こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年12月04日

運命の1文

今日は「SCCねがいのもと講座ソーシャル・ステージ」第6回目でした。
いよいよ、核心部分。
セルフコーチングの奥義を皆さんにお伝えしました。
今日のテキストの中に、ある1文があります。
言葉にすれば、ほんの一言の短い文です。
この1文を見つけるために、約2年かかりました。
ず〜っと毎日試行錯誤を続けました。
そしてしかも、その1文が見つかったのは最近のことです。
これまで創り上げてきたセルフコーチング法に、その1文を付け加えました。
それにより、ようやくSCCのセルフコーチング法は一つの完成を見ました。

で、今日正直驚いたのですが、その1文の効果の高いこと高いこと。
今日のセルフコーチング法をお伝えするのは、実は少し躊躇がありました。
ちょっと難しすぎるのではないか、と思っていたのです。
でも、その1文がすべてを解決しました。
予想を全く超えるスムーズさで、皆さん、セルフコーチングに成功されました。
こんなに上手くいくものなのか?
・・・と、実は実は私自身が一番驚いておりました。

私達SCCはひょっとすると、私達が想像している以上にすばらしい講座、すばらしいノウハウを創り上げたのかもしれません。

今日の講座のおかげでしょうか。
夜に東京に帰ってから、私に大きな気づきがありました。
私自身の真本音から、またメッセージが届いたのです。
「また一つ、リミッターを外すよ」
・・・と。
そして以前にリミッターを外したときのように、全身がザワーッと洗われる感覚がし、その直後に「人生の願い」が一つわかりました。
私自身の「人生の願い」は、まだすべてが観えているわけはありませんが、そのうちの一部がまた姿を現したのです。
そして例の如く、しばらくは涙が止まりませんでした。

これでまた私は一歩前に進める、という大きな喜びがありました。
明日からまだまだ研修は続きます。
また新たな気持ちで、新たな出会いを楽しみましょう。



※「真本音」「反応本音」「ねがいのもと」について詳しく知りたい方は、
 こちらから無料レポートをダウンロードしてくださいね。


posted by はーん at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。