こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2010年08月03日

寝よう

あぁ、疲れたなぁ。
思わず、そう呟きました。

ふと思いました。
いったい私は、何が疲れているのだろうか?
その問いに、真本音から思わぬ答えが返ってきました。

「魂が疲れている」

う〜む。
なんだか、すごくよくわかる。
だって、ここのところ、全力疾走でしたから。
イメージで言うと、フルマラソンに出ているのに、50m走のペースで走り続けているよう。
体の疲れでも、心の疲れでもなく、魂の疲れ。
う〜む。
すごくよくわかります。
これはちょっと、自分を休ませねば。
でも残念ながら、休みを取れない。
う〜む。
寝よう。



posted by はーん at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

真本音は・・・

どれだけ反応本音が混乱をしようとも、
どれだけ迷い、とまどい、暴れまくろうとも、
そして、どれだけ心が落ちようとも、
私達の真本音は、ピクリとも動じません。

自分を見失い、何も見えなくなったとしても、
真本音は、ただそこに在り続けます。

そしてすべての混乱が治まるとき、
ふと気がつくと、いつもの通りの場所に、
・・・そう、真本音の場所にもどっているのです。

何を信じればよいのか、わからなくなるとき、
そんなときは、自分の真本音のみを信じましょう。
そうすれば必ず、道は開けます。


posted by はーん at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

一瞬の幸せ

今日の研修の最中、私がホワイトボードに向かって書いているとき、・・・つまり皆さんに背中を向けているとき、ふと私の背中が軽くなりました。
そして自然に心の底から笑いが込み上げてきました。
その瞬間、あぁ、皆さん全員が今、「共感の境界」を超えたな、とわかりました。

「共感の境界」とは、一人ひとりの心の中の真本音発揮度合い50%のラインのことを言います。
真本音の発揮度合いが50%を超えますと、明らかにその人の心模様や心の動きが変わります。
そして、人と人との心のつながりも変質します。
一気に深くなる感じですね。
その移り変わりは、一瞬にして行なわれます。
それは、私の幸せの瞬間の一つです。

posted by はーん at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。