こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年10月28日

不思議なくらいに

先月に、「ビズテリア経営企画」という情報誌に私の文章が載りました。
 http://www.bizteria.com/vol14/kiji5.htm
それをきっかけに、ある大手企業様からお問合せのご連絡が入り、今日、人材育成部門の幹部さんと新宿でお会いしました。
わざわざ3名の方がお越しくださいました。
私共の無料レポートもダウンロードし、お読みいただいたようでしたので、初めてお会いしたのにも関わらず、「真本音」「反応本音」という言葉を使いながら、相当に突っ込んだお話をすることができました。

わたくし、夢中で喋りまくってしまいました。
特に初対面の場合、いつも私はヒアリング、つまり聴き役に徹します。
しかし今日は、お三方の雰囲気がとても柔らかく、気がつくと私は自分がコーチであることをすっかり忘れるくらいに喋ることに集中していました。
約90分くらい。
しかも、お別れした後にふと気がついたのですが、とても私の心が満たされているのです。
変な表現ですが、お三方に「守っていただいていた」ような感覚が残っていました。
心の奥が幸福感に包まれています。

そのお三方と実際にお仕事ができるかどうかはわかりません。
もう二度とお会いできないかもしれません。
でも、たった一度の出会いだったとしても、ものすごく幸せ。
不思議なくらいに。
感謝です。


posted by はーん at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。