こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年12月11日

ある経営幹部の方のコーチング。
今日はその方の目から涙が止まりませんでした。
感情が高ぶっていたわけではありません。
特別な話題をしていたわけでもありません。
いつものように淡々と、普通に会話をしているだけです。
でもその方の目からは涙が流れ続けました。
トツ、トツ、トツ、・・・と。
少しずつ少しずつ流れ続けました。
その方は何度もそれを拭いていたのですが、最後はついに諦めて、流れるままにしていました。
トツ、トツ、トツ、・・・と、涙は流れ続けました。

これを私は「真本音の涙」と呼んでいます。


posted by はーん at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。