こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年09月25日

2日間研修

ある大手企業様(A社)の幹部の方々への研修型グループコーチングを泊まり込みで2日間行なってきました。
社長さんを初めとして、今後の会社の命運を担うコア・メンバーがほぼ全員集まり、「これから会社を創業するんだ」という気概のもと、活発な意見を交わされました。
こういう場合でも(というより、こういう場合だからこそ)やはりスタートは「ねがいのもと」です。
全員の「ねがいのもと」を丸1日かけてゆっくりと探し出し、2日目に各々の「ねがいのもと」を大切にしながら、会社の方向性を探ります。
「ねがいのもと」とは個人の「真本音」です。
では、会社の「真本音」とは何か?
何を会社の「ねがいのもと」とするのか?
そんな議論が交わされました。
真本音、反応本音という視点を入れることによって、これまでとは全く違う議論が展開します。
皆さんの一致団結感に深まりが増していくのを、私は肌で実感しました。

さて、実はこの研修を最後に、私共がずっと二人三脚のように関わりを持たせていただいていた教育担当の方(Bさんとします)がこのA社を退社されます。(前回のブログに書かせていただいた方とはまた別の方です。)
Bさんはまさにこの研修が最終出社日でした。
30年以上、A社を愛されてきたBさん。
研修の最後にBさんがご自分の想いを幹部の方々に語りました。
胸がジ〜ンとしました。
これからBさんと共にお仕事ができなくなるのはとても寂しいですが、Bさんの人生の再スタートを心より応援しております。
Bさん、これまで本当にありがとうございました。
Bさんの想いにお応えするためにも、A社さんとは最善の関わりを、これからも続けてまいります。



※「真本音」「反応本音」「ねがいのもと」について詳しく知りたい方は、
 こちらから無料レポートをダウンロードしてくださいね。


posted by はーん at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。