こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年10月31日

リミッターを外す

自分自身の真本音からメッセージが届くことがあります。
・・・という言い方をすると、何やら意味がわからないと思いますが、一般的な言葉に訳しますと、「ある瞬間に直観的な確信が生まれた」ということになります。
えっ? まだよくわからない。
まぁ、要するに「ひらめきが起こった」ということです。

そしてその「ひらめき」は、自然に自分自身を突き動かします。
実は、2,3週間ほど前でしたでしょうか。
私の中に一つの「ひらめき」が起こりました。
それは、こう語っていました。
「もう、自分自身のリミッターを外してもOKだ」と。
そのリミッターとは何か? ということは私自身にもわかりません。
でも、「あっそう。もういいんだね」と自然に思えました。
そしてその次の日から、「ねがいのもとセルフコーチング法」(SCCねがいのもと講座ソーシャル・ステージでご紹介する手法です)を使い、自分自身のリミッターを外す作業に取り掛かりました。
で、たぶん何かが外れつつあるのだと思います。
その影響はお仕事の面、特に研修ではとてもよい方向に発揮されていると思います。
でもお仕事以外の時間では、ちょっと苦しいです。
リミッターとは何か?はわからないのですが、でももしリミッターがあったとすれば、それは必要があって存在していたはずです。
つまりその存在によって何らかの心の安定を保っていたということ。
それを外すわけですから、もちろん心は不安定になりますよね。
今はそういう状態です。
人と関わっている瞬間はとてもよい感じ。
でも、一人になると苦しむ。
よくよく考えると、これまでもいつもそうやって来ましたけどね。
そしてさらによくよく考えると、自分の意思としてこういう状態を意図的に創り出しているわけですから、これも必要なステップなのですね。

さぁ、リミッターは外れつつあると思いますが、完全に外れたとき、私はどうなるのか?
怖いような楽しみなような。・・・
いきなり、人前で踊り出したりして。
あっ、それはいつものことか。笑


posted by はーん at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。