こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年11月09日

成果のもと

今日は、ある企業A社様での実践型グループコーチングでした。
皆さん、前回に決めたことをしっかりと行動し、成果が出ています。
とても嬉しいことです。
しかし、成果が出る、というのはグループコーチングをすれば当たり前のことです。
私共の役割は、「“成果が出る”もと」を扱うことです。
つまりは、グループコーチングをやったから成果が出るという状態ではなく、
何もなくても必然的に成果が出る状態を創ることです。

では、A社様ではどうすればよいか?
そこをずっと迷っていましたが、今日はその方向性がついに観えてきました。
それが最も嬉しい収穫でした。


posted by はーん at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。