こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年03月26日

すべては私である

ある経営者Aさんのコーチング。
Aさんは、完全に真本音で生き、真本音で経営をなさっている方です。
そんなAさんのコーチングをさせていただくと、やはり強烈な共創モードに入ります。
私自身にも様々な気づきとひらめきが生まれます。
今日もコーチングが終わった後で、

「すべては私である。」

という言葉が浮かんできました。
真本音も反応本音もすべては私である、という意味です。
そんなことは当たり前ですし、今さら言うことでもないのですが、これまでとは違う次元でストンと腹に落ちた感じがしたのです。
そして、とても心スッキリ。

その後は、ある異業種交流の勉強会で講演をさせていただきました。
タイトルは、「コーチングの真髄」。
ご参加の皆さんが素晴らしい方々ばかりで、1時間の講演の後、1時間以上も質疑応答となりました。
皆さんと共にお話ししているのがとても楽しく、幸せな気分でした。
Aさんのコーチングで得た感覚をそのまま持ち込めたのがよかったのかなぁ、と思いました。


posted by はーん at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。