こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年08月30日

落ち込み?

落ち込みたくない。
・・・誰もがそう思います。
でも、落ち込んでもいいじゃない。どうせなら、とことん落ち込んでしまえ。
・・・そんな生き方ができると、とても楽です。
そして、そういう方は、結果として落ち込みにくい人生を創ります。

落ち込むことを恐れ、落ち込みから逃れようとしていると、いつまでたっても苦しみは抜けません。
落ち込みに従う、・・・というとちょっと変な表現ですが、自然に落ちるとこまで落ちてみる、という開き直りのような気持ちになれば、私達の心は逆に楽になります。

落ち込みには、必ず限界があります。
井戸には底があるのと同じです。
落ち込みには、必ず底が存在します。
底まで行けば、あとは上昇するだけです。
ところが、底に行くのが怖いために、私達は落ちることに抵抗します。
そこで、苦しさが倍増するのです。
底にたどり着く前に、エネルギーを使い果たし、本当に息絶えてしまうのです。

実は、落ち込みとは決して悪いことではありません。
きちんと落ち込めば、必ずそこには、次に向かう「気づき」を得られます。
それは、人間としての私達自身の成長につながりますし、大きな力となります。

落ち込むという気持ち自体は反応本音ですが、落ち込むという選択を、あえて真本音が意図的に創り出すことも多いのですよ。


posted by はーん at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 「?」シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。