こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年07月24日

心のホームドクター

今日、半年以上ぶりにお会いするクライアントのAさんのコーチングがありました。
Aさんのコーチングは、すでにその半年前に終了していたのですが、
「久しぶりに一度だけ、コーチングしていただけないでしょうか?」
というご連絡が入り、今日お会いしたわけです。

実は、こういうパターンは結構多いのです。
なんて言えばよいのでしょうか。
「心のホームドクター」みたいなものです。
必要に応じて、ちょっと呼んでいただき、ちょっと診察して元気を取り戻す、みたいな。
もちろん私が行なうのは診察ではありませんが、心を「本来の場所にもどす」お手伝いはできます。
SCC流に言えば、「真本音にもどる」と言ったところです。

半年ぶりにお会いして、一見してAさんの雰囲気が以前よりもさらにすばらしいものになっているのがわかりました。
Aさんはまだお若く、ある組織のリーダー的立場の方なのですが、人間的大きさが前以上にこちらに伝わってきます。
「どうされたのですか?」
「いや、どうもしていません。」
「へっ・・・?」
というところから、コーチングは始まりました。

面白いコーチングでした。
Aさん、元気にお帰りになりましたが、次はいつお会いできるのでしょうか。


posted by はーん at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。