こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年01月29日

心、満たされました

ある大手メーカーA社さんの中にB事業部があります。
今日はB事業部の社内イベントがあり、リスペクト3人衆と共に、私も参加させていただきました。

B事業部さん、日本ではトップの売上を誇るある製品を扱っています。
その製品を使ったイベントです。
社員さんは総勢2百数十名。うち正社員さんが160名くらい。
今、その160名の方々に、10名前後ずつ順番に「ねがいのもとグループコーチング」を受けていただいています。
事業部長さんと、教育担当の方が私共の研修にとても価値を置いてくださり、社員さんが全員参加される全社会議では、事業部長さん自らが会議の冒頭でご自身の「ねがいのもと」を発表するくらいの熱の入れようです。
全社員さんが「ねがいのもと」を明確にし、お互いが「ねがいのもと」を尊重し合う組織を創る、というのが目指す方向です。
現時点で、100名近くの方が「ねがいのもと」を出されました。

そんな事業部さんですので、イベントに行きますと、知っている顔がたくさん。
皆さんが、私の顔を見つけると、次々に話しかけてきてくださいました。
イベントはすばらしく、体の芯から感動しました。
こんなすばらしい方々と関わらせていただく幸せを、どう表現すればよいのでしょうか。

しっかり満喫して、そろそろ失礼しようかと思っていたら、研修担当の方が、「最後に抽選会やりますので、大盛り上がりになりますので、ぜひどうぞ。」とおっしゃっていただき、抽選券を1枚いただきました。
そこには「108」という番号が書かれてありました。
それを見た瞬間に、「あっ、これは当たるな」と確信しました。
そしたら、本当に当たっちゃいました。
大きなスクリーンに当選の番号が映し出されるという凝りようだったのですが、全員の中から3名だけが当たるのです。
一人目、二人目の番号のあと3人目が、私の番号でした。
皆がどよめき、前に行きますと、何人かの方が「竹内せんせ〜いっ!!」と叫んでくださいました。
とてもうれしかったですね。
実は、必ず当たると確信していましたので、前に出たときのご挨拶とオチまで考えておいたのですが、残念ながら喋る機会はありませんでした。
でも私の場合、意図的なギャグは必ず皆さんが引く結果になりますので、最後にこのイベントの雰囲気を壊さずにすみ、良かったと思います。

すべてが終わった時、リスペクトのスタッフがしみじみとこう呟いてくれました。
「長く研修に関わって、多くの社員さん達と知り合いになって、皆さんに喜んでいただいて、社内のイベントに特別に呼んでいただいて、来たら皆さんから声をかけていただいて、この事業部の成果も実感できて、しかも最後は抽選にも当たっちゃって・・・。講師としての最高の幸せじゃないですか?」
ホントにそうですね。
とても心が満たされました。


posted by はーん at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。