こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年10月22日

想いを受け止めて

来月から、ある大手企業様(A社)の次期幹部社員さん7名の方々への個別コーチングが始まります。
今日はそのための大切な打合せがありました。
社長・専務と初めてゆっくりと向き合ってお話しさせていただいたのです。
お二人の社員さんへの想い、会社への想いをお聴きしました。
なんというすがすがしさなのだろう。
A社は世間一般的には目立たない業種の会社です。
でも、もしA社がなくなってしまったら、私達の生活は大打撃を受けます。
まさになくてはならない存在。
そのお仕事をA社はもう50年近くも続けられています。
そして今もA社は発展中。
その理由がわかる気がしました。

約半年間に渡るコーチングですが、社長・専務の想いを胸に受け止めながら、お一人お一人としっかりと向き合わせていただきます。


posted by はーん at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。