こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年12月10日

引く、ということ

東京のコーチング講座のある受講生さんから
「ハーンって、面白いですよね」
って言われました。
わたくし、自慢じゃありませんが、意図的にユーモアを交えたり、ギャグを言っても百発百中ではずします。
それはもう見事なもの。
一番思い出しますのが、昔、ある結婚披露宴のスピーチでわたくし、突然服を脱ぎ出し、バニーガールの姿になったんです。
で、皆さんはと言えば、・・・無反応。
「あぁそうか。引く、っていうのはこういうことを言うんだな」と学びました。
それ以来、「引かれる」ことに快感を覚えるほど、いろんな場所で「引かれ」ました。
そして、「もう私は一生、意図的にギャグは言わない」と、ある時決め、その通りに生きてきました。
が、そうですか。
存在そのものが滑稽ですか。

大きなお世話じゃ。


posted by はーん at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。