こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年10月31日

セミナールームにて

今、本日の講座が終わり、一人セミナールームにいます。
今日もコーチング講座のダブルヘッダーでした。
最近は、ダブルが多いですね。
昼のクラスと夜のクラス、全然雰囲気が違うので、笑ってしまいます。
久しぶりにお会いできた受講生さん達もいました。
今日もたくさんの嬉しいことがありましたね。

さて、その中でも一番嬉しかったこと。
それは、夜のクラスで、ある受講生さんが真本音の一言を発したのです。
その瞬間を、新受講生さんが気づいたこと。
「あっ、今、空気が変わった」
というのが、わかったということです。
これは嬉しかったですねぇ。

人は、ほんのわずかな瞬間かもしれませんが、真本音の一言を発します。
その瞬間を捉えられるコーチであってほしい。
それが私共SCCの願いです。
でもそれは何ら難しいことでも特別なことでもありません。
人との向き合い方さえわかれば、誰もができることです。
誰もができることを、誰もに伝えていきたい。
それもSCCの願いなのです。
posted by はーん at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

トライアル研修

今日は、ある大手企業A社様でのトライアル研修でした。
トライアル研修とは、私の研修を人事教育担当の皆さんに受けていただき、私共の研修を自社に取り入れていただけるかどうかのご判断・ご評価をいただく場です。
要するに、営業のプレゼンとして、研修そのものをご体験いただくわけです。
「ねがいのもと」探索のセッションを中心に、真本音・反応本音という視点からの主体性開発・信頼性開発の解説をしました。
一日行ないましたが、最後は皆さんからのご意見をいただきながらディスカッション。
大変、ご好評をいただきました。

それも嬉しかったのですが、それ以上に私はA社の皆さんと出会えたことに、とても大きな喜びを感じていました。
一言で言いますと、「なんじゃこりゃ〜!」。笑
A社の皆さんは、なんだかとても特殊なのです。
普通とちょっと違うのです。
こんな書き方をすると、とても失礼なのですが、心の根底に、何かとっても温かいものが流れているのです。
ですから、「ねがいのもと」セッションの感度も良好。
皆さんの反応が、とても楽しかったです。

A社様と、長い関わりを持てるといいなぁ〜。
posted by はーん at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

真本音にもどろう

真本音を中心に毎日を過ごすようになっても、人生には想定外のことが数々起こります。
そして、心の許容範囲を超えてしまうと、ある瞬間から自分の真本音を忘れてしまうか、もしくは、真本音が何かを見失ってしまうことがあります。

今日は、一年ほど前にコーチングを終えた、ある企業の幹部社員Aさんの単発コーチングでした。
ご連絡が入り、「最近、ちょっと私、おかしいんです。一度だけコーチングしていただけませんか?」とのことでした。
実は、こういうパターンは、よくあります。

でも、安心です。
一度、自分の真本音を見つけ、それを中心に毎日を過ごすという習慣が身に付いた人は強いですよ。
私共のセミナールームに来られた瞬間のAさんは、本当に疲労困憊したお顔をされていましたが、向き合ってお話を始めて10分か15分後くらいには、もうキラキラしたお顔にもどられました。
そして、私が何も申し上げていないのに、勝手に自分で喋り(失礼!)、勝手に自分で答えを見つけ、勝手に元気になられました(本当に失礼!)。
なんか笑えますよね。

でも、Aさんの目の前にある現実は、本当に厳しいのです。
よく頑張っていらっしゃるなぁ、と感動します。
しかし、Aさんの現実は、Aさんのもの。
Aさんの人生のものです。
それに向き合うのはAさんご自身。
お帰りになる、Aさんの背中を見て、本当に頼もしく思いました。

皆さん、迷ったら真本音にもどりましょう。
必ず、道を切り開くパワーがもどって来ますよ。



※「真本音」「反応本音」「ねがいのもと」について詳しく知りたい方は、
 こちらから無料レポートをダウンロードしてくださいね。
posted by はーん at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

真本音の嗚咽

今日はまたリスペクト主催オープンセミナーでした。
これまでにない新しいテーマです。
「使命感」をテーマとしました。
私共が企業研修等で行なっている根幹部分を、ダイレクトに一般公開する内容です。

新しい内容のセミナーを行なうのは、これまでも当然あったのですが、今回はちょっと趣が違いました。
セミナーの前に、私はいつものようにセルフコーチング法を使い、精神統一をしていました。
すると、突然私は泣き出したのです。
目から涙が溢れ、声を出して泣いていました。
我ながら、びっくりしました。
そんな自分を冷静に観ている自分がありました。
なぜ自分は今、こんなにも泣いているのだろう?
不思議でした。
嗚咽はなかなか治まりませんでした。
一生懸命に止めても、止まりませんでした。
10分か15分か、・・・結構長い間、続きました。

私は私の心の声に焦点を当てました。
私の心の声は、何を叫んでいるのだろう?

それを正確に言葉にするのは難しいのですが、それが喜びである、ということはすぐにわかりました。
どうやら、私の真本音が、とても喜んでいるのです。
何を?
今日のセミナーを行なえることを、です。
このテーマで、オープンセミナーを行なえることを、です。

そしてさらに、喜びの根元に、言葉で言い表せないくらいの大きさの感謝の念があることがわかりました。
セミナーを企画してくれたリスペクトのスタッフにも、今日お集まりいただくお客様にも、ここまでのノウハウ構築を可能にしてくれた、これまで出会った企業の皆様達にも、凄い大きさの感謝がありました。
それだけではなく、ここまでの私自身の全人生への感謝。
さらにそれだけではなく、何と言えばいいでしょうか・・・、上手く表現できないのですが、目に見えない大いなるものへの、言いようのない感謝の念。
それらが溢れかえっているのでした。

きっと、今日のセミナー開催は、私自身が想像していた以上に、大きな意味を持っているのでしょう。
それが何かはわかりませんが、今日が重要なスタートであることはわかりました。

さて、そのセミナーですが、今日は初めてということもあり、やはり様々な反省点がありました。
振り返れば、もっと上手くやれなかったか?とも思うのですが、
でも、自分として、人間として、できる最大のことはできました。
終わってみてやっぱり、「今日がスタートだ」と思いました。
今日の内容は、これから様々な形を通して、世の中に発信していくことになるでしょう。
ブラッシュアップをしながら、洗練をさせながら、進化をさせながら。

その記念すべき第一歩が今日だったのです。
posted by はーん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

使命

いつの間にか、ある分野において、

*本物と
*本物にすご〜く良く似ているけども、似て非なるもの、つまり本物もどき

の区別が、当たり前のようにつくようになりました。
そのことについて、以前の私は、

「すげ〜な、オレ」

・・・と、ちょっといい気になっていたのですが、
今は、つくづくこう思います。

「見分ける目をいただいたからこそ、私にはすべきことがある。
 私ならではの役割がある。」

それを「使命」と言うのでしたら、その使命は、もともと自らが決めて来たもの。
それを、本当に大切にし、実践する時期が来たようです。
posted by はーん at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほんのわずかだけど・・・

2日間の「ねがいのもと講座コア・ステージ」が無事に終わりました。
お帰りになるときの、皆さんのお顔のすがすがしさが、印象に残りました。

皆さんと私の人生の接点は、ほんのわずかな時間かもしれません。
でも、その「ほんのわずか」を、最高のものにできた実感がありました。

新たな人生の視点を得た人。
見えなかった壁を乗り越えた人。
今の現実を、あるがままに受け止めた人。
・・・それぞれのテーマをそれぞれなりに「我がもの」とされたようです。

「ねがいのもと」として、生きる。
それは、「本来の自分」として生きる、ということなのです。
posted by はーん at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

幸せな人生

今日は、「SCCねがいのもと講座コア・ステージ」の2日間集中コースの一日目でした。
朝から夕方までかけて、一気に「ねがいのもと」を見つけます。
そして夜は、「SCCコーチング講座ソーシャル・ステージ」です。
ず〜っと講座詰めでした。
その中で感じたこと。

「幸せだな〜〜〜っ!」

の一語に尽きます。
本当にすばらしい受講生さん達に恵まれ、共に向き合うことができ、幸せでした。
今日のような講座をずっと続けることができたら、幸せな人生だろうな、と思いました。

でもやはり今は通過点。
まだまだ発展途上です。
さらにさらに良いものをSCCは創り出して行きたいですね。
posted by はーん at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U理論と・・・

昨日は、なんだかとても疲れてしまいまして、夜8時に「ちょっとだけ眠ろう」と思ったら、そのまま朝の4時まで眠ってしまいました。
時々、そういうことがあります。

で、昨日書けなかった昨日のことを書きます。
とても嬉しいことがあったのです。

ある大手企業様の研修担当にSさんという方がいます。
私共の研修を取り入れていただき、これまで10数回も私の研修をサポートしてくださいました。
真本音や反応本音のことなどを、とても深く本質的にご理解いただき、ご本人も真本音に素直に毎日を過ごしていらっしゃいます。

そのSさんが、ある一つのプレゼン資料を見せてくださったのです。
それはパワーポイントで創られたプレゼン資料でした。
皆さん、ご存じかな?
MITスローン校経営学部のC.オットー・シャーマー氏が提唱されている「U理論」という最新の経営理論があります。
その「U理論」を骨格として、私共が行なっている「ねがいのもとグループコーチング」の意味と意義を、とてもわかりやすくSさんは表現してくださったのです。
Sさんのプレゼンを聴きながら、私は危うく涙を流しそうでした。
かなり感動的。
これ、いつか必ず世の中に出さなきゃ、って強く思いました。

真本音・反応本音という視点を絡めると、世の中の様々な理論が、より深まります。
そして、より実践的になります。
それを見事に形として表現してくださったSさんに、心より感謝です。
posted by はーん at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

ライフワークの講座

「SCCねがいのもと講座ソーシャル・ステージ」が開講しました。
朝、4時半に起きて新幹線で名古屋へ。
講座を行ない、すぐに東京にトンボ帰り。
本当はこういう効率の悪い動き方はしたくないのですが、このようにしか日程を組めませんでした。
今後もこれに近い形で、毎週講座が続きます。

とは言え、私にとってこの講座は、特に思い入れの強いものです。
セルフコーチング法の探求は、私自身のライフワークです。
そして、最先端のセルフコーチング法を公に披露させていただくのが、この講座です。
当然、講座の中でも様々な「創造」が成されます。
受講生さん達にとっても、私自身にとっても、「人生の宝物」となる時間です。
ですから、どんな状況であったとしても、せひとも継続したいのです。

人が、真本音で生きるにはどうすればよいか?
真本音で望む人生を創るには、どうすればよいか?
その問いにダイレクトに答えられる唯一の場が、この講座なのです。
posted by はーん at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

オープンセミナー

今日はリスペクト主催のオープンセミナーがありました。
「ありがとう、が循環する職場」というテーマです。
もちろん、初めてお会いする方々ばかりですが、
いやぁ、いろんな反応がありますね、こういうセミナーは。
歴史も社風も業種・業態も、全く違う企業からいらっしゃる皆さんですから、
私の「あー」の一言が、いろんな「あー」になるんですね。
そこが面白いところでもあり、難しいところです。
でも、どんな企業様であったとしても、本質は同じ。
その本質部分について、これからも語り続けたいですね。

このセミナーを始めて、はや4ヶ月。
これからももっともっと開催し、いろんな方々との出会いを楽しみたいと思っています。
posted by はーん at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

グループコーチングのスタート

新規のクライアント企業様での初めてのグループコーチングがありました。
ここで言うグループコーチングというのは、これまでよく行なってきました「研修型グループコーチング」ではありません。
4名の幹部社員の皆さんを、文字通り同時にコーチングするという生粋(?)のグループコーチングです。
そしてその場には、リスペクトの岡田さん(社長です。)にもアドバイザーとして入っていただきました。
それが結果として、とてもよかったです。

4人の皆さんは、とても個性が強いので、場としてはスリルがあります。
でもそのスリル感がたまりません。笑
これからずっと定期的にコーチングは続きますが、皆さんがどのような会社創りを実現するのか、こちらもスリルいっぱいです。笑
posted by はーん at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

今年最後の3時間コース

今日は、今年最後の「ねがいのもと講座 3時間コース」でした。
このコースは、1回完了型のお手軽な体験セミナーです。
ですから、このセミナーを通して、たくさんの方々と出会うことができます。
初めてお会いする方々と向き合っていますと、なんだか不思議な気持ちになります。
ついさっきまで、私達は全く接点がなかったのです。
全く違う人生を歩んで来たのです。
そんな私達が、魂の向き合いをしています。
「人生」をテーマに語り合っています。
不思議ですよねぇ。

そう言えば、先日、東京のリスペクトのスタッフから突然、
「竹内さんは、何を提供するために今のお仕事をされているんですか?」
・・・という質問を受けました。
とっさに私は、
「一人ひとりの皆さんが、『真本音で生きる』という、人間にとって最も自然な状態を取り戻すためのサポートかなぁ。」
・・・と答えていました。

3時間コースとは、たった3時間の出会いですが、その短い時間の中で、皆さんの真本音を感じ取れるようになります。
とっても楽しい時間です。
このコースは、来年もどんどん開催したいですね。
posted by はーん at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

波から光へ

コーチングで、新しいクライアントさんと向き合っていると、
その方がこれまで心の中に溜めこんでいた様々な反応本音達が、
・・・例えば、不満や不信、恨みや諦めなど、マイナス方向の反応本音が、
一気にこちらに向かってくることがあります。
それを私はいつも「波」として感じます。
その「波」についつい負けそうになり、「波」を避けようとしてしまうことがありました。
それが以前の私です。
でも、ここのところ、どんな「波」が来ようとも、
その「波」をあるがままに感じながら、
それでも「波」の彼方目指して向き合い続けることができるようになりました。
すると、予想外の早さで、「波」の向こうから姿を現すものがあります。
それが、真本音。
本来のその人の心です。
真本音が姿を現す時、「波」が一気に変化します。
それは「波」ではなく、「光」のように私には感じられます。
その人の「光」によって、場の空気は一変します。

これこそが人間の力ですね。
人間同士のコミュニケーションの力ですね。
posted by はーん at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何もしない13 〜体験 究極の「何もしない」

今日も昨日に引き続いての管理職研修でした。

今朝起きたときは、「今日は調子いいな」と思ったんですけどね・・・。
明らかに今日の私は何かが変でした。

なんと、朝、歯を磨くのを忘れたんです。
朝ごはんだけ食べて、そのまま歯を磨かずに出かけてしまった。
そんなこと、子供の頃から考えても初めてのことじゃないでしょうか。
そして、研修会場に向かう特急電車の中では、一つ席を間違えました。
本当は、7Dの席に座るはずなのに、私が座っていたのは8Dでした。
そんなことも初めてです。
しかもしかも、今日は私はグレーのワイシャツを着ようと決めていたのに、よく見ると白のワイシャツを着ていたのです。
研修会場に着いてから気づきました。
これも初めてのことです。

立て続けに3つのことが起こり、そこで「今日の私は何かがおかしい」と認識できたのです。
でもしょうがないから、「何かがおかしい自分」をずっと観察し続けようと思いました。

研修が始まり、やはり私の「おかしさ」は続きました。
いつものような「直観」が働かないのです。
それどころか、言葉も満足に回らない状態でした。
「なんだ? どうしたんだ?」と、あせりました。
でもとにかく、ここのところいつもしているように「何もしない」ことにしました。
つまりそのままの自分で皆さんと向き合い続けました。

午後に入り、研修も佳境にさしかかったところで、突然、私は全く予定外のことをしゃべり始めました。
全くの予定外です。
「おいおい、こんなことをしゃべったら、この後、研修をどう持って行くんだよ」
と、もう一人の私が自分に突っ込みを入れます。
でも、私はおかまいなし。
そして、・・・
ある瞬間に頭が真っ白になってしまったんです。
本当に真っ白。
自分が何をしゃべっていたのか、何をしゃべればよいのか、全くわからなくなったのです。
突然、私は空白状態になり、動きが止まりました。
話が突然止まったので、しばらく沈黙が続きました。
私はもちろん心の中であせっていたのですが、この時に出たのです。
「何もしない」が。

私は止まっている私自身を観ながら「何もしないでおこう」と決めたのです。
すると、当然ですが、何もなくなりました。
沈黙だけです。存在していのは。

すると、ご参加の皆さんの後ろの席や端っこの席から、ザワザワと話が始まりました。
それは決して悪いザワザワではなく、なんかちょっと良い感じのザワザワでした。
何かが自然発生するような、さざ波のようなザワザワが徐々に広がりました。
そのザワザワを聞きながらも、私は「何もしない」状態のままでした。

で、ある瞬間からまた私はしゃべり始めました。
実は、この辺り、記憶が飛んでいます。

私はいつも自分の研修をボイスレコーダーに録音しています。(もちろん皆さんの了承のもとです。)
後でそれを聴き直して、その時そこで何が起きたのかを確認してみようと思います。
でも気がついた時には、研修はスムーズに続行していたのです。
研修後のスタッフからのフィードバックでも、私が止まったことについては何も話が出ませんでした。
恐らく、周りの目からは気がつかないほどの一瞬のできごとだったのかもしれません。
私からしてみれば、永遠の長さを感じたのですけどね。

で、スタッフとも解散し、一人になってから、また気がつきました。
やっぱり私の真本音はきちんと機能していた、ということを。
つまり、いつものごとく、ちゃんと真本音がすべてをコントロールしていたということです。
ですが、これまでの直観モードとは違う種類(角度?)からの直観モードが働いたということで、私自身の反応本音が随分と戸惑いを見せた、というところでしょうか。
別の言葉で表現すれば、これまで味わったことのない、究極の「何もしない」状態を体験できたのかもしれません。

研修後の皆さんのお顔はすがすがしく、私の心もすがすがしさで満たされていました。
きっと今日の研修のことを、客観的に分析できる日が来るのでしょう。
あぁ、そういうことだったのか、と明確・明瞭にわかる日が早く来るように、私は精進を続けましょう。
posted by はーん at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 「何もしない」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

楽しい

今日も研修だったのですが、なんか本当にあっという間に一日が終わっていました。
今日も初めてお会いする方々ばかり。
新たな出会い。
感謝ですねぇ。

今日の皆さんは、とてもノリがよかったです。
そしてとてもご熱心。
実は、ちょっと体が疲労気味だったのですが、皆さんと向き合ううちにどんどん元気になりました。
あぁ、楽しい一日だった。
posted by はーん at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

コーチングとは

私はですね、コーチングとは「魂の向き合い」だと思っています。
「魂の向き合い」というと、かなり力の入った表現ですが、逆です。
あるがままに自然体で向き合うことにより、人と人は魂同士の向き合いができるのですね。
そう言った向き合い方ができるだけで、私達の心には根本から大きな刺激が入ります。
それは生きるパワーを生む刺激です。
ですから極論を言うと、言葉によるコミュニケーションを取らなかったとしても、それだけでコーチングは成り立つ、とも言えます。
極論ですよ。

そういう意味では、グループコーチングはもちろん、ティーチング(教える)を主体とした研修もすべて、私にとってはコーチングの場です。
「良い研修をしよう」という気持ちで私は研修には臨みません。
「皆さんと魂の向き合いをしよう」。
それがいつもの私の心の声です。
魂の向き合いをすることにより、結果として「良い研修」となるのです。
posted by はーん at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

何もしない12

「何もしない」シリーズも、12回目になりました。
このテーマ、気づきが絶えません。
実は、ブログに公開するのは今回で12回目ですが、もうすでに書きためている文章も他にまだまだあるのです。
それらを全部公開するかどうかは、わかりません。
が、真剣になれば、一冊の本ができるかもしれません。
かなりマニアックな本ですが。笑
でもこれを、一般の人にもわかりやすく表現することもできそうな気も・・・。

前回、「何もしない」ということは、心を自由にすることだ、と書きました。
心を自由にしていると、ある一つの現象に気づきました。
それは、
「反応本音は開放されたがっている」
・・・という事実です。
反応本音には、様々なものがありますが、すべての反応本音は「開放されたがっている」のです。
開放され、大きく解き放たれることを望み、そしてそれはだんだんと消えていく。
いや、正確には消えるのではなく、それらの一つ一つが真本音のエネルギーになるようです。
よく考えたらこれ、セルフコーチングの原理原則そのままなのです。

う〜む。
開放されたがっている反応本音を、私達は無意識に留め置こうとしてしまうのですね。
それにより反応本音の反発が起き、反応本音がさらに次の反応本音を生じさせ、心の中が反応本音という雲でいっぱいになる、ということのようです。

これまた、大きな発見です。
posted by はーん at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 「何もしない」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

コーチの醍醐味

コーチングではいつも私は真本音でクライアントさんと向き合います。
すると時々、私の口から真本音のアドバイスが自然に生まれます。
そのアドバイス、多くの場合は、私自身にもとっても効きます。
真本音のアドバイスとは、私の口から出ているとは言え、それはクライアントさんと私が共に創り出したもの。
ですから、私自身にも深い気づきを促してくれます。

コーチというお仕事をやっている醍醐味です。
posted by はーん at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心の劣等生だけど

たまには夜、早く眠ろうと思い布団に入りましたら、何の前触れもなく、突然私のこれまでの人生の様々な場面が、走馬灯のように頭の中を駆け巡り始めたんです。
ちょっとびっくりしましたが、そうなった理由は深く考えずに、為すがままにしておきました。
すると、昔の上司の泣き顔のところで、場面が止まりました。
私の人生にとってはとても重要な場面です。
その時の、上司のクシャクシャになった泣き顔。
それをボーっと見ながら、気づいたことがありました。
あぁ、私はまだ随分と私自身の過去を否定していたのだな、と。

自分自身の人生を承認することの重要性は、誰よりもわかっているつもりだったのですが、
そんな私ですら、過去否定の気持ちが残っていたのですね。
過去否定ということは、自分の人生否定です。
ということは、これも一種の自己否定です。

で、それがわかった直後に自然に湧いて来る気持ちがありました。
「オレ、結構がんばって来たよな・・・。」

そして、さらに、
「おい、オレ、よくここまでやって来たな・・・。」

そして、さらにさらに、
「オレよ、ありがとうな。」

そう心の中で呟いたとたんに、しばらく涙が止まらなくなりました。
う〜む。
まだまだ私は心の中で、無理をしている部分があったのですね。
ホント、私は「心の劣等生」です。
でもだからこそ、今のお仕事ができるのだな、と今日ばかりは本当に思えました。

もちろん、私の中には自己承認できている心もたくさんあります。
でも、そうでない心もあるということ。
それが人間なんだな、と改めてわかりました。
posted by はーん at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

何もしない11

「何もしない」ということは、心を自由にする、ということのようです。
私達は、様々な反応本音を持っています。
反応本音自体は大切なものなのですが、いつの間にかそれに縛られ、自由度をなくした状態で物事の判断や選択をしています。
その「縛り」をなくすことが「何もしない」ということ。

縛りがなくなると、最も強い心が私達自身を動かします。
最も強い心、・・・つまりそれが真本音です。
心が本当に自由になれば、私達は自然に真本音で生きることができるということです。
posted by はーん at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 「何もしない」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする