こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年06月19日

ただ、ここに在る

今日の研修はちょっと変わっていまして、1回きりの4時間の短時間研修でした。
しかも内容は、いつもでしたら8時間かけて行なうものです。
その企業様の物理的ご事情の中での初挑戦でした。

研修会場に向かっている途中で、私の心に

「私はただ、ここに在る」

という心の声が浮かんできました。
その心の声は、私の心をとても落ち着かせてくれました。
今この瞬間に意識が集中しやすいのです。

さて研修が始まり、案の定、時間がキツキツとなりました。
わかっていたこととは言え、そしてそのための準備をそれなりにしていたとは言え、何分にも初めてのパターンでしたので、わたくし、見事にパニくりました。
ウヒャ〜〜ッ! 時間内に、どうまとめよう〜〜っ!
という混乱状態に陥りました。
その時に、さきほどの心の声がまた響いたのです。

混乱している反応本音はそのままに、私の真本音が浮上してきました。
波一つない湖面のように、ただただ静謐な真本音。
私の意識は、ようやく「今この瞬間」にもどり、あとはただ「今」に集中して流れるままに。
・・・すると見事、予定の17時に研修は終了しました。

後で、スタッフから、「芸術的な研修でした」とのフィードバックをもらいました。
「皆さんの欲しいものやご要望を最善の形で提供し、それを皆さんが『はい、受け取りました』としっかり返してくれたような場でした。」と。
へぇ〜〜っ、という感じ。

でもこれで研修の新しいパターンが、またできあがりました。
追い詰められると、新しい何かが生まれますねぇ。
でも私の人生、いつもこのパターン。
もうちっと楽に行けないもんかねぇ。



posted by はーん at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。