こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年11月30日

想定外

今日は、ある企業様での実践型グループコーチングでした。
グループコーチングは、特に実践型の場合、私の手に負えなくなるほど、すばらしい展開になります。
想定外が、創造性を生みます。
今日もそんな展開でした。
最後は、「これをやろう!」と皆さんの意気が高まりました。
さて、今後の展開はいかに?
次回がまた楽しみです。
posted by はーん at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

一経営者として

ある企業A社の若手営業マンのBさん。
もう半年以上、個別コーチングを続けています。
半年前は部署の異動があり、新しい仕事に不安だらけだった彼は、今はもう見違えるほど逞しくなりました。
驚いたことに、今日は「私は一経営者という気持ちで仕事に取り組みたい」と言い出したのです。
聴けば、自分の売上だけでなく、自分自身にかかるコスト管理まですべて始めたようです。
「A社の私、ではなく、私がA社を活かす、というようになりたいです。」
との言葉。
半年前の彼の様子を観ていた私からすれば、感動的な発言です。
実はBさんのコーチングのテーマは「本来の自分として仕事に取り組む」ということでした。
人間とは、本来の自分を取り戻すと、こうも逞しくなるものなのですね。
posted by はーん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

てんしんらんまん発掘

真本音・反応本音という概念を知る以前から、既に無意識に真本音を中心に生きている人のことを「天然で真本音で人生を走っている人」という意味で、

「天真RUNマン」(てんしんらんまん)

と、昨日のブログで名付けました。
私の実感では、天真RUNマンな人達は、ここ最近急激に増加しているように思います。
そしてこれからの時代、企業など組織を牽引していく中心となるのは、この天真RUNマンな人達ではないでしょうか。
逆に言いますと、その組織の中から天真RUNマンを発掘し、その人達を中心とした経営を考えると、これはもう相当に面白いことになると思います。

なぜなら、真本音で生きている人達は直観モードが多く働くからです。
直観とはいわゆる「ひらめき」ということですが、それは「最善の道を見つけるひらめき」であり、これまでの既成概念の枠に囚われない「確信的なひらめき」でもあります。
もともと私達人間には、そう言った直観を喚起する意識のモード(階層)があるのですが、真本音で生きている人達は、そのモードが非常に発揮されやすい心の状態にあるのです。

しかも、真本音とは「伝播」します。
つまり、真本音で生きている人が別のAさんと向き合えば、そのAさんの真本音も活性化するということです。
真本音で生きる人達がどんどん広がるわけですね。

ですので天真RUNマンな人達が組織経営の中核に入りますと、その組織は間違いなく活性化するでしょう。
これからの組織活性化のカギは、「天真RUNマン発掘」ということですね。
posted by はーん at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

てんしんらんまん

今日は、リスペクト主催のオープンセミナーでした。
「モチベーション」や「使命感」をテーマにしました。
今日もまた、すばらしい方々との出会いがありました。
ある企業の人事担当の方がおみえでしたが、その方も真本音で生きていらっしゃることが、すぐにわかりました。
要するに、「天然真本音人間」です。
本当にどうしたんだろう?と思えるくらい、ここのところそういう方々との出会いが頻繁に起きてきます。

で、ですね。・・・
その「天然真本音人間」という呼び方ですが、ちょっと変ですので、これからはこう呼びたいと思います。

「天真RUNマン」

どう?
天然で真本音で人生を走る人、・・・という意味ですが。
余計に変ですか?
でも、よいのだ。
これからはこう呼びます。
だって、こういう人は決まって「根」が天真爛漫ですから。

で、今日出会った天真RUNマンから一つのご提案をいただきました。
その具体的なことはまだ書ける段階ではないのですが、最近出会う天真RUNマンのほとんどの皆さんが、同じことを私にご提案されるのです。
天真RUNマンの皆さんからの共通のご提案です。
これはやらねば、と強く思いました。
どうも、私が次に目指す使命の一つのようです。

posted by はーん at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

広げたいな

今日の「SCCねがいのもと講座ソーシャル・ステージ」では、「心のマッサージ」というセルフコーチング法をお伝えしました。
非常に効果の高い手法で、これを的確に行なえば、真本音状態に意図的に戻ることができます。
そして心だけではなく、体全体も軽くなり、心身共に自由になる感覚を得ることができます。
しかしその状態こそが「本来の心と体の状態」であり、「自分自身の本質」でもあります。
この手法を体験された皆さんが、本来の状態に戻る様は、毎度のことですが、とても清々しいものでした。

手前ミソになりますが、この講座は本当に世の中に広げて行きたいな、と思いました。
この講座のすばらしいところは、講座の最中に良い状態になるのはもちろんのこと、帰ってからも、その同じ状態を一人で意図的に創り出すことのできる手法を身につけるところにあります。
それこそが、セルフコーチングの醍醐味であり魅力ですね。
posted by はーん at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

危ねぇ、危ねぇ

私の人生の願いであり、かつ、SCCの方向性でもある、一つの道筋が見えました。
それが昨日のこと。
すると、その「願い」と表裏一体とも言えるすぐ裏側に、私の強烈な反応本音の「もと」が見つかりました。
それが今日のことです。
そんなところに反応本音の「もと」があるとはつゆ知らず、危うくそれに基づいた判断・選択をするところでした。
一見それは自分の真本音に基づく判断のようでした。
でもいつもと感覚が違うのです。
それは明らかな違いなのですが、その違いに気づかないくらい、その「もと」は表裏一体のところにあったのです。
危ねぇ、危ねぇ。

ひょっとすると、これは私だけのことではなく、すべての人に言えることなのかもしれません。
人生の願いの傍にこそ、反応本音のボスがいる。
・・・充分にあり得ます。
いずれにしましても、良い経験でした。
posted by はーん at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

感動の先生

「建築医学」という新しい分野のセミナーがありましたので、参加しました。
いろいろと勉強になりました。
真本音で生きる、ということに環境面からどのようにアプローチすればよいか、というヒントを得ることができました。

そればかりでなく、世界的な建築家のA先生のお話に、私はとても感動しました。
セミナー後の懇親会で、A先生のところにご挨拶に行き、少しの間だけお話しさせていただきました。
間近で向き合ってみて、「あぁ、この方は本当に真本音で生きていらっしゃるんだなぁ」と実感し(偉そうな言い方でごめんなさい。)、またまた感動。
危うく涙が出そうになりました。
A先生は、若造の私に対して、汗を流しながらも真摯にお話しくださいました。

とっても実りのある一日でした。
posted by はーん at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

レベル3

SCCコーチング講座では、「相手を主にした向き合い方」のことを「レベル3コミュニケーション」と呼んでいます。
レベル3で人と向き合う力を養うのが、コーチング講座の重要な目的の一つです。
そしてレベル3を修得できれば、人との関わりは劇的に、・・・そう、劇的に楽になります。

「相手を主にした向き合い方」とは、「相手に気を遣う関わり方」とは本質的・根本的に異なります。
どちらが良い悪いということではないですよ、もちろん。
じゃあ、その二つはどのように違うのか?
レベル3の本質とは何か?
そんなテーマで、今日のコーチング講座は盛り上がりました。

真本音で生きることと同様に、SCCでは、レベル3で人と向き合うことを超お勧めしています。
そして真本音で生きることと、レベル3で向き合うことは、まさに直結するのです。
posted by はーん at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

生きている実感

昨日に続いての管理職研修2日目です。
今日も楽しかったです。
皆さんの真剣さが、気持ち良い。
研修が終わってからも、何人もの方々が個別の質問に来られました。
研修後の皆さんのレポートを読んでいますと、とても勇気づけられます。

今日も一日必死でしたが、生きている実感バリバリです。
posted by はーん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

まっすぐ

今日は、ある大手企業様での管理職研修でした。
全国各地からお集まりいただいた管理職の皆さんに、コーチングの手法をお伝えするのです。
皆さん、とてもまっすぐな方ばかりです。
私のお話をまっすぐと受け止め、まっすぐに返してくださいます。
とっても気持ちが良い。
研修が進むにつれて、どんどん元気になれる、そんな場でした。

最近はセルフコーチング系の研修が多かったものですから、コミュニケーション系の研修は久しぶりの感覚です。
でもやっぱり、この手の研修もいいですね。
もっとどんどんやりたいです。
posted by はーん at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

真本音そのものになる

ねがいのもと講座ソーシャル・ステージも佳境です。
「真本音そのものになる」「ねがいのもとそのものになる」
ための手法を、今日はお伝えしました。

「真本音そのものになる」とは、何もスーパーサイヤ人みたいになるわけではありません。
「本来の自分にもどる」ということです。
でも、その「本来の自分」にある状態を、私達人間の多くは忘れてしまっています。
ですから、その状態になれた時、涙する人が多いのも頷けます。

その涙は、感動の涙とは少し違います。
自然体にもどることによる、心満たされる涙です。
たぶん、魂から流れる涙です。

でも、その状態は何も特別なものではありません。
その状態を通常状態として生活することは、すべての人ができることです。
そうなると、ホント、世の中良くなると思うんだけどなぁ。

真本音そのものとなった皆さんと向き合い、私の心もとても幸せで満ち足りました。
posted by はーん at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

プチ劇的

「人生で起こるすべては必然である」とは、よく言われることですが、
最近、私の身の周りで起こることは、ことごとく「プチ劇的」みたいな感じです。笑
つまり、すべてちょっとしたことなのですが、それらすべてに劇的な意味が込められているような。

今日は、ある医療法人さんから研修のお問合わせをいただいて、実際にお会いしに行きました。
途中、電車に乗りながら、ふと周りの人達に目が止まりました。
別に何のことはない光景なのですが、すべての人達が「浮き上がって」見えました。
一瞬、「この人達すべてに、それぞれの人生があるんだ」と思いました。
当たり前のことなんですけどね。
ふと、そう思うことありません?

で、医療法人さんに着きまして、しばらく受付の傍の椅子で担当の方をお待ちしていたのですが、やはり、なんかすべての光景が「浮き上がって」見えるのです。
そして、「あぁ、私の人生はどこに流れて行くのだろう・・・」などと思ったのです。
と同時に、言いようのない「流れ」を感じたのです。

その「流れ」は、やはり担当の方々とお話ししているときも感じました。
妙な(・・・というと変な表現ですが)心のつながりを感じるのでした。

ひょっとすると、今は「流れ」が速まっている時期なのかもしれません。
な〜んか、これから激流が待っているような気がするんですよね。

そんなほのかな予感を感じる今日この頃です。
posted by はーん at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご夫妻の愛

以前、ある研修で、受講されていた方から、
「竹内さんの夢は何ですか?」
と問われました。
そこで、私の夢をお答えしたのですが、それが予想以上の反響を生みまして・・・。
そのきっかけにより、今日、あるご夫妻とお会いすることになりました。

私なんかよりもずっとずっと人生のご経験豊かなご夫妻です。
奥様とは、初めてお会いしたのですが、お話ししているうちにあっという間に2時間が過ぎていました。
最後の方で、私は自分の体がとても軽くなっていることに気づきました。
そして、何とも言えない良い感覚。
心も体も何かに満たされているようでした。

この感覚、何だろう?
その時は上手く表現できませんでしたが、ご夫妻と別れた後に、それがわかりました。
あえて言葉にするならば、それは・・・

愛されている

という感覚でした。
言葉ではなく、ダイレクトに感じる「愛」。
私の目指している「人との向き合い方」を、そのご夫妻によって私は「体験」できたのです。

まだ具体的には言えませんが、ご夫妻とお話しさせていただいたことにより、私の中に、ある強い願望が生まれました。
その願望、何とか実現したいです。
posted by はーん at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

普通の人間

力がほしい、もっと力がほしい。
ずっとそう思ってきました。
人を一瞬で幸せにすることのできる能力があれば、どんなによいか、といつも思ってきました。
そんなかつての私に、一つの問いかけがありました。

「もし、今身についている力のすべてが失われたら、あなたはどうする?」

もしそうなったら、私はもう立っていられないだろう、と思いました。
人生を切り開く勇気も気力も失われるだろう、と思いました。
弱くて、そして傲慢でした。

そんなかつての問いを、ふと思い出したのです。
そして今の自分にもう一度、投げてみました。

「もし、今身についている力のすべてが失われたら、あなたはどうする?」

私の心の中から、簡単に答えが浮かんできました。
「何も変わらないよ」
・・・と。
力があろうとなかろうと、今と同じ日々を過ごすよ。
もし能力がなくなることにより、今のお仕事ができなくなっても、一からやり直すだけ。

おーおー、随分と強くなったじゃないか、と一瞬思ったのですが、その直後にある重要な事実を知ったのです。
つまり、今の私の力は「普通」である、ということです。
正確に言えば、「普通の人がやり続ければできることを、今の私はやっているだけだ」ということです。
「普通」の定義は何なのか、というところまで考えるとややこしくなるので、ここでは深入りしませんが、つまり私はこう思っているのですね。

私は普通の人間。
普通の人間が、普通に努力すればできることを、
普通にやり続けている。

・・・と。
そこに気づいたときに、私の心の中心が震え上がるくらいの喜びを感じました。
私は、ずっと「特別な自分でありたい」と思い続けてきました。
今でももちろん、その反応本音は大きいです。
でも、私はようやく私自身が「普通である」ことを承認したのです。
そして、その「普通」というところに、大いなる価値があることに気づいたのです。

そうなのです。
私は、普通の人が努力すれば誰もができることを、伝え続けているのです。
そこにこそ、私の使命があったのです。

私は本当に、「普通」で良かった。
「普通」の自分として、歩き続けよう。
そう思えたのです。

私の人生の根本にある何かが、恐らく変わった瞬間でした。
posted by はーん at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

真本音の活性化

昨日に引き続いてのA社様での研修でした。
昨日と同様に、またまた濃い一日でした。
一日を終えて、朝の自分が一週間、・・・いや、1ヶ月前の自分のように感じます。
それくらいに充実していました。

今回のご参加者は、真本音レベルでの感受性がとても高かったです。
ですので、通常の研修の内容では、追っつかない状態。
かなりディープな話をする必要がありました。

とは言え、この真本音レベルの感受性の高さ、今日のご参加者だけに言えることなのでしょうか。
これは私の勝手な感覚なのですが、ここ1〜2ヶ月で、世の中全体の真本音が活性化しているような気もしています。
そうとしか思えないような反応を感じます。
それとも、これは私の周りだけの傾向でしょうか。
posted by はーん at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

濃〜〜い

今日も企業研修でした。
ここ5年間ずっと長くお付き合いしている大手企業A社様です。
濃〜〜い一日でした。

ホント、A社様の研修はいつも濃いです。笑
昨日のブログで、「自分の成長を急がなきゃ」と書いたのですが、
さっそく私のその要望に応えるかのようなことがありました。
世の中、上手くできておりますわい。
posted by はーん at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

ちょっとあせり

今日も講座とコーチングで、あっという間に一日が終わりました。
一日が過ぎるのは早いですね。
もう年末ですよ。
ちょっと前まで2008年の年末だったと思っていたのにね。

何か、「急がねば」という気持ちが湧いてきます。
もっともっと「急がねば」。
何を急ぐのでしょうか。
一つわかるのは、早く自分自身を成長させなきゃ、というあせり。
あせってはいけないのですけどね。
私共がやらねばならないことが、もうすぐ目の前に迫ってくる気がするのです。
それに間に合わせなきゃ。

ちょっと大変な日々が続いていますが、それも自分の成長のため。
早く自分自身の準備を済ませなきゃ。
posted by はーん at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

天然真本音人間

最近新しく出会った企業の人事部長Aさんとお会いしました。
今日でAさんとお会いするのは3回目かな。
初めてお会いした瞬間から、「あぁ、この方は天然で真本音で生きている方だな」と思っていました。
そこで今日は、Aさんに真本音と反応本音の概念のご説明を、とても簡単ですが、ちょっとだけしたのです。
5分くらいかな。
すると、Aさんから想定外の質問が返って来ました。
「真本音と反応本音の割合は、どれくらいなのですか?」

もちろん、このご質問にお答えするのは簡単です。
でも、初めての方にその根拠をご説明するのは結構難しく、どうしようと思っていたら、
Aさんの方から、「私はこう思うのです」とお話し始めたのです。

その内容を聴いて、びっくり!
たった5分の説明で、完全にご理解いただいたようなのです。
この人、凄い!
と思いました。
やはり本当に真本音で生きている方だったのです。
もちろんこれまでは真本音・反応本音という概念は知らなかったとしても、それを知識レベルで知るだけで、一瞬で理解してしまうのですね。

実は、こういう方達(「天然の真本音人間」と呼びましょう。笑)との出会いが、最近は増えています。
Aさんとの打合せの後、私はすぐに名古屋へ。
そして今度はBさんという、経営者とお会いしました。
Bさんには、単発のコーチングをさせていただいたのですが、その中でやはり真本音・反応本音の概念をお伝えしました。
すると、またもや一瞬でご理解いただき、その直後から「真本音」という言葉を当たり前のように使った会話となったのです。
そうです。Bさんも天然の真本音人間なのです。

このスムーズさはなに?
と驚くほどの展開。
天然真本音人間の輪ができそうです。
posted by はーん at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

成果のもと

今日は、ある企業A社様での実践型グループコーチングでした。
皆さん、前回に決めたことをしっかりと行動し、成果が出ています。
とても嬉しいことです。
しかし、成果が出る、というのはグループコーチングをすれば当たり前のことです。
私共の役割は、「“成果が出る”もと」を扱うことです。
つまりは、グループコーチングをやったから成果が出るという状態ではなく、
何もなくても必然的に成果が出る状態を創ることです。

では、A社様ではどうすればよいか?
そこをずっと迷っていましたが、今日はその方向性がついに観えてきました。
それが最も嬉しい収穫でした。
posted by はーん at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

真本音とはなんだろう

以前に「SCCコーチング講座」にご参加された受講生さんから、久しぶりにメールが届きました。
お子様が生まれ、子育てに奮闘されながらも、とてもお元気そうな雰囲気の伝わってくる内容で、すごく嬉しかったです。

そのメールの最後の方に、こんな問いが書かれてありました。
「真本音とは、なんだろう?」

よい問いですね。
多くの皆さんが、この問いをいつも自分に投げていただけるといいなぁ、と思います。

真本音とは、なんだろう?
その答えは、あなたの真本音がよ〜くわかっています。笑
そして、あなたの真本音が、最善の表現で答えを教えてくれるでしょう。
posted by はーん at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。