こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年08月05日

なんてすごいのだろう

太陽ってさ、生まれて物心ついたときから太陽だよね。
ということはさ、自分の姿は見えないから、自分がとても強く輝いていることに気づいてないかもね。
自分がどれだけ多くの影響を宇宙に与えているか、どれだけの恩恵を生命に与えているか、とか全然認識してないかも。
ひょっとすると、「自分は何のために存在しているのだろう? 自分に存在意義なんてあるのだろうか?」と悩む日もあるかもしれない。

それと同じことが、私達人間にも言えると思います。
自分が自然に放っている光に全く気づいていない人の多いこと、多いこと。
今日は、ある年配の方(Aさん)の「願いのもと」コーチングを行ないました。
Aさんはある意味、自信をお持ちの方なんですが、ご自分の本当の魅力に全く気づいていません。
ところが、本日コーチングしているときにAさんの口から真本音の一言が出たんですね。
そしたら、もの凄い風が吹いてきました。

以前のブログにも書かせていただいたのですが、私はこのお仕事を長年続けているうちに特異体質になったみたいで、ある人の真本音(願いのもと)からの言葉が出されると、その瞬間に体の中心がザワ〜っと震えるということが起こるようになりました。
Aさんの一言で今日もまたその現象が起こったわけですが、それが今回は尋常ではなかったのです。
私の体の中心部分だけでなく、全体が震えたのです。
信じられない強さ。
思わず、椅子ごと私は実際に後ろに押されました。
その場にいられないくらいの強さだったのです。
で、もう喋れなくなりました。
口が動かないんです。
涙が溢れそうでした。
「ちょっと待ってください・・・」と言うのが精一杯でした。
なんという力。
これだけの真本音の力をダイレクトに感じたのは初めてでした。
でも、当のAさんは何が起こっているのか全くわかっていないのです。
全く、人間とはどうしたものか。
そして、なんと人間とはすごいのだろう。

そのAさんの力によって、私の心と体の中も一気に洗われたような感覚が残りました。
すると、コーチング終了後にまた凄いことが起こりました。
これまで私がずっと持ち続けていたある一つの問いがあったんです。
その問いの答えは恐らく一生見つからないだろうと思っていたんです。
が、その答えがフッと湧いて来たんです。
「!!」
びっくりです。
なんちゅーこっちゃ。

もう一度。
なんと人間とはすごいのだろう。



※「真本音」「反応本音」「ねがいのもと」について詳しく知りたい方は、
 こちらから無料レポートをダウンロードしてくださいね。


posted by はーん at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。