こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年06月24日

驚く強さ

昨日に引き続いて、新入社員フォロー研修2日目。

若い皆さんに、「真本音を大切に人生を一歩一歩創って行ってほしい」というメッセージをいかに伝えるか?・・・ということに、今回は結構悩みました。
そして今日は朝一番に、今まで一度も話したことのない視点からのお話をしてみました。
昨晩、思考モードで考えに考えた上での、本番の直観モードによるメッセージです。

そのメッセージの最中に、わたくし、涙が溢れ出そうになりました。
特に感情のこもったお話をしていたわけではないのですが、必死に止めなければならないほどに、涙が溢れ出そうになったのです。
その自分の様子を観ながら、
「なんて、私の想いと願いは強いのだろう」
と、我ながら茫然としました。
「強い」というよりも、「深い」と言った方がよいでしょうか。
なんか、手前ミソのような話ですが、ホント、自分のことながら呆れ返るくらいの想いの強さでした。
これが真本音の強さ、というヤツでしょうか。
はっきり言って、この想いの強さに抗うことは到底できないでしょう。
自分がどんな心の状態になったとしても、どれだけ様々な反応本音が邪魔をしようとも、この真本音の想いには、全く歯が立たないでしょう。
改めて、その事実に私は純粋に驚きました。

これは、私だけに備わった特別なものではありません。
人には誰にも、これと同じものがあります。
人には間違いなく、可能性があるのです。

そんな私の確信が、若い皆さんに伝わったのでしょう。
研修後の皆さんのレポートを読ませていただくと、皆さん一人一人が皆さんなりに、しっかりと受け取るものを受け取ってくれたんだ、ということがよくわかりました。

上手く言葉では表現できないのですが、何かとてつもない勉強をさせていただいた今回の研修でした。


posted by はーん at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。