・・・つまり、思考モードになってしまうのです。
ちょっとあせりました。
なぜだろう?
どうして、今回は共創モードに入れないのだろう?
受講生さん達の状態が原因か? それとも私に原因があるのか?

ある休憩中にそう悩んでいたとき、私の真本音からメッセージが届きました。

「思考モードでもいいじゃない。」

そのメッセージを聴いたとき、そりゃそうだな、って思いました。
思考だ共創だ、と言っている暇があるなら、その分、ただ皆さんと向き合おう。
向き合うことだけ大切にしよう。
すべてが最善なのだから。
最善を尽くすことが、私にできる最善なのだから。

そう開き直って、皆さんの前に立ちました。
そうでなのす。
その瞬間から、私達は共創モードに入れたのです。
面白いですね。

あとはもう、この身を委ねるだけ。
今回も楽しく充実した研修となりました。
posted by はーん at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

ちょっとだけ・・・

今日の研修が終わり、事務所にもどる電車の中。
私は吊革につかまりながら、立っていました。
研修後の心地よい疲れを感じながら、思わずウトウト・・・。
立ったまま夢の世界に入るとどうなるか知ってます?
そうです。
ガクンっと足の力が抜け、倒れ込みそうになりました。
吊革を持ってましたので、体を支えることはできましたが、その瞬間

ウヒョッ!!

と、私の口から叫び声が。
その車両にいたほぼ全員の皆さんが、びっくりしていっせいにこちらを振り返ります。
視線が突き刺さる。
知らない人達が、私を見てる。
いやん、はずかし。
でもちょっとだけ、快感。

こんなときは、マイルスの音楽が身に沁みるぜ。
posted by はーん at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

刺激がいっぱい

今日から、ある大手企業様の次期幹部社員さん7名の方々の個別コーチングが始まりました。
2週間に1回ペースで約半年間続きます。
一日に7名を、一人1時間ずつ一気に行ないます。
実に個性豊かな方々です。
第1回目の今日から、すでに皆さん、全然違う方向性のコーチングとなっています。
私は皆さんと向き合っていて、一日楽しくて楽しくてしょうがありませんでした。
もともと魅力的な皆さんが、これからさらにどのような変貌を遂げてゆくのか。
いつものことですが、コーチングの最初は刺激がいっぱいです。
posted by はーん at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

うれしいですのぉ

「SCCねがいのもと講座ソーシャル・ステージ」
「SCCコーチング講座ソーシャル・ステージ」
「SCCねがいのもと講座コア・ステージ」
・・・と、昨日から今日にかけて3回の講座を行ないました。
受講生さん達が、どんどん「本来の自分」にもどっていく。
そんな実感の大きい2日間でした。

うれしいですのぉ。
この仕事。
posted by はーん at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

真本音からのメッセージU

正直に言いますと、わたくし、今日こそは本当にもうダメだ、と思いました。
昨日の研修では完全に電池が切れ、研修後はあまりの疲労のために事務所に着いたとたんにバタンと倒れ込み、眠ってしまいました。
しかし4時間くらいして目を覚ましました。それが夜中の1時くらいですが、そこから眠れないのです。疲れてるのに。
そのまま朝です。
昨日の疲労が全く消えない。
昨日の研修後と全く同じ状態のまま、そのまま、今日の研修に向かうことになりました。
電車に乗っても立っていることができません。
駅についても、ホームを歩くこともできず、待合室でしばらく座り込んでしまいました。
今日の研修は昨日と同じメンバーです。
皆さんと向き合う気力が本当に湧いてくるのか?
全く不安でした。

その私を少し救ってくれたのが、スタッフでした。
私の昨日のあまりの疲労度を見て、今日、「ブドウ糖」の粒(さっと溶ける飴のようなもの)を持って来てくれたのです。
その心遣いに少しホッ。
そして研修会場に着きました。
いつもなら皆さんのお顔を見れば、多少の元気は湧いてくるのですが、今日はそれもありません。
研修直前に皆さんの前に出て座っているときも、私の状態は全くよくなりませんでした。
お手上げ状態。
もう、どうすることもできない。・・・
降参です。
私は心の中でお手上げの、バンザイをしました。
すべてをあきらめました。

すべてをあきらめたとき、私の心の中に一つだけ残ったものがありました。
それは「向き合う」こと。
今の私にはもう何もできないけど、ただ、「向き合う」ことだけはしよう。
それしかできないが、それだけはやろう。
あとは、もう天に任せよう。

そう思って立ち上がり、皆さんと向き合い、皆さんに意識を乗せたその瞬間でした。
一瞬にして私は、復活したのです。
全くウソみたいに、一瞬にして体中にエネルギーが蘇りました。
その状況にビックリしている暇もありません。
あとは必死。
ただただ純粋に皆さんと向き合い続けました。
そうです。共創モードです。
真本音コミュニケーションがその瞬間に発生したのです。
あとはいつもの通り。
多くの新しいものが、その場で生まれました。
私の全く予想もしていない言葉が私の口から生まれ、予想もしていないやりとりが為されました。
あっという間に一日は終わり、終わったときには私は元気一杯。
心が満たされていました。
私はもとにもどれたのです。

もとにもどって初めてわかったことがいくつかありました。
そのすべてをここで書くことはできませんが、一個だけ。
やはり、私は私の中心から少しずれたところにいたようです。
つまり、ほんの0.001ミリですが、「ねがいのもと」からずれていました。
そのずれをあえて言葉に訳せば、
「私が、この研修をよいものにしてやろう」
「私が、皆に教えてあげよう」
ということになります。
そうです。いつもの私の悪い癖です。
もういい加減、なくなったと思っていた癖が、何かのきっかけで出て来たのですね。
そしてそのきっかけも、今は何となくわかります。
最近の私の研修、自分で言うのも何ですが、1ランク次元が上がったと思っています。
その、次元が上がったことに関して、要するに「いい気」になっていたわけです。
笑ってしまいますね。
そしてなんと、それを観ていた私の真本音は、わざと私の電源を落としたようなのです。
私の電源を落として、エネルギーゼロの状態をあえてつくり、研修中に私の「自我」が表に出るのを避けていたようなのです。
恐るべし、真本音。
そして、変な言い方ですが、恐るべし、私の真剣さ。

それにしても、昨日の私の真本音からのメッセージを思い出します。・・・・・

苦しさも
難しさも
すべて私自身がつくり出している
楽しさにこそ、価値あり

・・・・・
今となっては、胸に沁み入ります。
何という深い意味だろう。
そして今は、このメッセージに次の2行を付け加えたいと思います。・・・・・

ただ、向き合うこと
私は、それが楽し
posted by はーん at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

真本音からのメッセージ

今日は、ある大手企業様での研修でした。
朝から行なっていたのですが、午後3時を過ぎたくらいから、プツンと突然私の電池が切れてしまいました。
原因がよくわかりません。
何とか何事もなかったかのように6時まで研修を終えましたが、終わった後は、スタッフともまともに喋れないあり様でした。
セルフコーチングも満足にできなかった昔にはよくあることでしたが、最近では珍しいことです。

そんな中、私の真本音からメッセージが届きました。
以下の内容です。
・・・・・

苦しさも
難しさも
すべて私自身がつくり出している
楽しさにこそ、価値あり

・・・・
また何か、私は学ぼうとしているようです。



※「真本音」「反応本音」「ねがいのもと」について詳しく知りたい方は、
 こちらから無料レポートをダウンロードしてくださいね。

posted by はーん at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

真本音のビジネス

今日も朝一番に名古屋へ。
SCCねがいのもと講座ソーシャル・ステージでした。
今日からはまさに未開の大地を切り開いていくような内容でした。
つまり、本当の意味での初公開の内容。
どんな展開になるのか少し不安でしたが、思った以上にスムーズに進みました。
この講座、どちらかと言いますと一般向けというよりも「本格的に深くセルフコーチングの勉強をしたい」方々を対象としていましたが、ここまで行なってみてちょっと方向転換しようかと。
つまり、この講座こそ多くの方々にご体験いただいた方がよいのでは、と思うようになってきたのです。
ということで、この講座の内容を企業研修へも展開する構想を描こうかと思っています。

さて、講座後はトンボ帰りで東京へ。
夕方からは、ある経営者(Aさん)の3時間コーチングでした。
今日のコーチングは凄かった。
大袈裟ではなく、世の中を大きく動かすようなビジネスモデルが構築されようとしているのです。
Aさんの発想する一言一言は、驚くことにすべて真本音。
私の体、震える震える。
世の中を変える発想とは、このように始まるのだ、と思いました。



※「真本音」「反応本音」「ねがいのもと」について詳しく知りたい方は、
 こちらから無料レポートをダウンロードしてくださいね。
posted by はーん at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

やったるで!!

今日は大切な打合せが連発しました。
なぜ大切か?と言いますと、今日の決断が今後の展開を大きく左右するものばかりだったからです。
朝から随分と緊張していましたが、結果的にすべて最善の決断ができたと思います。
前もって考えて考えて考えて考えて考えて、・・・・そして頭の中を真っ白にして、その時その瞬間に決断する。
というやり方が上手く作用したと思います。

さて、私にとっては怒涛の11月です。
打合せをしていて気がついたのですが、この11月は研修や講座のない日が土日も含めて4日しかないのです。
あとは全部研修で埋まっています。
しかも東京と名古屋を行き来しながら、そしてダブルヘッダーを交えながらの強行スケジュールです。
では研修のない日は休めるかと言いますと、もちろんそうではなく、コーチングも含めてギッシリです。
真面目に、予定表を見ているだけで気が遠くなりそうでした。

でもよくよく考えたら、今年はずっとこんな調子です。
本当にありがたいことですね。
この仕事を始めた10年以上前は、なかなか仕事が増えず、経営的にもとてもとても苦労しました。
まるっと一年くらい、給料ゼロでヒィヒィ言いながら過ごしていました。
その時に思ったのですね。
「今にきっと、研修が多過ぎてヒィヒィ言うような状態をつくってやるぞ!」
って。
いつの間にか、そういう状態になってるんですね。
しかも、お客様はすばらしい方々ばかり。
研修の後には、必ず皆さんには喜んでいただいておりますし。
我ながらいい仕事をしているなぁ、とも思うし、いい仕事をさせていただけるお客様とスタッフに囲まれて、何という幸せ!!
体力と気力が本当に持つんだろうか?と不安になりながらも、一歩一歩に感謝しながら、全身と全心と全霊を込めて進んでまいります。

うぉっし! やったるでっ!!
posted by はーん at 02:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。