こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年05月26日

出た!出た!

今日も一日、コーチングをしました。
今、最後のコーチングが終わった直後です。
とても気持ちが高揚しています。
なぜかと言いますと、意図せずに、あるクライアントさんの「ねがいのもと」が見つかったからです。
それがなんとお二人続きました。
特に、今終わった最後の方は、「ねがいのもと」が出る前から既に、私の体に例の反応がありました。
例の反応とは、その人の真本音が表に出るときに必ず起こる、私の体の芯の震えです。
出る前に大きな震えがありましたから、「あぁ、今出るぞ」とすぐにわかりました。
魚釣りをしたことは私はありませんが、大物が釣れる直前というのは、こんな感覚かもしれません。
そして出ました。出ました。
凄いのが。
ここに書けないのがとっても残念。
わたくし、ビックリしました。と同時に、もの凄く腑に落ちました。
そしてさらに、と同時に、そのクライアントさんが何に心の不一致を起こしていたのかが、明確にわかりました。
推理小説で、すべての謎が解けた瞬間のような爽快さです。

そのクライアントさん、本当に素敵なお顔になりました。
もとから端正なお顔の方なのですが、「ねがいのもと」そのものの、本当に毅然とした颯爽としたお顔です。
この方は、ついに本来の自分を取り戻されたのだと思うと、私自身も至上の幸せを感じました。
すごいですねぇ、人って。
いいですねぇ、コーチングって。

今、終わった直後ですので、かなり気分が高揚したまま書いております。
でも、たまにはそういう文章もよいですよね。


posted by はーん at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。