こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年10月27日

真本音の嗚咽

今日はまたリスペクト主催オープンセミナーでした。
これまでにない新しいテーマです。
「使命感」をテーマとしました。
私共が企業研修等で行なっている根幹部分を、ダイレクトに一般公開する内容です。

新しい内容のセミナーを行なうのは、これまでも当然あったのですが、今回はちょっと趣が違いました。
セミナーの前に、私はいつものようにセルフコーチング法を使い、精神統一をしていました。
すると、突然私は泣き出したのです。
目から涙が溢れ、声を出して泣いていました。
我ながら、びっくりしました。
そんな自分を冷静に観ている自分がありました。
なぜ自分は今、こんなにも泣いているのだろう?
不思議でした。
嗚咽はなかなか治まりませんでした。
一生懸命に止めても、止まりませんでした。
10分か15分か、・・・結構長い間、続きました。

私は私の心の声に焦点を当てました。
私の心の声は、何を叫んでいるのだろう?

それを正確に言葉にするのは難しいのですが、それが喜びである、ということはすぐにわかりました。
どうやら、私の真本音が、とても喜んでいるのです。
何を?
今日のセミナーを行なえることを、です。
このテーマで、オープンセミナーを行なえることを、です。

そしてさらに、喜びの根元に、言葉で言い表せないくらいの大きさの感謝の念があることがわかりました。
セミナーを企画してくれたリスペクトのスタッフにも、今日お集まりいただくお客様にも、ここまでのノウハウ構築を可能にしてくれた、これまで出会った企業の皆様達にも、凄い大きさの感謝がありました。
それだけではなく、ここまでの私自身の全人生への感謝。
さらにそれだけではなく、何と言えばいいでしょうか・・・、上手く表現できないのですが、目に見えない大いなるものへの、言いようのない感謝の念。
それらが溢れかえっているのでした。

きっと、今日のセミナー開催は、私自身が想像していた以上に、大きな意味を持っているのでしょう。
それが何かはわかりませんが、今日が重要なスタートであることはわかりました。

さて、そのセミナーですが、今日は初めてということもあり、やはり様々な反省点がありました。
振り返れば、もっと上手くやれなかったか?とも思うのですが、
でも、自分として、人間として、できる最大のことはできました。
終わってみてやっぱり、「今日がスタートだ」と思いました。
今日の内容は、これから様々な形を通して、世の中に発信していくことになるでしょう。
ブラッシュアップをしながら、洗練をさせながら、進化をさせながら。

その記念すべき第一歩が今日だったのです。


posted by はーん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。