こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年08月15日

ものを書く

いやぁ、やれやれ。ようやくできました。
何かと言いますと、ある経営情報誌に載せていただく私の記事の原稿です。
経営や人の育成に関することなど、どんなテーマでもよいので2000文字の原稿を書く、というのが私に与えられたお仕事でした。
以前のブログにも書かせていただきましたが、世の中にいろんな形で発信をしていく、というのは今後のSCCの方向性なわけですが、これもその一環です。
そしてやはり、ここでも「真本音・反応本音」のことを書かせていただきました。
あえてこれまで避けてきた難しいテーマです。
たった2000文字で、どう表現できるのか?
それに挑戦したわけですが、さぁ、出来具合はどうでしょうか。

ものを書くというのは、エネルギーが要りますね。
これも研修と同じで、思考モードでは先に進みません。
共創モード(つまり真本音状態)で書く必要があるのですが、これがまた難しい難しい。
目の前に本当に人がいて、実際に向き合いながら「共に創る」という共創モードの方が今の私にとっては遥かに簡単です。
でもこれも私に与えられたテーマです。
これからもいろんなところで、文章を書き続けるつもりです。



※「真本音」「反応本音」「ねがいのもと」について詳しく知りたい方は、
 こちらから無料レポートをダウンロードしてくださいね。



posted by はーん at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。