こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2016年08月01日

8次元の愛 344 〜3年後のスタート

3年前の今日、
世の中は私の表現では

『真本音の時代』

という新たな時代に
入りました。

それから3年。

大変でした。笑

それまでの「反応本音の時代」とは、
いろんな意味で
無理をし過ぎた時代
です。

人間の体に喩えれば、
常に無理に体を捻り続け、
体の骨組みも、内蔵の位置も
筋肉の働き方もすべてが
不自然になってしまう
苦痛の時代でした。

しかしその不自然さが
「自然である」と思い込まれて
いました。

その不自然な体を
まずは自然に戻さねばならない。

それがこの
3年間でした。

言ってみればこの3年は
マラソンのスタートをする前の
ストレッチをしている段階、
つまりは、
準備運動の段階でした。

不自然な体を
まっすぐに伸ばすわけですから、
それはもう
痛いのなんの。

みんなヒィヒィ
言っていました。

こんなことなら、
前と同じままでよかった。

そんな声も
たくさん聴かれましたし、
以前の自分達に戻ってしまおう、
とする人達も
随分いました。

そこに収拾をつけるのが
想像以上に大変でした。

でもなんとか、
・・・本当になんとか、
準備運動を終えることが
できました。

なんか、
準備運動で
全力を使い果たしてしまった感じ。笑

でも、準備運動を
しっかりしたからこそ、
本来のパワーが
湧き上がってきています。

やっとやっと
マラソンのスタートです。

この3年間は、
大きな意味では、
何も進んでいません。

同じ場所で
体をほぐしただけです。

病気の体を健康体に
戻しただけです。

これからやっと
スタートです。

ただ、残念ながら、
一気に全力疾走とは
いきません。

まだ病み上がりです。

徐々に歩き始め、
体を前に進ませることに
慣らしながら、
スピードを上げて行きましょう。

進む者と、
進まざる者。

これからは、
これまで以上に
その差が明確に現れるでしょう。

今、自分は
スタート地点に
立てているな。

そう実感できる人は
これまでの自分がどうであれ、
堂々と胸を張って
進みましょう。

つづく