こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年04月21日

一貫性

一貫性って、とても大切だと思います。
人も組織も、一貫性が取れているかどうかで、すべての明暗が分かれる時代になったような気がします。
真本音で生きる、とはまさしくこの一貫性につながります。
一貫性とは無理につくることは、残念ながらできません。
心が自然状態になればなれほど、自然にとれてくるもの、それが一貫性です。

最近の私の心の状態で言いますと、実はこの一貫性のとれていない部分、少しでもずれている部分があると過剰なまでの違和感と苦しさを感じるようになりました。
それだけ物事の判断や選択をするのが楽になったと言えなくもありません。
と同時に、あぁまだまだ私は、自分の中で誤魔化しながら生きてきた部分があるなぁ、と気づきました。
その、誤魔化していた部分を私はありのままに観ることにしました。
そして、一貫性のとれる選択をし続けようと、決意を新たにしました。

私がそのように変化するだけで、実はコーチングの質そのものも少し高まったような気がします。
今日も一日コーチングをしていましたが、クライアントさんの気づきの深さに変化が見られました。
やはりある意味、コーチングとは恐ろしいものです。
コーチの心の在り方がダイレクトにクライアントさんに影響するということですからね。

一貫性を持ったコーチを育成したい。
もしくは、一貫性が高まり続ける、成長進化し続けるコーチを育成したい。
SCCの願いです。


posted by はーん at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。