こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年09月10日

40年経ったとしても

今日たまたまニュースで見たのですが、ビートルズのCDが最新のリマスター技術によって良い音で生まれ変わったそうなんですね。
で、今日だか昨日だかがその発売日で、世界中がまたビートルズブームで沸騰しているのだとか。
以前のブログでも書きましたが、たまたま私も最近初めてビートルズを真面目に聴き出していまして、その素晴らしさを実感しているところです。
私はビートルズに関してはズブの素人ですので詳しいことはわからないのですが、私なりに耳を澄ませて聴いていますと、やはり感じ取れるのは彼らの創造性とかパイオニア精神ですね。
なんか最後の方はみんな仲が悪くなってしまい、レコードの録音もバラバラに行なったという逸話も聞きましたが、そういう時のレコードにこそ彼らの真本音の力を感じたりします。
道なきところに道を創るというその在り方に、私は大共感です。
そういう音楽は40年経ったとしてもブームが起こるんですね。

やっぱりSCCの仕事も、そう在りたいものです。


posted by はーん at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

凝りを取る

肩が凝るように、私達の心も凝ります。
心の中で無理をしていること、心の中の不一致を起こしていること、外部からの影響によるストレス、・・・様々な要因によって、心は“凝り”をつくります。
私は体質的に、目の前の人の“心の凝り”が伝染しやすいようで、すぐに「もらって」しまいます。
その人と会話をしているときは何も感じなかったとしても、その人と別れてから、妙に体に苦しさを感じたりします。
その苦しさは“心の凝り”をもらったときの独特の感覚があります。
またもらっちゃったな、といつも苦笑いします。
でもおかげで、その人の心の状態が図らずもわかることになります。

伝染した“心の凝り”は、いつも事務所に帰ってから、セルフコーチング法をすることにより解消します。
でも時々、とても激しいヤツをもらったりすると、その解消に時間がかかることもあります。

私の体に感じる“心の凝り”。
その状態が、その人とその組織の潜在意識面での現状把握に直結します。
ちょっと私自身は苦しいのですが、よいバロメータとして、いつも活用しています。

今日も何人かの人に会いましたが、“心の凝り”をひどく抱えながらも、それでも前向きに頑張っている人がいました。
伝染した“凝り”の大きさで、それがわかりました。
その人の心の苦しみを私が代わることは当然できませんが、でも本当に心から応援したいです。

心の凝りを取る“心のマッサージ”。
それが私の役割の一つであると、認識しています。
posted by はーん at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

統合完了

半年前、「本来の自分がどこかに行ってしまった。」という状態から始まったAさんのコーチング。
今日、ようやく「本来の自分」がもどって来ました。
私の目の前でカチッと統合。
その瞬間、空気が一変しました。
こちらの心も一気に安定します。

「今の気分は?」
「なんか、フラットな感じです。やっとこれからスタートする気分です。」
・・・ふむ。
本当にもどったようですね。
よかった、よかった。

真本音と反応本音の統合の瞬間でした。
posted by はーん at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

真本音の辛さ

真本音で生きるようになったからと言って、人生で辛いことがなくなるわけではありません。
楽しいことも辛いことも、いつものように起きて、いつものように去って行きます。
もちろん、辛いことがあったときには、とことん落ち込むこともあります。

「じゃあ、わざわざ真本音を探し出す必要なんてないじゃないか。」
と言われそうですが、それが違うのです。
真本音の人生を生きていて良かったと、心底思えるのは、実はその辛いことがあったときなのです。

泣いているのは、反応本音だけ。
それが、実感としてわかるからです。
真本音は、いつもニコニコと微笑んでいます。
なぜなら、すべてが真本音の意志として起きていることだからです。

ですからどれだけ辛いことであっても、その辛さは「浅いもの」。
大きな辛さであっても、決して深くはなく、「浅い」のです。
感情的には右往左往しても、心の根底は、ゆったり悠々、そして堂々と居座っています。
・・・ということが、何となくわかります。
心の表面ではダメージを負ったとしても、魂は全くダメージなし、どころか、さらに輝きを増すのです。
それを誰よりも自分自身がよ〜くわかっていますから、どんなことがあっても、心の奥では満たされている気がするのです。

そして当然のことですが、真本音で生きている結果として手に入る喜びは、それはそれは「深い」ものです。
ヤッホ〜!!と跳びはねるようなものとは違いますが、心の芯から湧き出でる、心温まる喜びです。

真本音で生きたとしても、楽しいことも辛いことも、いつものように起こります。
でも、それは反応本音のみで生きる場合とは、本質的に全く違うものなのです。



※「真本音」「反応本音」「ねがいのもと」について詳しく知りたい方は、
 こちらから無料レポートをダウンロードしてくださいね。
posted by はーん at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たまりません

「ねがいのもと講座」が楽しいです。
皆さんの個性が、だんだんと際立ってきました。
今回は20代の受講生さんが二人いるのですが、最近の20代は本当に面白いねぇ。
昨日の企業研修でも感じたことですけどね。

何と言うか、天然の真本音人間の割合が多いような気がするのですよ。
それでいて本人は全くの無自覚。
それがだんだんと自覚し始め、さらに本来の自分を出し始める。・・・

その醍醐味がたまりませんなぁ。
posted by はーん at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

地殻変動

今日もいつものように研修でしたが、気づきが一つありました。
自分の中の「何か」が高まっている気がしていましたが、その「何か」が何か、ちょっと観えて来ました。
それは、あえて言葉にすれば、皆さんの「魂と向き合う力」・・・となるでしょうか。
「心と向き合う力」ではないんです。
それではちょっと違う気がします。
一番しっくりくるのが「魂と向き合う力」ということです。

それにより、私の研修、恐らく大きく変わり始めている気がします。
表面上はきっとその変化は現れていないでしょうね。
でも、地中深くでは地殻変動が起きているのではないかな。
そんな実感が今日も大きかったです。

そして研修後の夜は、ある経営者の方とお会いしました。
その方をお会いするのは2度目なのですが、きちんとお話しするのは初めてです。
運命、というよりも宿命を感じました。
どうやら、私の人生そのものも地殻変動を始めたようです。

posted by はーん at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

貴重な体験

やはり、自分自身の何かが9月1日から変わった、という実感を今日も得ました。
今日は、9月に入って初めての企業研修。
一日みっちりと研修型グループコーチングを行ないました。
研修が始まり、ご参加の皆さんと向き合い始めたその瞬間から、もうすでに自分の変化に気づきました。
上手く表現できないのですが、何かがパワーアップしている気がしました。

想い起こすのは、8月31日のブログで書いた新幹線での事件。
やっぱり直接のきっかけは、それかな。
その事件により、人生の願いにつながるかもしれないビジョンらしきものが浮かんだのですが、どうもそれが大きな影響を与えているようです。

真本音と「人生の願い」。そして「何か」のパワーアップ。
それらのつながりを実感する貴重な体験をさせていただいている気がしてなりません。
しばらくは頭で考えるのはやめて、あるがままに一日一日を体験し続けてみたいと思います。
posted by はーん at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何かが変わった

今日の午前中は、SCCの今後のビジネスパートナーとなるかもしれない重要人物との出会いがありました。
午後は、リスペクト主催のセミナーを、初めて取り組むテーマで開催しました。
一日終わると、今朝の自分が大昔の自分に思えるくらいの気分です。

この感覚、懐かしいなぁと思っていましたら、思い出しました。
SCC創設当時、私が初めて自分の真本音を見つけ、真本音に基づいた人生を歩き始めた頃の感覚です。
人生の密度が一気に数倍くらい濃くなったような感覚。
それがまた甦って来たようです。

明らかに9月に入ってから、何かが変わりました。
その何かが何か? はもう少し時間をおいて、ゆっくり客観的に分析したいと思います。

posted by はーん at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

展開の始まり

昨日のブログで、私は自分の人生の願いにつながるようなビジョンを得た、ということを書きました。
すると今日、思わぬところから、もう新たな展開が始まりました。
面白いですね。人生の展開というのは。
心の状態がそのまま人生を創る、というのは、こういうときにこそ実感します。

もちろんまだ具体的なことは書ける段階ではありません。
でもひょっとすると、今後の私の研修展開について、新たな流れを創り出せる「かも」しれません。
まだ、「かも」です。笑

なんかやはり昨日から、観えている世界が変わっている実感です。
世の中の空気が入れ替わった感覚です。
明日以降の研修で、それがどのように影響するのでしょうか。
posted by はーん at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。