こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年07月30日

我意を超える

コーチングでも、クライアント企業様との打合せでも、最近は「お手上げ状態」になることがとても多くなってきました。
どうにも問題の打開の方策が見つからない、という状態です。
今日もそういうことがありました。
「さすがに、これはもうダメかもしれない。」
思わず心の中で、そう呟いてしまいました。

すると私は、心の中で白旗を揚げます。
そしてお手上げポーズを取ります。心の中で。
本当に考えた末に、それでも答えが見つからない場合は、そうします。
そうしながらも、でも、決して諦めません。
心の中でお手上げポーズを取りながらも、クライアントさんに向き合い続けます。

この場合のお手上げとは、思考モードレベルでのお手上げであり、諦めです。
そして、竹内直人という人間の能力と経験では何ともならない、というお手上げであり、諦めです。
そこを諦め切ることにより、初めて本当の「共に向き合い、共に創る」という状態が起きやすくなります。
つまりは、直観モード(共創モード)の発動です。
すると、「決して道はないだろう」と思っていたところに、ほんのわずかな隙間を見つけられることがあります。
そこに、小さな小さな一歩を踏み込むことが、結果として大きな道を創ることにもつながります。

つまりは、我意を超える。
そこに本当の道が存在することが多いのです。


posted by はーん at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。