こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年02月18日

主体的な皆さん

今日も楽しい研修でした。
なんでこんなにも楽しかったのかな、と後で考えてみたのですが、一つ思い当たったのが、
皆さんが主体的であったから、
・・・ということでした。
主体的、ということはつまり、「自分が源である」という意識です。
つまり、他人のせいにしない、悪い意味の評論家になっていない、自分で何とかしようとしている、現実と向き合っている、・・・などなどです。
そういう人達が集まり、一つの場を創ると、とても穏やかな空気が流れます。
決して皆さんの目の前の現実は生易しいものではありません。
むしろこの厳しいときに、よく研修に出る時間を創ることができたなぁ、と関心するくらいです。
それでも皆さんは、目の前の現実を何とかしようと、恐らく必死に時間を創りお集まりになりました。
まぁ要するに、やっぱり「真剣」ということなんでしょうね。

昨日の予想通り、今日の展開は、私自身も初めての体験と言ってもよいものとなりました。
あぁ、こういう展開の研修をするのもいいのだな、と私自身もかなり勉強になりました。
そして研修が終わってみると、研修が始まる前よりも元気とパワーをいただいていた自分がいました。
皆さんに本当に感謝ですね。


posted by はーん at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。