こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年10月14日

コーチングとは

私はですね、コーチングとは「魂の向き合い」だと思っています。
「魂の向き合い」というと、かなり力の入った表現ですが、逆です。
あるがままに自然体で向き合うことにより、人と人は魂同士の向き合いができるのですね。
そう言った向き合い方ができるだけで、私達の心には根本から大きな刺激が入ります。
それは生きるパワーを生む刺激です。
ですから極論を言うと、言葉によるコミュニケーションを取らなかったとしても、それだけでコーチングは成り立つ、とも言えます。
極論ですよ。

そういう意味では、グループコーチングはもちろん、ティーチング(教える)を主体とした研修もすべて、私にとってはコーチングの場です。
「良い研修をしよう」という気持ちで私は研修には臨みません。
「皆さんと魂の向き合いをしよう」。
それがいつもの私の心の声です。
魂の向き合いをすることにより、結果として「良い研修」となるのです。


posted by はーん at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。