こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年10月07日

真本音の語り

これまで知らず知らず心の中に存在していた「枠」や「リミッター」を外せたとき、その向こうから一気に真本音の発想が生まれることがあります。
その発想を語るとき、それを聴く人は、何とも言いようのないすがすがしさと魅力を感じ、ついつい話に惹き込まれます。
今日、会社経営をされているあるクライアントさんのコーチングがあったのですが、彼の話を聴きながら、まさしくそんな感覚を得ることができました。
そしてつくづく思いました。
人は話の内容だけに惹き込まれるものではないのだな、と。

「何を言っているか」よりも「誰が言っているか」なんですね。



※「真本音」「反応本音」「ねがいのもと」について詳しく知りたい方は、
 こちらから無料レポートをダウンロードしてくださいね。



posted by はーん at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。