こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年03月25日

イチロー選手と真本音

今日は何といっても、WBCでしょう。
日本の連覇、すごいですねぇ。
私もちょっと観ましたよ。
たまたま事務所に一時もどったときにテレビをつけてみたら、一番いい場面でした。
イチロー選手が決勝点を打った打席を観れたんです。
これまではあまり野球の試合をリアルタイムでゆっくり観ることはなかったので、リアルタイムのイチロー選手を観るのは新鮮でした。
今日最後になるであろう打席に立っているイチロー選手をみて、あぁやっぱりこの人は真本音で生きているんだなぁ、・・・と感じました。
彼の真本音がビシビシ伝わって来たんですね。
で、実はわたくし、テレビを切ったんです。
ちょうどお客様のところに行く時間が来たからでもありますが、「もう切ろう」と思ったんです。
これを見ているよりも、私も目の前のお客様に集中しよう、と思えたんです。
真本音で生きているイチロー選手が、完全な真本音状態でしたから、結果は観ずともわかるような気がしました。
で、結果として、私がテレビを切った直後の球をイチロー選手はヒットしたようですね。
なぜわかったかと言いますと、事務所の外に出ると、どこかの車か何かのラジオが大きな音でかかっていて、それが聞こえたんです。
あっ、やっぱり。
・・・とその瞬間に、私の真本音がザワーッとしました。
体の芯から、ザワーッと感動の波が湧き上がって来ました。
真本音の感動です。
真本音の感動とは、反応本音のそれとは明らかに違います。
イチロー選手が打ったからとか、日本が勝ったから、という次元ではなく、もっと別の部分での感動が溢れて来て、しばらくは消えませんでした。
私は私のことをやるんだな、って、とても力が湧いてきました。
幸せでしたね。
たぶんこういった幸せを、イチロー選手は世界中の多くの人達に伝播したんでしょうね。
やっぱり凄い人ですね。

後で、ニュース番組でイチロー選手のインタビューを見ることができました。
最後のあの打席は、無心の境地ではなく、いろんなことを考えてしまっていました、というようなことをおっしゃっていました。
それこそが真本音状態ですね。
つまり、真本音の場所に立ち、すべての反応本音を観れている状態です。
そうか、イチロー選手の最近の不調は、そのためにあったんだということがわかりました。
彼の中にある様々な反応本音を出し続けていたんですね。
そして、あの瞬間に最高の真本音状態に入れたわけです。
これ、セルフコーチングの極意です。
ニュースの解説の方が、「あのヒットは日本中のみんながイチロー選手に打たせたヒットだったのではないでしょうか」と言われていましたが、恐らく、本当にその通りだと思います。
真本音状態。共創モード。
その状態でイチロー選手は打ったんです。
そしてそれを彼は、これまでもずっとやり続けて来たのでしょうね。


posted by はーん at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。