こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年04月30日

捨てること

進化のためには、これまで大事にし続けていたことを一度捨てる必要のあるときもあります。
絶対に捨ててはいけないものと、進化のために捨てるべきもの。
その見極めがとても難しいですね。

今年は判断の難しい仕事が多いです。
でも、さらなる進化へのチャンスでもありますね。
posted by はーん at 23:49| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そこへ行くだけ

心の中に真本音を見つけ、真本音に基づいて毎日を過ごし始めると、実に様々なことが起こるようになります。
それらはすべて自分自身の求める方向のできごとばかりなのですが、人生の密度が急に濃くなりますから、中には戸惑う方もいます。
今日のクライアントさんもそう。
自分のずっと望んできたことが、目まぐるしくどんどん実現していきます。
そのあまりの展開に、逆に不安になったりして。
でも大丈夫なんです。
すべての現実を、ただただじっと見つめましょう。
心の揺れに埋没するのではなく、いつもの場所に、・・・真本音の場所にただただ在り続ければよいのです。
心も現実も、同じように揺れ動いています。
それをただただじっと見つめ続けましょう。
すると、今一番必要な一歩がここに現れます。

そこへ、行くだけです。
posted by はーん at 00:02| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

問い

「地を這う育成をし続けたい」

・・・それが、この仕事を始めてから一貫して持っている私の気持ちであり、姿勢です。
そんな私自身を活かす経営とは何だろう??
posted by はーん at 00:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

楽しい食事

ある大手企業様の育成担当のAさん、そしてその部下のBさん、それにリスペクトのスタッフと私の4人で食事をしました。
最近は、お客様と食事をする機会が増えました。
というより、これまで全然なかったのが、不思議と言えば不思議です。
AさんもBさんも私の研修をすでに10回以上経験されています。
そしてお二人ともご自身の真本音にとても素直にお仕事をなさっています。
心に一貫性をお持ちなので、一緒に食事をしていてとても楽しいですし、向き合っているだけでパワーをいただけます。
真本音と真本音でお互いに何かを確認し合うような場となりました。

終わった後は、スタッフと打合せ。
なんか俺って幸せもんだよなぁ〜、って改めて思いました。
よい仕事とは、よいメンバーで創り上げるものなんですね。
当たり前のことですけどね。
posted by はーん at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

よ〜〜っし

今日も研修だ。
ドでかい研修だ。
よ〜〜っし、・・・

適当にやるぞ!!


それが最善の場を創るコツ。
それが真本音で生きる特権。
posted by はーん at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

少しだけ手応えを

A社様の新人研修5日目。
深い一日となりました。
皆さんの求めるものに合わせているうちに、通常の研修ではお話ししないレベルまで話は進みました。
感受性の深い皆さんです。
今回も会心の研修だったと言ってもよいでしょう。

うれしかったのは、研修が終わった直後に中国の方々が私の周りにいらっしゃり、
「とても良かったです。私の後輩の学生達にも、ぜひ受けてもらいたい内容でした。」
と、喜びのお声をくださったことです。
SCCはゆくゆくは海外に展開していく予定ですが、その手応えのようなものを少しだけ感じることができました。

皆さんが皆さんらしく活躍されることを、心よりお祈りしています。
posted by はーん at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

すばらしい

ある大手企業様(A社)の新入社員研修(グループコーチング)でした。
A社さんの新入社員研修は、実は4月中に計5日間も丸っと行ないます。
今日はその4日目です。
しかも2〜30名の新人さんのうち、3分の1が中国やモンゴルの方です。
そしてその中の半数ほどが、日本語が片言の方々です。
そんな皆さんに、今日は「ねがいのもと」出しのグループコーチングを行ないました。

言葉のわからない部分については、皆さん同士が協力し合い、ゆっくりゆっくりと進み、通常の1.5倍ほどの時間はかかりましたが、無事に全員の「ねがいのもと」が見つかりました。
それにしても、すばらしい新人さん達です。
私共のスタッフも言ってましたが、全員が存在感を発揮しています。
これだけのすばらしいメンバーを採用された人事の方々も、そしてこれだけのメンバーを惹きつけるA社もすばらしいですね。

明日は研修5日目、最終日です。
ちょっと寂しいですね。
posted by はーん at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

本当に・・・

本当にこれでよいのだろうか?

その自信のなさが、

確信を生む。


・・・真本音で生きる人の特権です。
posted by はーん at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一貫性

一貫性って、とても大切だと思います。
人も組織も、一貫性が取れているかどうかで、すべての明暗が分かれる時代になったような気がします。
真本音で生きる、とはまさしくこの一貫性につながります。
一貫性とは無理につくることは、残念ながらできません。
心が自然状態になればなれほど、自然にとれてくるもの、それが一貫性です。

最近の私の心の状態で言いますと、実はこの一貫性のとれていない部分、少しでもずれている部分があると過剰なまでの違和感と苦しさを感じるようになりました。
それだけ物事の判断や選択をするのが楽になったと言えなくもありません。
と同時に、あぁまだまだ私は、自分の中で誤魔化しながら生きてきた部分があるなぁ、と気づきました。
その、誤魔化していた部分を私はありのままに観ることにしました。
そして、一貫性のとれる選択をし続けようと、決意を新たにしました。

私がそのように変化するだけで、実はコーチングの質そのものも少し高まったような気がします。
今日も一日コーチングをしていましたが、クライアントさんの気づきの深さに変化が見られました。
やはりある意味、コーチングとは恐ろしいものです。
コーチの心の在り方がダイレクトにクライアントさんに影響するということですからね。

一貫性を持ったコーチを育成したい。
もしくは、一貫性が高まり続ける、成長進化し続けるコーチを育成したい。
SCCの願いです。
posted by はーん at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

365日休まずに

脳外科の福島孝徳先生って知ってます?
「神の手」とか「ゴッドハンド」と呼ばれている、カリスマ外科医の先生です。
ちょっと前ですが、あるテレビ番組に先生が出られていました。

先生について詳しく私は存じ上げていないのですが、番組の中でのご本人のお話によると、一年365日、一日も休みなく手術をなさっているそうなんですね。
そのお話を聴いてわたくし、心底うらやましいなぁ、って思いました。
私も一年365日、一日も休みなく、研修やコーチングをやってみたい。
でも残念ながら、今の私にはそれだけの力はありません。
もしそんなハードスケジュールでいつもの研修を行なったら、どこかで必ず精神的にも肉体的にも壊れてしまうでしょう。
まだまだ私には修行が必要です。
でももし目の前に神様が現れて、
「これからお前が死ぬその日まで、一日も休まずに研修とコーチングをし続ける人生がよければ差し上げるが、どうする?」
と問われれば、迷わずにその人生をいただくでしょう。
福島先生のような仕事の仕方ができる自分になるのが、当面の目標ですね。

さて、そんな福島先生の話を加藤にしたところ、加藤も
「うらやましい。私も休みなくコーチングできる自分になりたい!」
・・・ということでした。
全く同じ反応というのが、笑えました。

posted by はーん at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

いいセッションだ

今日も先週に引き続いて、名古屋にて「SCCねがいのもと講座」体験3時間コースでした。
そして先週と同じく、加藤がインストラクターをして、私は事務局でした。
で、さらに先週と同じく、私もセッションに参加しました。

先週と全く同じセッションなのですが、一つ一つ出てくる発想は全く違いました。
そしてやはり、真本音の一言に行き着きました。
先週とは違う一言に。
ザワッと体の芯が震えました。

しかし創った自分が言うのもなんですけど、いいセッションですなぁ。笑
だって、何回やってもその都度、新たな発見がありますし、心スッキリしますもんね。
「SCCねがいのもと講座」は、そんなセッションばかりを取り揃えておりますので、よかったら、皆さんも参加してちょーだいね。
posted by はーん at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

真本音状態

ある経営者Aさんのコーチング。
Aさん、もう完全に真本音状態。よどみゼロ状態です。
ですからすべて確信のもとに動いています。
そしてビックリするような事業展開が立て続けに起こっています。
Aさんのコーチングは月に1度ずつですが、この1ヶ月で、私が目をまん丸くするくらいの展開が、これでもか、これでもかと起こったのです。
かと言ってAさん、気分が高揚しているわけでもありません。
極めてニュートラルに、淡々と、事実をありのままに語るだけです。
肩に力も全く入っておらず、フツーのことをフツーに語っているだけです。
Aさんの話を聴いているだけで、こちらの心も洗われるようで、スッキリです。
真本音で生きている人とは、だいたいこういう状態になります。

なぜ、私は研修やコーチングをさせていただくのか?
それは、Aさんのような方を一人でも多く輩出するため、だと言えます。
「輩出」と書きますと、なんだか私がすべて行なっているような言い回しですが、当然そういうことではなく、私はただその方の心が真本音の場所にもどるサポートをしているだけです。
そして真本音状態(・・・本当はこの言い方も不自然です。真本音状態とは、人間の心が最も自然体になっている状態と言えますから。)になった方と向き合うことで、私自身もパワーをいただきます。
そしてそのパワーをまた別の方に伝播するのです。

改めて、幸せなお仕事をさせていただいております。
posted by はーん at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

生意気

今から17年前、24歳のとき。
私は、ある経営塾に所属しました。
一人のカリスマ経営者が始めた実践型の経営塾です。
初めて私がその塾に参加した日は、そのカリスマ経営者の先生の講演でした。
その講演が終わった後、塾生である私達が気づいたことや感想を発表します。
私は初めての参加でしたので、一番最初に当てられました。
「では、今日初めて参加した竹内君、感想を言いなさい。」
ちょっとビックリした私は立ち上がり、とっさにこう答えました。

「私の方がもっと、よい講演ができます。」

笑笑笑。
今から考えると本当に生意気で失礼なヤツでした。
物事の分別もなく、経験もなく、浅はかでしたが、でも自分なりに「何が正しいか」を必死で考え、大真面目に生きていました。
おかげで、本当に多くの人達からバッシングを受けましたし、鍛えられました。

そんな当時の私を彷彿とさせる、20代の若者と今日は向き合いました。
まっすぐに私を見て、自分が納得いくまでとことん自分なりの意見をぶつけて来ます。
経験も実績もないくせに、生意気です。
でも当時の私よりは全然できが良いです。
なぜなら、彼は自分の意見も言いますが、私がしゃべっている間は決して話に割り込まず、必ず私の話を聴き切りました。
私を尊重しながらも、しっかりと自分も折れずに意見を言う。
そういう若者には、私はとことん向き合いたいですし、そういう人をこそ、大切にしたいな、と思いました。
posted by はーん at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

向き合ったもん勝ち

ある大手企業様(A社)の経営幹部の方々と、リスペクトのメンバーとで、打合せ兼食事会をしました。
A社さんは今、大きな岐路に立っています。
その大事な時期に、かなり大がかりなサポートをさせていただくご依頼を受けました。
これまた、これまで行なったことのないパターンの研修(グループコーチング)になります。
ありがたいことに、3回ほど、テスト研修も行なってくださるとのこと。
A社さんとは、もう4.5年のお付き合いですが、こういったやりとりの中から、これまでどれだけ新しいものが生み出されてきたことか。
A社さんの存在がなければ、私達はここまでのノウハウを積み上げることはなかったのではないかと思います。
感謝ですねぇ。

食事会は盛り上がりました。
とても楽しかったです。
食事会が終わり、さらにリスペクトメンバーだけでの打合せをし、終電で事務所(私の隠れ家)までもどって来ました。
もの凄い雨が降っています。
降りしきる雨の中、歩いていますと、ズボンなんかはすぐにビショビショです。
前を見ることができないくらいの激しい雨・・・。
こういうお仕事をさせていただいていますと、本当に様々なことが降りかかってきます。
歩きながらふと、私はいつもこうやって大雨の中を歩いているようなもんだな、と思いました。
激しい雨にさらされると、ついつい足元ばかりを見てしまいます。
前を向くのが億劫になります。
でも、こういう時こそ、胸を張って前を向くとよいですね。
つまり、現実と胸を張って向き合うこと。
最善の道が開かれるかどうかは、現実と向き合えるかどうかに、すべて、・・・そうすべてかかっていると、私は断言できます。
現実と向き合ったもん勝ち。
目を見開いたもん勝ち。
それが、道を開く生き方であり、真本音で生きるということだと思います。
とは言え、私も弱いですからね。
ついつい目をつぶりながら、逃げるように歩いてしまう時もあります。
怖いですね、現実は。
怖いですね、人生は。
でもやはり、向き合ったもん勝ちなのです。
posted by はーん at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

コーチングの終わり

ある大手企業様の7人の次期幹部社員さん達の個別コーチングを、半年間続けてきました。
毎回面談で一人1時間ずつ。
一日かけて一気に7人行なってきました。
全10回。
その最終日が今日でした。

よいコーチングでした。
皆さん全員が、真本音か、もしくはそれに繋がる状態になりました。
力を込めるわけでも、構えるわけでもなく、ニュートラルに淡々と、
「もうこのままやっていきますから。」
という感じの終わり。
「楽しかったね。」
という感じの終わり。

「すばらしいコーチングでした! コーチのおかげで私はこんなに変わることができました!」
・・・と、クライアントさんに言われるコーチングは、私は2流だと思っています。
そうではなく、あくまでもクライアントさんが自分の力で、自然体で歩み続ける。
コーチは、スッといなくなる。
それが理想のコーチングだと思っています。
そういう意味で、理想に近い終わり方ができて、私はとても満足です。

というわけで、今日も自分にご褒美。
ウルトラマンの漫画を買ってあげました。
posted by はーん at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

宇宙的広がりの・・・

私はいつも音楽を聴きます。
多くはジャズばかりです。しかもマイルスが多いです。
マイルスの音楽は、私の真本音を直接刺激しますから、研修やコーチングの前にも後にも、お昼の休憩中にも、そして夜寝るときにも流しています。
私にとっては、なくてはならないものが音楽です。

さて、なくてはならない音楽をどこでも聴けるためになくてはならないものが、イヤホンです。
私はいつも、超お気に入りのイヤホンを使っているのですが、それは私の大好きなメーカーの創った2万円くらいするヤツです。
ところが、そのイヤホンの音が突然、片方だけ鳴らなくなってしまいました。
どうやら接触不良のようです。
いつでもどこでも持ち運んでいたものですから、ちょっと乱雑に扱い過ぎたかな。
いずれにしても私としては相当のショックでした。
恐らく修理に出せば時間がかかるでしょう。
そんな時間は待てない。
そう思った私は、同じイヤホンを買うために新宿の家電量販店に寄りました。
ところが、そのイヤホン、在庫切れだそうで。
しょ、しょ、しょ、しょ、ショック・・・。

しかしよく見ると、同じメーカーの新しいイヤホンが売り出されています。
6千円くらいですから、前のよりはランクは落ちますが、あぁこれでもいいかなぁ、と思えました。
そこで、その新製品を買いました。
そしてさっそくそれで音楽を聴いてみると・・・、
おぉ、なかなか良いではないですか!
重低音の響きでは、さすがに前のものにはかないませんが、中音から高音が気持ちよく広がります。
透明な音。
まるで宇宙の広がりを思わせます。
マイルスの音楽も喜んでいます。

一気に気分スッキリ。
心はハッピーです。
これで心置きなく、仕事に向かえます。
posted by はーん at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりの参加

今日は名古屋で、久しぶりに「ねがいのもと講座」の体験3時間コースに出ました。
私がインストラクターをするのではなく、加藤がしました。
加藤の講義を聴くのも久しぶりです。
そしてさらに、わたくし、受講生のつもりで、セルフコーチングセッションも行なってみました。
セッションでは、とても大きな気づきがありました。
私の中から真本音の発想が生まれ、それが出た瞬間に、体の中心部分がゾワーっと震えました。
とても心、スッキリ。

加藤のインストラクターぶりも、やはりすばらしかったです。
今日は9名のうち、8名の受講生さんが女性でした。
女性には女性のインストラクターがよいのだなぁ、と実感。
私が講座を行ないますと、どうしてもちょっと重くなります。
その重さは、企業向けの研修ではとても有効に働くのですが、今回のような公開講座で、しかも女性の皆さんが対象になりますと、加藤の良い意味での「軽さ」がツボを突きます。
まぁこの辺は、役割分担なんでしょうね。

いずれにしても、軽くても重くても、本質につながる深さは大切にしたいですね。
posted by はーん at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

神様、どうか!

恐らく表面上は穏やかな研修だったでしょう。今日は。
でも、私の内面的には波乱万丈の一日でした。
最近は、そういうのが多いですなぁ。
でも特に今日は激しかった。

昨日に引き続いての、新任経営職研修(グループコーチング)。
朝の私の最初の一言目から、すでに予想外の展開となりました。
そして午後4時くらいだったでしょうか。
わたくし、完全なお手上げ状態になったのです。

これまでも意図的に自分の思考をストップさせ、その場に身を任せ、直観モード(共創モード)を引き出す、という展開は数多くありました。
しかし今回は、意図的な自己コントロールが全く効かなくなってしまいました。
ここ数年ではとても珍しい、・・・というか、ひょっとするとSCCを立ち上げてから初めてかもしれませんが、次の展開をどうすればよいかの糸口が見つからない、全くのお手上げ状態になったのです。
こんなことを書くのはどうかと思いますが、正直に言いますと、いったんはこの研修のことを諦めかけました。
「もうダメだ。こうなったらそれなりのレベルにまとめて終わるしかない」と思った自分がいました。
でも当然それは反応本音に過ぎません。
それを私自身が許すわけもなく、全く思考も直観もストップしたまま、とりあえず休憩時間をとりました。
休憩中、いつもなら何らかの発想が浮かぶはずなのですが、それもならず、ついには私は窓から青空を見上げながら、神様にお祈りするしかなかったのです。

「神様、どうか皆さんが真本音で現実と向き合っていけますように。そのための最善の展開ができますように!」

これ、ホントに最後に私のできる唯一のことでした。
それだけ追い詰められました。
でも結果として、このお祈りが効いたのか、良い意味で私の力が抜けたようです。
つまり、「あぁ、もう自分は人智を尽くしたなぁ」と思えたのです。
「やれることはすべてやった。あとは、天命を待つのみ。」
と思えたのです。
休憩後、皆さんの前に全くの白紙状態で立った私は、体が動くままに、口が喋るままに任せました。
そのおかげでようやく、真本音が発動したのでしょう。
自分でも考えたこともない新しい展開が生まれ、結果として、とても満足の行くグループコーチングとなりました。
おかげで、またグループコーチングの展開に、新しいやり方が加わりました。
今までも現場の中でノウハウは生み出されて来たのですが、今回ほど追い詰められた展開はなかったのではないでしょうか。

研修後にスタッフといつものように振り返り会をしたのですが、どうやら私自身がずっと追い詰められていたことは、スタッフすら気づいていなかったようで、ホッと一安心。
私にとっては良い経験になりましたし、ご参加の皆さんもとても喜んで研修を終えられたので、実りのある二日間でした。

よくやったぞ、オレ!
と自分に何かご褒美をあげたくなったので、帰りは新宿に寄り、ウルトラマンのDVDを2本も買っちゃいました。
posted by はーん at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

味のある

今日は、ある大手企業様(A社)の新しく経営職になられた皆様の研修型グループコーチングでした。
昨日までとは打って変わり、人数は8名。
しかも役員会議室。
環境も雰囲気も全然違います。
でも、行なうことはいつもの通りの「ねがいのもと」出しからです。
ご参加のある方が途中で、「想像していた研修と全然違ったな」と言われていました。
「経営職とは、こうあらねばならない」ということを教えられる研修だと思われていたようです。

それにしても楽しかった。
皆さんの真剣さもさることながら、個性が面白いのです。
こんなこと書くと失礼ですけど。
A社さんでのお仕事は2年目に入ったところですが、いやぁ何と言いますか、味のある方の多い会社ですね。

明日は予測不能の2日目です。
予測不能なのを楽しみたいと思います。
posted by はーん at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二つの幸せ

今日も新入社員グループコーチングでした。
昨日と同じ企業様(A社)ですが、参加メンバーが違います。
昨日とは違う新人さん達が7〜80名。

A社の研修センターは、ある駅から徒歩で10分以上かかるところです。
電車を降りて駅前に出ますと、A社の新入社員さんとおぼしき人達がずっと列を作って歩いていました。
私も彼らに混じって歩きます。
当然その時点では、彼らは私が今日の研修の講師であることはわかっていません。
「これから私はこの人達と一日向き合うのだ。
真本音のメッセージを投げ続けるのだ。
そして、この人達の『ねがいのもと』を見つけるサポートをするのだ。」
そんなことを考えながら彼らと一緒に歩いていると、なんかちょっと可笑しい気分になってきました。

グループコーチングは昨日とはまた違った雰囲気で進みました。
彼らの「ねがいのもと」を出すための最後のセッションに入ったとき、ふと私は自分自身の中に、とても深い願いが存在していることに気がつきました。
あぁ、私は本当に心の底から彼らの最善の「ねがいのもと」が見つかることを願っているんだ、・・・ということを実感しました。
そして、彼らの「ねがいのもと」が出る直前に、私はほとんど半泣き状態になりました。
(皆さんにはわからないようにしましたが。)
とても幸せな気持ちになれました。

グループコーチングが無事に終わり、A社の研修担当のBさんと二人で食事に行きました。
私としては珍しいことです。
お客様と一緒に食事に行くこと自体が少ないのですが、今日はそれだけでなく、仕事を超えたお話しをすることができました。
リスペクトのメンバー以外の人と、そういうお付き合いをしたのは、何年ぶりでしょうか。
「先生」とか「コーチ」という役割を横に置いて、人間対人間として純粋にお話しができました。
とても楽しかったです。
そして、とても幸せでした。

今日は、二つの大きな幸せを感じられた気持ちの良い一日でした。
posted by はーん at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする