こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年11月21日

開放記念日

昨日、・・・というより今朝のブログを書いた後で、今日の研修のためにいつものように精神集中に入りました。
瞑想とはちょっと違うのですが、要するに一種のセルフコーチングを行ない、心と体を真本音の状態にしてリセットするわけです。
その具体的方法は、「SCCねがいのもと講座ソーシャル・ステージ」でお伝えする予定です。

ともあれ、そういったセルフコーチングをしておりましたら、その途中で真本音からのメッセージが届きました。
「もう開放していいよ。」
・・・と。
開放?
何を?
・・・と、よくわかりませんでしたが、何となく、
そうか。もういいのか。
・・・と思い、
じゃあ、開放しよ!
・・・って決めたのです。
そうしたら、何かわからないのですが、全身がザワーッとしびれて、スーッと楽になりました。
よくわからないのですが、確かに何かから開放された感覚。
自然に少し涙が出ました。

ホントによくわからないのですが、わたくし、今日を
「開放記念日」
といたしました。
開放記念日に私の研修に参加される人は幸せ者だよな。
・・・などとおこがましいことを思いながらも研修会場へ。
そして今日は不思議なくらいに集中力の高い研修となりました。
ある意味、夢心地のまま一日が過ぎたよう。
よくわかりませんが、とてもよい研修だったと思います。

とにかくわたくし、毎日が必死です。
一日ですべてを使い切るかのような毎日です。
毎日必死でやってれば、やっぱりいいことあるんですね。


posted by はーん at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。