こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年11月08日

笑顔いっぱい

今日も、コーチング講座のダブルヘッダーでした。
いつも楽しいのですが、今日はなんか、いつも以上にやたらと楽しかったですね。
さらに今日は珍しくも、講座後に受講生さん達と打上げに行きました。
先日終了した「SCCねがいのもと講座コア・ステージ」の認定コースの受講生さん達との飲み会でした。
これもまた楽しく、今日は一日笑いっぱなしでしたね。

受講生さんからは、「SCCはもっと社会に広がって羽ばたいてほしい」と、とても嬉しい言葉をいただきました。
そうですね。
もっともっと羽ばたきましょう。
世の中の皆さんが、真本音の笑顔でいっぱいになるためにも。


posted by はーん at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何もしない14

今朝になって初めて、昨日までの数日間の私の精神状態はとても不安定だったことがわかりました。
特に昨日、一昨日の研修中は。
ただ、それで研修の内容に影響が出たわけではありません。
むしろ、不安定だったからこそ、より最善の向き合い方ができたと思います。

その不安定さは要するに、ぶり返しだったのです。
ここしばらく、「何もしない」というテーマでしばらく自分のセルフコーチングを探求してきました。
その気付きは、ブログでも何度か書かせていただきました。
で、気がついたら、私のセルフコーチング力とか、私の精神の安定度はワンランク高まっていたのですね。
こういう時、過去にもよくあったのですが、必ずどこかの段階で「ぶり返し」が来るのです。
つまりそれは、
「ちょっと前まではあなたはこういう精神状態だったのだよ。
 でも、今はこうなれたのだよ。
 これだけ進歩したのだよ。」
ということを、自分自身が教えてくれるわけです。
自分自身の真本音が、あえてそうするのだと思います。
それにより、自分の成長を客観視でき、特に私にとっては、それはセルフコーチング法探求の大きな気づきになります。
そして、私以外の方々に、セルフコーチング法をお伝えするための指針となるのです。

そういうことが、ここ数日で起きていたのですね。
これまでも私は、ずいぶんと自分の心は安定してきたなぁ、と思っていたのですが、
「さらなる安定」を経験すると、それまで「安定」だと思って来たものが、実はそうでもなかったということが初めてわかるのですね。
そしてこれからも、こういうことが続きながら、一歩ずつ進歩するのでしょう。

まったく、人間の心とは、奥が深いものです。
posted by はーん at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 「何もしない」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

心地よい疲れ

昨日に続いてのグループコーチング2日目です。
いやぁ、楽しかったです。
真剣な方々ばかりだったせいか、私の集中力もいつも以上に高かったようで、
終わって事務所に帰ってから、どっと疲れが出ました。
心地の良い疲れです。

明日は4時起きなので、早く寝なきゃ。
posted by はーん at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒い火柱

今日も企業研修でした。
「ねがいのもとグループコーチング」です。
今日の皆さんは、喰いつきがよかったですね。笑
真本音・反応本音の話になると、場が一気に温まりました。
次々に質問が飛び交い、盛り上がりました。

研修自体はとても良い場となったのですが、実は私の心の中は大変でした。
あれ、が出たんです。
そうです。
時たま思い出したように復活する、あれ、です。
そう。
イケイケどんどんの反応本音です。
「オレが!オレが!」の反応本音です。

これ、一見するとエネルギッシュで、前向きで、パワーがあるのですが、
実は、研修講師として、これほど厄介な反応本音はありません。
自信満々でイケイケの気持ちというのは、深層部分を見ると、とても不安定なんです。
根底には、いつも不安があります。
つまり、「オレは凄いぞ!」というエネルギッシュな気持ちと共に、
「オレは凄くなければならない。もし凄くなかったらオレでいられない。
 凄くなれなかったとしたら、どうしよう。」
という不安が伴うのです。
しかも、「オレが! オレが!」ですから、KYになります。
空気が読めなくなるのですね。
研修講師としては、最悪と言ってもよい心の状態です。

私の体の中心部分に、そんなイケイケどんどんの反応本音が「黒い火柱」となって、研修中ずっと存在していました。
幸いだったのは、その存在に早い段階で気づけたことです。
いつもより、真本音の発動が鈍かったのです。
それでわかりました。
真本音が、わざと鈍さを創り出しているのがわかったのです。
「これは!」と思い、改めて心の中を点検したら、イケイケがあったというわけです。

今日のイケイケは凄かったです。
でも、観ることができたのです。
観ることができれば、こちらのもんです。
イケイケを心の中に抱えたまま、いつものように皆さんと向き合いました。
そして何とか、最後までイケイケをコントロールすることができました。

しかしそれにしても、私のイケイケどんどんは、凄いパワーです。
執念深いのですね。
でもどれだけ凄くても、所詮は真本音の敵ではないのです。笑
posted by はーん at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

セルフコーチング力が向上すれば

今日は、SCCねがいのもと講座ソーシャル・ステージでした。
コア・ステージにて「ねがいのもと」を見つけた皆さんが一歩進んで、具体的セルフコーチング法を修得するための講座です。
開講当初は「自分の心の中を見るのが怖いです」と言われていた受講生さんも、今では
「自分の心の中から何が出てくるのか楽しみです」
とニッコリ。
ここまで来ると、強いですね。

講座の後は東京にもどり、経営者Aさんのコーチング。
Aさん、とてもよいことをおっしゃっていました。
「心の中も、外の現実も、すべてよ〜く観て存在承認すれば、心は落ち着きますね。
 すべてを真剣な心で観ながら、真剣な心で『今はどんな一歩を踏み出せばよいか』を
 ゆっくりゆっくり考え、確信の一歩を歩めば、必ず道は開きますね。
 まぁ、ゆっくりとは言いながらも、一瞬でできるようになったんですけど。」
・・・これぞ、セルフコーチングの原則です。
さすが、真本音経営者のAさんです。

セルフコーチング力が向上すれば、人生の歩み方は楽しく、そして逞しくなるのです。
posted by はーん at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅人へ

このお仕事をやっていて、つくづく思うのですが、
人生って、旅のようなものですよね。
昔、一年半ほど海外を放浪していたことがありますので、本当に思います。
旅は当初の予定通りには、絶対に進みません。
全く予想外のできごとが起こり、予想外の道筋が見え、予想外の人と出会います。

でも、・・・
今のこの旅は、本当に自分の望んでいるものなのだろうか?
このまま同じように旅を続けていて、本当によいのだろうか?
自分は満足できるのだろうか?
・・・そんな疑問を抱くのもまた旅ですね。

そんな疑問を真剣に抱いている人生の旅人達と、たくさん出会いたいのが私の希望です。
そしてそんな皆さんと、共に人生を創っていきたいのも私の希望です。
そしてできれば、そんな皆さんに最善のサポートとなる「何か」をご提供するのが、
SCCの本来の役割だと思っているのです。
posted by はーん at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

35年

時々、夜眠ろうとすると、私自身の真本音からメッセージが届くことがあります。
ここで言う「真本音からのメッセージ」とは、心の奥の奥から自然に心の声が湧き上がってくることを言います。
しかもその心の声は、「確信」なのです。
迷いなく、疑いなく、「あぁ、なるほど」と根拠なく納得してしまう心の声です。

で、今ですね、変な心の声が湧いて来ました。
「5年延びた」
と言うのです。
何が「5年延びた」のでしょうか?
「35年」
というのも浮かんできました。

実は2年半ほど前に、同じようなメッセージが届いたのです。
そのときは、「あと30年」というものでした。
私の寿命があと30年なのか、それとも私が今のお仕事を続けられるのが、あと30年なのか。
それはわかりませんでしたが、私としてはその「30年」は確信に近く、とりあえずは
「よ〜し、あと30年は現役として今のお仕事をやり切ろう。探求すべきことを探求し切ろう。自分自身の使命を果たし続けよう。」
と思ったのでした。
どうやらそれが、「5年延びた」ようなのです。

その後、次のようなメッセージ(心の声)も浮かんできました。
「人生とは自分自身のもの。運命とは自ら切り開くもの。人は自らの宿命すらも超えることができる。
君(私自身のことです)は、すでにその宿命を超え始めている。もう5年も時間を延ばした。もっともっと延ばすことができる。
君(私自身のことです)は、もっともっと時間を延ばし、とんでもなくたくさんのことをするのだ。
35年は短いぞ。
もっともっと時間を延ばし、ありったけのことを人生で為すのだ。」

なんか、こんな心の声が浮かんできたら、眠気も完全に吹っ飛んでしまいました。
せっかくゆっくり睡眠とろうとしていたのに。
しょーがねぇ、仕事すっか。
posted by はーん at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

セルフコーチング

セルフコーチング法の探求が、私の人生のライフワークなのですが、
しかし何といいますか・・・。
この分野は、本当に奥が深いですね。
ということはつまり、人間の心というのは、本当に奥が深いということです。
さらに言うなら、人間関係というのも、奥が深過ぎる!!

実は本日、また私のセルフコーチング力が一歩進化したようなのです。
ある一つの命題があったのですが(具体的には書けませんが・・・)、
その命題に対して、ある一つの仮説を立てていました。
でもその仮説は、あまり望ましくない仮説でした。
できれば間違っていてほしい、と切に願うような仮説。
しかし残念ながらその仮説、正しかったようなのです。
それが歴然としてわかり、その「事実」を受け入れたとき、私のセルフコーチング力が一段階上がったのです。
ちょっとビックリ。
そしてそれまで創り上げてきたセルフコーチングの手法の数々の意味と意義が、さらに深まりました。
やっぱり間違っていなかったんだという喜びと同時に、冒頭に書きましたように、なんと奥の深いものなんだという、一種の呆然とした気持ちもあります。

一年365日、そして一日24時間。
私はいつもいつもセルフコーチングのことを探求しています。
何をしているときも、常に探求し続けています。
私自身で人体実験をしています。
これは一生続けるつもりです。
一生涯かけて発見したことを、私はすべて世の中に発信し続けるつもりです。

その発信は、これから(恐らく2010年から。遅くとも2011年から。)本格的に行なうことになるでしょう。

posted by はーん at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。