こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年12月07日

20年前の詩

今日は二つの講座を名古屋で行なうために、早朝、東京を出ました。
すがすがしい空に雲が少し。
ビル群の向こうは、朝焼けに輝いていました。
ちょっと荘厳な気分。
力がみなぎってきますね。

そう言えば、昔はこれに近い光景を、いつも山で見ていました。
学生の頃は山登りばかりやってましたからね。
まさかあの頃は、今のようなお仕事をすることになるとは夢にも思わなかったですね。
でも、「人はどうすればやる気が高まるのか?」「組織はどうすれば一致団結し、力を発揮するのか?」という命題を持ったのは、山登りがきっかけでした。
リーダーとして人を引き連れて山に行くときの難しさ。
主将として登山のクラブ(ワンゲルでした)をまとめる難しさ。
思えば、そこから私は人との関わりを意識し始めたんですね。

そう言えば、当時は山でよく詩を書いてました。
素人創りの下手な詩ばかりでしたが、そういうのを書かせるような荘厳な雰囲気が山にはあったんですね。
そんな詩を一つ思い出しました。
今日と同じように、朝日を見ながら書いたものです。

 生命の源の
 光の玉の柔らかさ
 魂が舞う
 山々の生気よ

なんだ?
久しぶりに意識が昔に飛んで、なんか感傷的。
今も毎日が充実してますが、昔は昔でそれなりに良かったですなぁ。


posted by はーん at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。