こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年10月31日

セミナールームにて

今、本日の講座が終わり、一人セミナールームにいます。
今日もコーチング講座のダブルヘッダーでした。
最近は、ダブルが多いですね。
昼のクラスと夜のクラス、全然雰囲気が違うので、笑ってしまいます。
久しぶりにお会いできた受講生さん達もいました。
今日もたくさんの嬉しいことがありましたね。

さて、その中でも一番嬉しかったこと。
それは、夜のクラスで、ある受講生さんが真本音の一言を発したのです。
その瞬間を、新受講生さんが気づいたこと。
「あっ、今、空気が変わった」
というのが、わかったということです。
これは嬉しかったですねぇ。

人は、ほんのわずかな瞬間かもしれませんが、真本音の一言を発します。
その瞬間を捉えられるコーチであってほしい。
それが私共SCCの願いです。
でもそれは何ら難しいことでも特別なことでもありません。
人との向き合い方さえわかれば、誰もができることです。
誰もができることを、誰もに伝えていきたい。
それもSCCの願いなのです。


posted by はーん at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。