こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年11月03日

35年

時々、夜眠ろうとすると、私自身の真本音からメッセージが届くことがあります。
ここで言う「真本音からのメッセージ」とは、心の奥の奥から自然に心の声が湧き上がってくることを言います。
しかもその心の声は、「確信」なのです。
迷いなく、疑いなく、「あぁ、なるほど」と根拠なく納得してしまう心の声です。

で、今ですね、変な心の声が湧いて来ました。
「5年延びた」
と言うのです。
何が「5年延びた」のでしょうか?
「35年」
というのも浮かんできました。

実は2年半ほど前に、同じようなメッセージが届いたのです。
そのときは、「あと30年」というものでした。
私の寿命があと30年なのか、それとも私が今のお仕事を続けられるのが、あと30年なのか。
それはわかりませんでしたが、私としてはその「30年」は確信に近く、とりあえずは
「よ〜し、あと30年は現役として今のお仕事をやり切ろう。探求すべきことを探求し切ろう。自分自身の使命を果たし続けよう。」
と思ったのでした。
どうやらそれが、「5年延びた」ようなのです。

その後、次のようなメッセージ(心の声)も浮かんできました。
「人生とは自分自身のもの。運命とは自ら切り開くもの。人は自らの宿命すらも超えることができる。
君(私自身のことです)は、すでにその宿命を超え始めている。もう5年も時間を延ばした。もっともっと延ばすことができる。
君(私自身のことです)は、もっともっと時間を延ばし、とんでもなくたくさんのことをするのだ。
35年は短いぞ。
もっともっと時間を延ばし、ありったけのことを人生で為すのだ。」

なんか、こんな心の声が浮かんできたら、眠気も完全に吹っ飛んでしまいました。
せっかくゆっくり睡眠とろうとしていたのに。
しょーがねぇ、仕事すっか。


posted by はーん at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。