こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年06月16日

再会

SCC創設当時のクライアント企業様の幹部役員のAさんと再会しました。
なんと6〜7年ぶりです。
これだけ年月が経つと、お互いにいろいろなことがありました。
その報告だけで話に花が咲き、あっという間に時間が経ってしまいました。

思えば、当時のグループコーチングのやり方を振り返りますと、ノウハウややり方については、この数年間でずいぶん進化をしてきました。
しかし、皆さんと向き合う現場で生まれるものこそが最上であるという姿勢と、「ねがいのもと」がすべてのスタートである、というところは当時も今も全く変わっていません。

やっぱり、変わらないものがあるからこそ、大きく変わることができるんですね。


posted by はーん at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。