こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2012年12月19日

8次元の愛 225 〜流れに乗るだけ

大丈夫だよ。
といくら言っても
それでも不安になるのが
人間です。

流れはできているのですよ。
といくら言っても、
これまでその流れはなかったのですから
不安になるのは当然ですね。

人から言われたアドバイスには
力はありません。
大切なのは、
そのアドバイスに基づき
自らの「観よう」とするものを
観ることです。

そして実感することです。

よ〜く観てください。
よ〜く感じてください。
これまでなかった流れが
今は確かに
ここにあります。

これまでは
自らの力で加速をしなければ
なりませんでした。
そこにはかなりの
勇気とパワーが必要でした。

しかし今はもう
えいっ、・・・と
その流れに乗るだけです。
たったそれだけで
すべてが私達を
運んでくれます。

楽ですね。

本当に楽になりました。

なぜ楽になってきているのか?
その答えは簡単です。
真本音の時代が
もうすぐそこまで
来ているからです。

・・・・・
ですから逆に
こうも言えます。

決めたことを
実行に移さない、
というのは
単なる「怠慢」です。
・・・と。

ちょっと厳しい言い方かも
知れませんね。
でも、そうなのです。

なぜならもう
真本音で決めたことは
すぐにできるはず
だからです。

自然の流れが
私達を完全に
サポートしてくれるからです。

そのサポートを感じながらも
何もしない
ということは、
これは自然を無視した
怠慢です。

そして
怠慢にふける人の前からは
残念ですが、
その流れは消えていきます。

自分自身と向き合い、
自分の真本音を大切にし、
現実と向き合い、
真本音の一歩を踏み出そうとする。
・・・ただそれだけ。
それをしようとする人の前から
流れが消えることは
決してありません。

・・・・・
もはや実在レベルでは
私達を妨害するものは
ありません。

ただ、
この3次元世界では
物事の進展が
一歩一歩です。

実在レベルでの「現実」が
3次元の現象レベルでの「現実」へと
反映されるのには
少し時間がかかり、
そこに時間差が生まれます。
それがジレンマやストレスを
生むかもしれませんが、
しかしたったそれだけのこと。
それ以外に、
私達を拒むものは
何もないのです。

ですから
自信を持ちましょう。
いえ、
自信はなくてもよいですから
自分自身の確信に
素直になりましょう。

先は観えなくとも
よいのです。
すぐ目の前の一歩が
観えなくなることは
ありませんから。

今わかるすべてを
わかればよいのです。
わからないことは
わからないままにしておくところに
意味があります。

わかることはわかり、
わからないことはわからずに
今この一歩を
進みましょう。

すると道ができるどころか、
現実はグングンと
まるで大空を羽ばたくがごとく
開けてきます。

それが「今」です。

そして「これから」です。

時代は節目です。
これまでの反応本音の時代に
培ったすべては
もはや手放し、
新たな自分として
いえ、本来の自分として
真一文字に
進みましょう。

つづく

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。