こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年07月26日

現実を開く

いやぁ、苦しいですね。現実は。
今の経済状況の中で、とても苦しんでいる企業様が多いです。
その中でも、私共の研修を取り入れてくださるのですから、ありがたいことです。
いや、それどころか、「こんな時期だからこそ、この研修を続けねば」という覚悟を持っていただいている企業様もあります。
そうなると、これは大袈裟ではなく、命のやりとりのような研修となります。
そのお覚悟にお応えする場を創るのが、私共の使命です。

人生は、八方塞がりになるときがあります。
もう、どこに向かっても、どうしようもない状態。
諦めるしかない状態。
自分の無力さを痛感する状態。

でも、そんなときこそ、私達にできることを思い出しましょう。
私達には、私達にできることしかできないのですから。
できる最大のことをするしかないのですから。
最善を尽くすしかないのですから。

では、何が最善なのでしょうか?
それは、私達の真本音の示す一歩が最善なのです。
その答えは、私達自身が一番よくわかっているのです。
どのような結果になろうとも、今の最善の一歩だけは、私達の真本音が知っています。
それを見つけ、今、ここで、その一歩を踏み出すしかないのです。
今、ここで、その一歩を踏み出しましょう。

同じ倒れるなら、そうしましょう。

それはとても心細い一歩かもしれません。
でもそんな一歩一歩を踏み出し続けることにより、全く見えていなかった道が見つかるかもしれません。
いや、これまでは、真本音で一歩を踏み出す人のほとんどには、そういった道が「引き寄せられてきました」。

最後は、自分自身の真本音を信じましょう。



posted by はーん at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。