こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年02月09日

月の人生

SCCコーチング講座の2008年春夜クラスも来週が最後の授業となります。
昨晩はラスト2の授業。
皆さん各自でコーチ指針を創りました。
なんだかとても静かで穏やかでにこやかな時間が過ぎていきました。

皆さんの様子を拝見していて、わたくし、ちょっと感慨にふけっていました。
というのは、皆さんが本来の皆さんらしい「輝き」「ムード」を醸し出していたからです。
何かを喋るわけではありません。
皆さんの存在自体が、とても心地良かったです。
あぁ、このメンバーで講座ができて本当に良かったなぁ、と改めて実感しました。

と同時に、ある一つのことに気づきました。
あぁ、私は「月の人生」を望んでいるんだなぁ、ということ。
「太陽の人生」と「月の人生」という表現をあえて使うとすれば、私は「月の人生」の人間なんだということです。
私は自分自身が何かを成し遂げる、ということよりも、「太陽」が何かを成し遂げることをサポートしたい人間なんですね。
「あなたの夢はなんですか?」
と訊かれたら、
「太陽が本来の輝きを放ちながら、太陽が夢を叶えること。その最善のサポートができること」と答えるだろうなと。
「太陽」の本当に幸せな顔を見るのが夢なんですね。
「太陽」は自分の光を反射してくれる「月」の存在があるからこそ、自分の放っている光のすばらしさを、より明確にかつ、深く実感できます。
そんなサポートができると、私は幸せですね。
そして一人でも多くの「太陽」のサポートができる人生でありたいですね。


posted by はーん at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。