こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2010年03月31日

全員で真本音

昨日に続いての2日目の研修です。
今日も学生さん達と向き合いました。
大学院の客員教授の先生も、ずっと研修を受けてくださり、途中からは学生さん達に向かって熱いメッセージをお話しされました。
学生さんも教授も私も全員で、真本音状態に入りました。
場全体の真本音発揮度合いは、またしても過去最高のものとなりました。

20代前半の皆さんのこれからの人生がとても楽しみです。
今回のご縁も、本当に幸せでした。
posted by はーん at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

大学院にて

今日はなんと、大学院での「ねがいのもとグループコーチング」でした。
実は、今日と同じ内容を一年前にも行ないました。
そこでご好評をいただき、また今年の開催につながりました。

具体的に公表してもよいことになりましたので、書かせていただきますが、
場所は法政大学の大学院です。
これから公認会計士を目指す学生さん、つまり大学院にこの4月から入学される学生さん達に「ねがいのもとグループコーチング」を行なうのです。
真本音・反応本音の概念を知り、自分の真本音の一つである「ねがいのもと」をもとに、自分がどのような公認会計士になりたいかを描いたり、それを自らの使命感につなげます。
ただ試験に受かるための勉強ではなく、使命感を抱きながらの勉強をしていただくのですね。
そしてさらに、セルフコーチングの手法をお伝えし、心を常に良い状態に整えながら勉強や試験に向かいます。
私共はそれを継続的にサポートします。

で、今日はその一日目でした。
皆さんの「ねがいのもと」を見つけました。
学生さん達ですから、やっぱりいつもの企業研修とは雰囲気が違います。
でも、真本音のパワーは同じ。
といよりも最終的には、いつもの企業研修以上のエネルギーが「場」に満ちたようです。

明日は2日目。
どんな展開になるでしょうか。
posted by はーん at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジョンを描く

今朝、・・・と言ってもまだ夜中と言う方が正しいですが、3時半くらいに目が覚めてしまいました。
眠ろうと思っても眠れません。
すると私の心の中で、自然にセルフコーチングが始まりました。
私の中にもう一人の私が出て来て、コーチのように問いかけをします。
それに夢中で答え続けていると、気がつくと2時間近くも時間が経ってしまいました。
そしてなんと、私のビジョンがいろいろと描かれたのです。

実は私は、自分のビジョンを具体的に描くことは、これまであえてしてきませんでした。
というよりも、描こうと思っても描けなかったのです。
ビジョンを描くというのは、私には向いていないのだと思い込んでいました。
ですからこのような展開になるとは、予想だにしませんでした。
私の中のコーチが言いました。
「ビジョンとは頭で考えて創るものではない。
 真本音の中にすでに存在している答えのうち、自然に浮上してくるものを
 掘り起こし、意識化すればビジョンとなる。」
・・・う〜む、なるほど。

私の心の中では、次々とビジョンが浮かび、それらすべての映像が輝いていました。
時々、輝いていない映像も思い浮かびましたが、それらはその場ですべて捨てました。
すると、輝きの映像だけが残りました。
そして思ったのです。
「あぁこれ、全部実現するわ。」

う〜む。これが本来のビジョンなのですね。
そして今回のこの経験をもとに、何かノウハウが生まれるといいなぁ、と思います。
posted by はーん at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

やっぱり「向き合う」

気がつけば、3月も終盤ですね。
今日も、いつもの土曜と同じく、講座×2+コーチングで、あっという間に一日が終わりました。
そしてまたしても、この期に及んで私の「向き合い方」に変化が現れました。
向き合うとはどういうことか?
その新たな答えが見えてきました。

しかし、「向き合う」というテーマで、この手の気づきはこれまで何度ブログに書いてきたのでしょう。
もうこれで完璧な向き合い方だ!と、ゴールにしたいところですが、「向き合う」という行為の奥深さは無限ですね。
でも一つ言えるのは、一つ一つの気づきを得るごとに、心はどんどん幸せ度合いを高めます。
心の幸せ度合いというのも無限なんですね。

やっぱり私の人生の願いでありテーマは、「向き合う」です。
posted by はーん at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

第九

今日、ベートーベンの第九を初めてしっかりと聴きました。
第4楽章、いいですね。
私達の馴染み深いあのメロディーが流れるのが第4楽章ですが、
その現れ方に、私の魂は揺さぶられました。
これ、心の奥から真本音がだんだんと浮上してきているのを表現しているようです。
私の真本音が共鳴し、自然に涙が出ました。
さすが、ベートーベン。
やっぱり凄い人は、凄いのですね。
posted by はーん at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

“花”

最近わたくし、その人の“花”が見えるようになりました。
“花”とは何かと言いますと、その人の真本音のメタファです。
人と向き合っていますと、“花”というメタファのイメージを通して、その人の真本音を感じられるようになったのです。
これ、結構おもしろいです。
自然に浮かび上がる“花”は、その人その人によって違います。
そう言えばSMAPの歌にもありましたよね。「世界に一つだけの花」でしたっけ?
“花”の形を見ると、その人の「本来の個性」が見えるようで、楽しいです。

今日もコーチングをしていたのですが、クライアントのAさん、今日はとても調子が悪く、心がどんよりとしていました。
しかしコーチングが進むにつれて、どんどん真本音が活性化し、最後は真本音状態に。
すると、Aさんの顔を見る私の脳裏に、Aさんのお顔に重なるように“花”が見えました。
その“花”は、とてもとても輝いていました。
Aさんのお顔も、スッキリ・ピッカリです。
posted by はーん at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手が届くかも

昨日に続いての研修2日目でした。
今日も私にとっては実りの大きい日でした。
実は今回の研修は、最近の中では最も難易度が高かったのです。
でもそれは無意識コミュニケーションレベルでの話です。
ですので、私自身がその難易度の高さに気づいていなかった、・・・というくらいに難易度が高かったのです。
そのことに今日の後半になってようやく気づき、その後の展開の中で、とても良い経験ができました。
今日の経験は、私の人生の宝物になるでしょう。
そして、私の「なりたい講師像」の実現に、「手が届くかもしれない」という実感を手に入れることのできた貴重な一日でした。
posted by はーん at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

創業理念に立ち返る

最近の日経新聞にも載っていますが、大手企業を中心に、創業理念や創業者の想いに立ち返るための研修や取り組みが増えてきたようです。
私共も、そういった目的のための研修を、ここ2〜3年はよくさせていただいております。

私共の場合は、まずは一日かけて、皆さんの「ねがいのもと」を見つけます。
それによって皆さんの意識が真本音状態になります。
真本音状態になりますと、心の次元が高まります。
その状態になってから、二日目にご創業者の真本音に触れます。
ご創業者の真本音や、企業理念について語り合います。
しかもその語り合いは、直観モードが発揮されやすい方法をとります。
そして、自分の真本音と企業(もしくはご創業者)の真本音の融合・統合をし、その中で自然に湧きあがってくるものを、自らの指針とします。
・・・そんなやり方ですね。
ですから多くの場合は、とても盛り上がります。
真本音と真本音はやはり、つながりやすいのですね。

今日も、そういった研修の一日目でした。
皆さんの「ねがいのもと」を出しました。
今日のご参加者の中には、とても深いご質問をされる方がおみえで、お答えするのに四苦八苦しました。
本来でしたら、「ねがいのもと」を出して、何ヶ月か実践していただいた上でお伝えする内容を、「ねがいのもと」を出したばかりの方達にご提供するわけですので、とても難しかったです。
でもここ最近の傾向としまして、そのように深いご質問をされる方が増えてきたのも確かです。
初めての方にも、浅くならず、かつ、わかりやすくご説明する術を、もっと確立しておくべきだな、と思いました。

さぁ、明日は皆さんの真本音と企業の真本音との統合です。
統合と言いましても、無理な統合をするのではありません。
二つを掛け合わせ、開放させるようなイメージです。
何が生まれるでしょうか。
posted by はーん at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

人間の本質

この世の中に、「絶対」というものはありません。
「不変」というものもありません。
すべてが、移ろい、変化してゆきます。
それが、速いか、ゆっくりかの違いに過ぎません。

一見、「絶対」であり「不変」であると見えるものでも、
永遠の時の中では、やはり変化をし続けています。

さて、「真本音」です。
これは、「絶対」なのでしょうか? 
「不変」なのでしょうか?

世の中に「絶対」も「不変」もありませんが、
「絶対」と「不変」に最も近いものが、「真本音」と言えるでしょう。
それほど、真の「真本音」とは、「不変」です。

永遠の中での不変。
だからこそ、真本音は、「今」輝きます。
なぜなら、永遠とは「今」にすべて織り込まれているのですから。
「絶対」に最も近い存在だからこそ、
「今この瞬間」にこそ、絶対的な輝きを見せる。
・・・それが「真本音」のパワーです。

「真本音」とは、永遠のものではありませんが、
「真本音」とは、永遠に最も近い存在です。

そしてその「真本音」とは、誰もが持っています。
だからこそ、人も本当は、「永遠」です。

そこに気づいたとき、「本当に今すべきこと」が見えてきます。
「本当に願っているもの」が見えてきます。
「真本音」のメッセージとして。
「真本音」の表現として。

「永遠」の「今」に、私達はいます。
「永遠」の「今」を、私達は生き続けています。
それが、私達「人間」の本質ではないでしょうか。


posted by はーん at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

同志よ

今日も「ねがいのもとグループコーチング」フォロー研修でした。
昨日とは違うメンバーです。
今日もまた、皆さんの真本音発揮度合いは凄いことなりました。
皆さんの真本音発揮度が高まると、場のエネルギーもとてつもなく高まります。
でもそれはご本人達には、きっとよくわからないのでしょうね。自然過ぎて。
一度、傍から見せてあげたいくらいです。

昨日と今日の研修を行なったのは、ある大手企業様の中の一つの事業部(A事業部)です。
今日はそのA事業部を創業メンバーとして立ち上げられた「生きる伝説」と言われている部長さんもご参加されました。
この部長さん、1年半前に初めて「ねがいのもと」を出されました。
真本音・反応本音の概念もその時に勉強いただきました。
そんな部長さんから、研修の最後にとても嬉しい一言をいただきました。

「実は私はこの研修を初めて受けたときからずっと、『本当に真本音なんてものはあるのだろうか?』と思い続けてきました。そう思い続けながら毎日を過ごしてきましたが、・・・ありますね。確かに。真本音は確かにあります。
今日の研修でもそれを確認できました。」

A事業部さんでは、この1年半かけてずっと研修をやり続けています。
その1年半に渡るプロジェクトも、今日で終了です。
研修の後は、打上げも兼ねて、部長さんや研修担当の皆さんと食事をしました。
もう、なんと言いますか、私達は“同志”ですね。

A事業部さんとの関わりは、もちろん今後も続きます。
来期からは、次のステップのプロジェクトが始まります。
これまでにない“何か”が、また始まりそうです。
posted by はーん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

心の給油所

今日はある大手企業様での「ねがいのもとグループコーチング」のフォロー研修でした。
「ねがいのもと」を見つけて3〜4ヶ月の皆様を中心に行ないました。
中には1年3ヶ月ぶりの方もいました。
でもどれだけ久しぶりにお会いしたとしても、フォロー研修では多くの場合、スタートがとても楽です。
恐らく、ラポール(本質的な信頼関係)がすでにできあがっているのでしょうね。
最初から皆さんとの心のつながりを強く感じます。

もっとも皆さんの心模様は人それぞれです。
精神的に調子の良い人から、あまり良くない人まで様々。
しかし研修が始まって1〜2時間すれば、ほとんどの皆さんが真本音状態に入ります。
場の次元が変わります。
そして、皆さんの発想も行動も変化します。
いつも客観的に観ている私や、リスペクトのスタッフには、その変化がありありとわかります。

研修後は、スタッフからは「なんか、我々のフォロー研修は、心のエネルギーの給油所のようですね」とフィードバックをもらいました。
そうですね、言われてみれば。
心のエネルギーを給油し、その状態で皆さん同士が語り合い、そして、自ら自分の心のエネルギーを給油する手法(セルフコーチング法)を学ぶ。
・・・それが、フォロー研修です。
posted by はーん at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

心に沁み入る

今日も嬉しいことがたくさんありましたが、そのうちの一つを書きます。

プロ・コーチ養成講座を先日修了されたある受講生Aさん。
真本音で生きることに、とても真摯に向き合っている方です。
そのAさんがあることをきっかけに、大きな気づきを得ることができました。
そしてそのご報告をメールでいただいたのですが、その中の一文をご紹介します。
・・・・
 実は感情(反応本音)の存在というのは、人間らしさの象徴、生きている証で、
 どんなものでも、あることそれ自体が素晴らしいんだな、ということです
・・・・
この一文を拝見したとき、あぁ私はこれを皆さんにお伝えしたくて、今のお仕事をさせていただいているのだなぁ、と気づきました。
とてもとても嬉しかったですね。

そしてさらに、そのAさんのメールと呼応するかのように、あるクライアント企業の担当のBさんからメールをいただきました。
その中に、以下の一節がありました。
・・・・
 自分は真理を掴んだ人間である。
 その思いほど、
 人間のエゴを満足させるものはない。
・・・・

今日はなんと、心に沁み入る一日でしょうか。
posted by はーん at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

さらに自由に

今日は、またもやSCC立ち上げ以前からお付き合いをしております、ある経営者Aさんとお会いしました。(昨日の方とは別の人です。)
Aさんとは、4年ぶりくらいです。
もともとエネルギッシュな方だったのですが、私の見るところ、以前よりもさらにパワーを増しているようで、とてもとても嬉しかったです。

Aさんとお会いしたのが11時くらい。お昼ごはんをご一緒し別れたのですが、その後は、今日はずっと1対1で色んな人達と向き合い続けた一日となりました。
最後は、現在のクライアント企業様の専務さんとお会いしたのですが、気がつくと東京にもどる新幹線の最終となっていました。

それにしても、楽しかったなぁ。一日。
これまでも私は人と向き合うことが楽しかったのですが、最近は以前にも増して楽しくなっているようで。
と言いますか、またさらに「人間が好きになった」という感覚です。
もともと私は、誰かといるよりも一人でいる方が好きなタイプだったのですが、今は人と一緒にいることが楽しくてしょうがありません。
人間、変わるものですねぇ。

それからさらに、今日も様々な気づきがありました。
先日の土曜日の「混乱」に関しても、またさらに気づきがありました。
このブログでは詳しくは書かなかったのですが、実は土曜日に起きたことは一言で表現すると、
「自分が真本音通りに動けない、という事態が立て続けに起こった」
ということになります。
そしてそのことに対して悔しくて悔しくて、一日の終わりに涙を流して、私は泣きました。
それくらい私自身のふるまいがショックで、私は私自身を許せなかったのです。
そしてなぜ、この期に及んで、真本音通りに動けなかったのか? それが疑問でした。

でも今日はその謎が解けました。
実は、土曜日に私が思っていた「真本音通りに動けなかった」ということ自体が、私の思い込みに過ぎなかったのです。
つまりは、自分がその時「真本音の意思である」と思っていたものは、真本音ではなく、「真本音に見間違えるくらいに強烈な反応本音であった」ということです。
この事実は、にわかには信じられませんでした。
今の私が自分自身の真本音と反応本音を見間違うはずがないと思ったからです。
でもそうではなく、確かに私は見間違えました。
それくらい、私にとっては真本音に近い反応本音があったということです。
でも、その「真本音に近い反応本音」の強烈なパワーにも、結果として私の真本音はビクともしなかったということです。
私の「真の真本音」は、自分の意思のままに動いたのです。
そしてその時の私は、「真の真本音」の動きを「真本音もどき」から見て、「真本音で動けなかった」と思い込み、勝手に後悔していたということです。
ややこしいですが、つまりはやっぱり「真本音というのは、とてつもなく強く、そして揺るがないものであった」ということが、これまで以上に実感できたということです。

どうやら私はいついかなるときにも、どのような心の状況でも、真本音で生きるということが、自分自身で思っている以上にできるようになったようです。
これが、「人生の第一目標」を達成することによって得た成果なのですね。
その成果をあえて真本音は、今回の体験を通じて私に教えてくれたということです。

本当に、人間の心というのは凄いですね。
そしてやはり、今回の経験を通じて、予想通り、私の心はさらに自由になりました。
ありがたいことです。
posted by はーん at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

ありがとっ!

今日は、私がSCCを立ち上げるよりもっと前からの知り合いのAさんと、8年ぶりくらいにお会いしました。
Aさんから突然お電話をいただいたときは、びっくりしました。
最初は、どなたかわからなかったくらいです。
でも、8年も経ちますと、ホント、人生いろいろですね。
Aさんと私、それぞれの8年を感じました。
久しぶりに8年以上前の話題で盛り上がったのですが、私は記憶力に問題があるのか、さっぱり忘れていることも多く、・・・申し訳ない。

そしてその後は、記念すべき「KODOMOコーチング」の第1回目の授業でしたので、見学をしました。
これは、子ども達に直接グループコーチングをするという連続講座です。
子どもへのコーチングというのを、私は初めて見ましたが、私の場合、子どもを「子ども」とは見れず、どちらかと言うと「人生を始めてまだ数年の人」という見方をしてしまいました。笑

さて、昨日のブログで、私は混乱しているということを書きました。
これは予想以上に長引き、かつ、相当にきつかったです。
今日も朝からずっと調子が悪く、久しぶりに自分の心のコントロールが効きませんでした。
そこで、私がセルフコーチングを始めた初期の頃によく行なっていました、パソコンを使って真本音と語る、という方法を試してみました。
するとこれが思いのほか調子よく、真本音からのメッセージを明確に受け取ることができました。
それによりますと、つまりこういうことだそうです。
何日か前に、私はこのブログで「人生の第一目標を達成しました!」と書きました。
その第一目標を達成したからこその、次の段階に行くステップとして今の状態が起こっていると言うのです。
そしてその意味も詳細に知ることができました。
これでかなりスッキリしました。
かと言って、心の混乱や苦しみが消えたわけではありませんが、意味さえわかれば、あとは大丈夫。
その意味に基づき、しっかりと自分の心と向き合い続けるだけです。
いずれにしてもこれを越えれば、私はさらに「心の自由」と「心の楽さ」を手に入れることができるということです。
真本音ちゃん、ありがとっ!
posted by はーん at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

混乱

今日もいつもの土曜日のごとく、講座のダブルヘッダーとコーチングで一日が埋まっていました。
しかしいったい、何という一日だったのでしょう。
あまりにいろいろなことがあり過ぎました。
最近では珍しいことですが、今、私の心と頭は混乱しています。
あまりに大きな刺激が入り過ぎました。

今日という一日の意味と意義と、必然性を客観的に振り返るには、しばらく時間が必要でしょう。
わかっているのは、すべて私の真本音の意図した通りに私が動き、その通りに私に様々なことが降りかかって来た、ということ。
つまり、真本音レベルでの思惑通りということ。
でもそれは、私の心にとっては、ちょっと大き過ぎまして・・・。

なんか文章も混乱してるなぁ。
今は、この混乱を混乱のままにしておくことです。
そのままに。
posted by はーん at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

永遠の中で

ただ目の前にあるすべてのことと向き合うために
私は生まれてきた
ただ目の前にあるすべての人と向き合うために
私は生まれてきた

あなたは、何者ですか。
なぜ、そこにいるのですか。
私とあなたはここで、何を生み出すのでしょうか。

あなたは私に何を求めますか。
私はあなたに何を求めているのだろうか。

こうしてここにあるすべてのことが必然であるとするなら
私達は、何を願ってここにいるのでしょうか。
どのような祈りを、胸に抱いているのでしょうか。

あなたは、何者ですか。
そして私は、何者だろうか。
私達はただ、ここにいる。
私達は共に、ここにいる。

今のこの瞬間は、永遠の中に織り込まれている。
今のこの瞬間に、永遠のすべてが織り込まれている。

私は確かにここにいる。
あなたも確かにここにいる。
私達は、確かにここにいるのです。

それぞれの道が折り重なるこの瞬間よ。
私はそのすべてを受け止められる自分であろう。


posted by はーん at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

デスクワーク

今日は久しぶりに一日、デスクワークでした。
デスクワークの割には直観モードがよく働きました。
窓から青空が見えています。
時間はゆっくりと流れているようで、・・・
実は、あっという間に夜になりました。
研修やっているときよりも、一日が早く終わってしまいました。

目の前の人と向き合うのが私の役割ですが、
目の前に人がいなくても、向き合うことはできるのでしょうか?
目の前にいない人と向き合い、
目の前にいない不特定多数の方々と向き合い、
今、最も必要なものを生み出す。
そんなことができるでしょうか?

でも、そんなこともしなくてはならないのが、これからの私の役割でもあると、
最近の私は思うのです。
私はもっともっと自分の真本音を研ぎ澄ませ、
世の中と向き合える自分になりたいと思っています。
posted by はーん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

最高の役割

今日は、リスペクトのメンバーと共に営業活動です。
ある企業様に訪問し、研修のご提案をしました。
いろんなご質問をいただいたのですが、一つ一つのキャッチボールがとても真剣です。
本当に普段から真剣に社員さん達のこと、企業の発展のことを想い続けていらっしゃるのだな、ということがヒシヒシと伝わってきました。
そんな方々とのやりとりは、本当に幸せです。

私共の仕事というのは、研修をご担当される人事の皆さんとの信頼関係がとても重要です。
研修を行なって、ハイ終わり、ということでありませんので、人事の皆さんとの二人三脚が要となります。
人事の皆さんと、どれだけ共に向き合い、共に創り出すことができるのかが勝負ですね。
そういう意味では、私共は「研修会社」ではなく、「組織活性化の最高のパートナー」であろうとし続けています。
そしてその中でも私の役割は、現場にいる社員さんお一人お一人と直に向き合う最前線でのサポートです。
大変ですけど、私にとっては自分の命のすべてを込めることのできる最高の役割ですね。

一つ一つ、一社一社、命を込めることのできる場を増やしていきたいです。
posted by はーん at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

一つの詩

リスペクトの岡田さんから、ある一つの詩をいただきました。
ある有名な方の詩だそうです。


 この痩せた体を
 ただ一つのことに費やしたい
 多くのことは出来ないから
 一つのことでこの世を終わろう


心に沁みますね。
私はこんな生き方をしたいものです。
posted by はーん at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

3次元と4次元の成長

今日もいろいろと気づきがありました。

時々私共の業界では、現実世界のことを「3次元」、心の世界のことを「4次元」と表現することがあります。
これまで私はどちらかと言いますと、4次元における刺激や成長を重視してきたと思います。
なぜなら3次元だけの成長を促しても、4次元が伴わなければ、それは本質的な成長とは言えないと思ったからです。
そしてそれは絶対的に正しいのですが、もっと重要なのは、4次元と3次元を結ぶことである、と今日は強烈に思いました。
それを思いついたとき、実は私共SCCがこれまでず〜っとやって来たことは、まさにその部分であった、ということに気づいたのです。

4次元部分では気づいていても、3次元ではそれに気づいていない。
・・・つまり、自分が気づいていることに気づいていない、というケースがいかに多いことか。
自分はもう気づいているのに、そのことに気づいていないのです!
なんというもったいないこと。
まずは気づいていることに気づいていただく。
そのためのメソッドでありノウハウを、私共はご提供しているのですね。

そしてさらに、4次元と3次元の結びつきが強固になればなるほど、4次元も3次元も「共に」成長し始めるのです。
posted by はーん at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。