こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年07月02日

悔しさと清々しさ

研修の限界というものをちゃんと知っている人のみが、自己満足ではない本当によい研修ができるのだと私は思っています。
その会社の人ではない、第3者だからこそできること、それもたくさんあります。
でも逆に言えば、第3者には決してできないことや、研修という手段ではどうしようも遠く及ばないことに直面することもあります。
今日はある大手企業様での打合せだったのですが、そんなことを痛切に感じました。
何もできない自分が歯痒かったです。
そうなるとついつい、「第3者の研修講師」という立場を逸脱した発想や踏み込みをしたくなりますが、それをやると事態はさらにおかしなことになるでしょう。
悔しいけど、何もできない。
力はないけど、でも、その現実の中で最善の道を見出すのが本当のプロでしょう。

さて、打合せの後は、ある経営者のコーチング。
清々しさを感じるコーチングでした。
「人の模範になんかならなくてもいい。模範、なんて格好つけ過ぎ。それよりも私は実践者になる。格好いいとか悪いとかではなく、ただやることを本気でやり続ける実践者でありたい。」
その方の言葉は間違いなく心の中心から溢れていました。
清々しかったですね。

さて、その後は東京SCCコーチング講座の夜の授業です。
これも清々しかったです。
いつも感じることですが、皆さんの純粋な本気さに、いつも私は感動です。
学ぶ意欲の高い方々って、ホント、素敵ですね。

この仕事をしているからこそ感じる悔しさと清々しさ。
そのどちらも感じることのできた一日でした。


posted by はーん at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私には清々しさを感じる機会が少ないかも。
実践実践です。
Posted by まつ at 2008年07月02日 05:42
清々しさは、いつも目の前のほんの些細なところに存在しています。
それを受け取ることのできる自分の状態をつくっておくとよいですね。
Posted by ハーン at 2008年07月03日 00:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。