こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年08月07日

新幹線の気づき

私は昔から、なぜか新幹線に乗っているときに、いろんな気づきを得てきました。
きっとボーっとしているうちに、それまで頭で考え続けていたことが整理されるのでしょう。
ハッと驚くような気づきが多いです。

今日も、そんな気づきが一つありました。
まだあまり詳しく書ける段階ではありまぜんが、その一部だけを少し紹介します。
それは反応本音についてです。

反応本音には2種類あることに気づきました。
一つは、真本音から生まれる反応本音。
もう一つは、真本音と心の中心のズレから生まれる反応本音です。

これだけの説明じゃ、わかんないと思いますが・・・。
実はこれ、相当大きな気づきです。
これでまたさらに、大きく視野が開けました。

ここ1~2ヶ月間で、セルフコーチングの手法は、大きく深化し続けていますが、
この気づきは、さらに新たな扉を開けてくれそうです。


posted by はーん at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

現象と向き合う

今日は一日、営業活動や打合せやコーチングや、そして最後は珍しくもリスペクトのメンバーとの飲み会や、・・・というわけで、慌ただしく過ぎました。
飲み会はあったのですが、私は残念ながら、今はお酒をほとんど飲めません。
何年か前に、仕事のやりすぎ(?)で体を壊したことがありまして、それ以来、体がアルコールを受け付けなくなってしまいました。
それまでは、毎日必ず飲んでいたんですけどねぇ。

さて、それはともかく、今日は一つの気づきがありました。
それは、今後の私のテーマです。
こんな言葉が浮かんで来たんです。

「人と向き合うは易し。
 現象と向き合うは難し。」

意味はよくわかるような、わからないような。
でも何となく、「なるほど」とスッキリ。
まだまだ私の修行は続きそうです。
posted by はーん at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

反応本音達

人は誰もが、苦しみを抱えて生きています。
そして誰もが、喜びを求めて生きています。

苦しみも喜びも、・・・つまりはいわゆる反応本音達は、私達の心の中にいっぱいに満ち溢れています。
反応本音達は、いつもいつも湧き続けます。
あるものは極限まで大きくなり、またあるものは自然に消滅し、そしてまたあるものはそのままの大きさで長くそこに留まり続けます。
反応本音があるからこそ、私達は人間として生きることができます。
幸せも不幸せも、反応本音があるからこそ、感じることができます。

反応本音とは、どこから生まれるのでしょうか?
もちろん、現実との関わりの中で生まれるのですが、出所はどこなのでしょうか?

どうやら反応本音達は、真本音から生まれるようです。
それはまるで、真本音から分離するかのように。
海から水分が蒸発し、雲を作るように生まれるようです。
雲は長くそこに留まることもありますが、ゆくゆくはすべて消え去ります。

では、どこに消えて行くのでしょうか?
そうです。
海にもどるのです。
つまりは、真本音にもどっていくようなのです。

これ、最近の大きな気づきです。

では、なぜわざわざ真本音から分離し、反応本音などというものを作る必要があるのでしょうか?
分離して、統合して、分離して、統合して、・・・を繰り返す必要があるのでしょうか?

どうやら、その循環こそがエネルギーを生み出すようなのです。
講座でもよく申し上げることなのですが、世の中はすべて循環で成り立っています。
季節も生態系も血液も景気の流れも、すべて循環です。
なぜなら、循環には力があるからです。
循環があるからこそ、そこに「進化」が生まれるからです。

人の心も同じです。
循環があるからこそ、そこに進化と成長が生まれます。
だからこその、反応本音です。

人生には、もちろん楽しいことや幸せなことはいっぱいありますが、
でもやっぱり、人生は苦しいことも多いですね。
つらいことも多いですね。
でも、その苦しさやつらさを感じさせる反応本音達を私達は大切にしましょう。
それを打ち消すのではなく、それがあるからこそエネルギーが生まれるのであると信じ、
その反応本音達と向き合いましょう。

するとそれにより、真本音と反応本音のコラボレーションが生まれ、
そこに最善の道が見えてくるのです。
posted by はーん at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

本気の種

本気になれる目標が見つかれば、人は本気になれます。
当たり前のことですね。
そして、本気になれる目標が見つかるためには、「今」自分が本当に望む「生き方」をしている必要があります。
今の「生き方」が、自分の望むものではない場合、残念ながら、本気の目標は見つかりにくいです。
つまり、「今」を大切にし、「今」を充実させることにより、未来が開かれます。

だからこそ、SCCは「ねがいのもと」を大切にしています。
何年か前までは、企業研修では「ねがいのもと」のことを「本気の種」と呼んでいる時期もありました。
人は「本気」になれたとき、人生の充実や幸せを感じやすくなるのです。
posted by はーん at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

コア・ステージ修了

「SCCコーチング講座」のコア・ステージ夜クラス全10回が修了しました。
今年から、コーチング講座はカリキュラムを大きく変えました。
「コーチング力をつけるための長い講座」を二つのステージに分けた、というのが昨年までの講座イメージです。
が、今年からは「日常生活でコーチング的なコミュニケーションを取り入れる」ためのコア・ステージと「本格的なコーチング力を養成する」ためのソーシャル・ステージというように、かなりメリハリをつけ、二つの講座が1セットになっている趣です。
その結果として、コア・ステージだけで一つの完結された世界を創ることができました。
私共の理想とする講座に、より一歩近づけたと思います。

今日は受講生さん達に、これまで学んだことや、自分の変化したことなどをコーチングし合い、挙げていただきました。
皆さん結構、いろいろと変化をされているんだなぁ、と感嘆しました。

「コーチング講座」のコア・ステージは終わりましたが、このメンバーではさらに先に進みます。
来週からは「ねがいのもと講座」のコア・ステージが始まります。
これは、セルフコーチング力をつけるための講座です。
コーチング力とセルフコーチング力を共に高め合うことにより、本質的コーチング力をつけていただくのが、私共の講座の特長です。

まだまだ先は長いですが、楽しんでまいりましょう。
posted by はーん at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

毅然5 〜人の心がスッキリするとき

人って、面白いんですよ。
例えば、何か自分にとって辛いできごととか、面白くないできごとがあったとしますでしょ。
そしてそれをどう解決すればいいか、ムシャクシャした自分の心をどうもとにもどせばいいかがわからなくなったとしますでしょ。
そして必死に解決の道や打開策を探して悩むわけです。

そういう場合、どんなことが起こると心がスッキリすると思います?

解決策や打開策が見つかったとき?

そう、それも確かにあるんですけどね。
でもそれ以上に、
「今、自分にはどんなテーマが投げかけられているんだろう?」
「今、自分が向き合うべき課題は何なのだろう?」
ということが、ピンポイントで見えたとき。
そのときその瞬間、すご〜く心がスッキリするんですねぇ。

逆に、心がスッキリしていない場合は、まだ本当のテーマが見つかっていない、ということも言えると思います。

面白いですねぇ。
解決策も打開策も、まだ全然見つかっていないのにね。

コーチングやっていていつも感じる人間の面白さです。
そう考えると、私達人間って、本質的には成長・進化し続けたい生き物なんでしょうね。
そうか。
生き物なんだから、進化をし続けたいと思うのは、当たり前か。

そして、自分の進化につながるテーマに真正面から向き合ったとき、
人は、間違いなく毅然としてますね。
posted by はーん at 02:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 毅然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。