こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年08月10日

新たな拠点

お昼間に少し仮眠をとったとは言え、この年齢になって3日連続で徹夜をしてしまいました。
なぜかって?
実は、わたくし引越しをするのです。
これまで、名古屋に秘密の「隠れ家」がありました。
私が一人でやっている泣}イ・ウィングという会社のオフィスです。
オフィスと言っても、一人で籠って仕事をする私だけの空間です。
これまでまとめた数々のSCCノウハウや各企業様の研修提案など、ほとんどすべてのものはこの部屋で形作られました。
言わば、今の私の原点とも言える「隠れ家」であり「空間」です。

その「隠れ家」を東京に移そうと思ったのです。
覚えている方もおみえかもしれませんが、ちょっと前のブログで「あるものを衝動買いしてしまった」という旨を書きました。
そのあるものとは、「隠れ家」だったのです。
本当はもっと仕事上の綿密な計画を立て、予算も考えてこういうことは決めた方がよいのだと思いますが、「ちょっと参考程度に・・・」と思って不動産屋さんに寄り、私の気に入った地域の案件を見せてもらったら、私の真本音君が、
「ここで今、決めるんだ。」
って言うんです。笑
私の真本音君、結構いつも無茶を言います。
でも真本音君がそう言ったら、もうどうしようもないですね。
全くの予定外だったのですが、その場で「この部屋、お借りします」と決めてしまいました。
それがなんと、7月の終わりの話です。
で、いつ引越しすんのよ?って真本音君に問いただしたら、「8月12日」とへっちゃらで言うではありませんか。
ちょっと待てよ。
今、めっちゃくちゃ仕事忙しいでしょ。
・・・と言っても、真本音君は許してくれません。
で、不動産屋さんにも、「8月12日に引っ越しますんで」って、まだ何の当ても準備もないうちに宣言してしまいまして、その段取りに入ったわけでございます。
そっからはもう大変でした。
だいたいお仕事をこなすだけでも大変だったのに。
というわけで、明日(11日)に引越し業者さんが名古屋の隠れ家に荷物の引き取りに来ます。
そのための部屋の整理と段ボール詰めを仕事後の夜中にやっていたというわけで、当然のように寝る時間はなくなってしまったということです。
疲れた〜〜っ。
でも予定通り、8月12日に新しい東京の「隠れ家」がオープンできそうです。
なんと言う急展開だ。

さてこの新しい隠れ家、「ウルトラの部屋」と名付けることにしました。(^o^)v
私にとってはとても落ち着く場所にある落ち着く部屋です。
そうそう、8月12日というのは、泣}イ・ウィングの会社設立記念日なのです。
ちょうど今、ステージの変わり目にいる実感がありますので、こういうのもいいですよね。

目の前にある大海原に漕ぎ出すための拠点として、東京に新たな「隠れ家」ができることは、今の私にとってはとても重要なことであると思っています。



※「真本音」「反応本音」「ねがいのもと」について詳しく知りたい方は、
 こちらから無料レポートをダウンロードしてくださいね。


posted by はーん at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。