こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年09月10日

私の原点

最近の極端な疲労の原因がわかりました。
やはり、私の心に大きな問題がありました。
つまり、手加減をしていたのです。

ここのところのハードスケジュールのために、コーチングや研修などで、人と向き合うときに、「ちょっとエネルギーを温存しておかなきゃ」という気持ちが、どうやらほんのわずかにあったようです。
99.99%はいつも通りでした。
でも0.01%くらい、「エネルギーを温存しよう。でなきゃ、この後もたないよ。」という気持ちがあったのです。
それはほんのわずかなうす〜い壁です。
でもどれだけ薄くても、壁は壁。
その壁を自ら作り出していたということを自らが実は一番よくわかっていて、その自分の在り方に対して葛藤が生まれていたようです。
それが大きな疲労感につながっていたようです。

人と向き合うことが、私の人生の願いの一つです。
自分自身の願いに対して自分でストッパーをかけていたのですから、そりゃ大きな葛藤が生まれます。
自分の願いを思い出したそれだけで、ちょっと楽になりました。

実はそれに気づいたのは昨日のこと。
ですから今日は0.01%の壁も取り除き、「今、この瞬間に完全に向き合う」という状態、・・・つまり通常の私の向き合い方にもどしました。
そして改めて実感しました。
コーチングとは、研修とは、私のエネルギーだけで創り出しているものではない、と。
共に向き合い、共に創り出しているのだ、と。

こんなの当たり前なのに、でもいまだに忘れてしまう私がいるのですね。
原点にようやく帰りました。


posted by はーん at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。