こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年09月06日

体よ、ゴメン

野田塾様で開催の「親と子のコーチング講座 ソーシャル・ステージ」が始まりました。
すでにコア・ステージを受講された約40名のお母様方がお集りになりました。
ソーシャルはコア以上に実践的要素が高まる分、講座自体もなごやかに、そして活気づきます。
私は後ろの方から見ているだけですが、皆さんの楽しそうなお顔が印象的でした。
アシスタントの皆さんも、だいぶ板についてきたようです。

今日も一日仕事は続いたのですが、夜にわたくし、マッサージなるものに行きました。
体がついに悲鳴を上げていたのです。
頭(目の奥)はズキンズキンするわ、体の節々が重いわ、お腹は痛いわ、おまけに右肩が2ヶ月ほど前から痛くて、カバンも持てないような状態でした。
そこで、ある人から腕の立つマッサージ屋さんを教えていただきました。
そのマッサージ屋さん、世界的に有名なあるスポーツ選手も、お忍びでいらっしゃるそうです。
私は実はマッサージの類は大の苦手で、これまでの人生、ず〜っと敬遠してきたのですが、ついにあきらめて行ってみました。

い、痛って〜〜〜っ!!!

もう体中がゴリゴリ。悲鳴を上げそうでした。
涙がチョチョギレました。
マッサージされながら心の中で、自分の体に「これまで気を遣ってやれなくてゴメンね。ゴメンね。」と何度も謝っていたのでした。

SCCは加藤と私しかおりませんので、どちらかが倒れると大変なことになります。
ですから、何があっても仕事をキャンセルすることはありませんが、その分、やっぱり体のケアはしっかりしないとね。
今日は相当、反省しました。


posted by はーん at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。