こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2014年08月15日

8次元の愛 331 〜大地に根を張る意志

人の意志というのは
まるで雲のように
フラフラと浮遊しながら
いつまで経っても
落ち着かないときも
あれば、
ある時ある瞬間に
ヒュッと大地に降り立ち、
まるで大木のように
安定した根を張るときも
あります。

大地に根を張るために
必要なことは、
大地に降りようとするよりも
むしろ、
空に向かうことです。

まっしぐらに
自分の望む方に
向かうことです。

つまりそれは
行動です。

多少無茶だとしても
自分の思う方向に
向かうことで、
私達は知らぬ間に
大地に根を張っています。

安定を求めれば、
不安定になります。

安定とか不安定とか
そういった視点を
持たないことで、
私達は安定します。

自分に素直に
生きるとは、
自分の本当の望みに
素直になることです。

もちろん失敗も
あるでしょう。
しかしそれでも進もうと
する想いと行動により、
その失敗もすべてが
根を張るための肥やしに
なります。
それを
失敗とは言いません。

人生のあらゆる経験が
肥やしとなるか、
ならないか。
それはすべて
自分の在り方と
進み方で
決まります。

私達人間は
意志を持てます。
それは
幸せなことです。

自分の意志を
まずは誰よりも
自分自身が
尊重しましょう。

つづく

2014年08月06日

8次元の愛 330 〜心をカタチで現す

すべての人は、
自分の中で
決めていること

決めていないこと
を持っています。

ところが、
決めているにも関わらず、
その答えと向き合わず、
いつまでも迷い続けてしまう
場合があります。

逆に、
決めていないにも関わらず、
無理に決断し
進んでしまうこともあります。

いずれも、
自分自身に嘘を
ついています。

それは、
大きなストレスと
なります。

決めていることか?
決めていないことか?
その判断がつくと、
かなり楽になります。

その判断をするのに
最も簡単な方法は、
自分の意志を
紙に書いてみる、
というやり方です。

例えば、
二つの選択肢で迷っている場合は、
その選択肢の一つ一つについて、
想いのたけを
書きなぐるのです。

それをすると、
本当に決めているかどうか?
が割合簡単に判別できます。

私達人間は
自分の心なのに、
自分の心が理解できないことが
多いです。

そういった場合は、
その心を
何かのカタチとして
現してみると
よいのです。

つづく